補助金活用セミナー

補助金活用したいけど、何からはじめたら良いかわからないあなたへ

10社に9社の採択実績。9社に8社が効果を感じた補助金活用法!
  • 資金繰りを早く安定させたい・・・
  • オンライン面談がうまく行かない・・・
  • オンラインセミナーがうまく行かない・・・
  • 補助金を有利に活用したい・・・

”補助金活用  体験説明会(30分の個別相談付き)”

席を確保する

(現状多忙のため、体験会は予定されておりません、

個別説明会を随時承っております)

 

もしあなたが、新規からの問い合わせ、既存顧客からのリピート購入などが平常通りで、 長引くコロナ禍の不安がないのであれば、このセミナーであなたにお伝えできることはないかもしれません。でも逆に、もし、あなたが、

  • コロナ関連の資金調達策を最大限利用したい・・・
  • 補助金を利用したいけど、何をしたら良いのか迷っている・・・
  • 売上改善の兆しが見えない・・・
  • コロナで対面営業ができない・・・
  • お得意先からの発注があいかわらず減少している・・・
  • HPを制作したけど成果を感じられない・・・
  • 補助金を活用して販路開拓したい・・・
  • いつまでこの状態が続くのか不安で夜も眠れない・・・
  • 何をしたらいいのかわからない・・・
  • 売上が改善できる対応策があるならチャレンジしたい・・・

そう感じているのなら、”補助金×事業の再構築プログラム体験セミナー”はあなたのためのものです。

コロナ禍の勝ち組企業はこんな事をして、

成果を上げています。

事実、広告をほとんどつかわず、 事実、しかも説明が難しい商品でも訪問せずにオンラインで成約し、 事実、本システムを導入後は新規のお問い合わせ数一気に3倍まで増加   非対面システムを使っている中小企業は、これらの成果をごく短期間で手に入れています。   事例・・・オンライン説明会で売上が上がった事例 事例・・・継続課金で売上を確保した事例 事例・・・オンライン説明会と補助金申請の因果関係

コロナ禍でも売上が伸びている3つの共通点

【共通点①】オンラインセミナー・オンライン面談を導入している

  新型コロナウイルスの影響により、対面での面談機会が減少しました。 そのため、多くの企業で面談機会が減少し、売上が低下しています。 その反面、オンラインの普及は凄まじく進行しているのが現状です。 例えばZOOMブログによると、
世界で2019年12月時点では1,000万人でしたが、2020年4月には3億人に上りました。国内においては、2020年1月と4月を比較すると、無料ユーザーのサインアップ数は63倍となり、有償顧客(10ライセンス以上)数は、17倍となりました。また、国内の売り上げは、対前年比約10倍、従業員数は20名から65名に増加しています。国内シェアは、昨年の10%未満から35%に高まりました

当社では、コロナ前よりオンライン面談を導入していますが、緊急事態宣言以降オンライン面談の比率が76%→98%に、そして最も面白いことは、下記のような効果もありました。 ・面談回数の減少 ・面談時間の短縮 ・全国対応が可能(一番遠くて2000キロ離れています) これはなんとなく想像できそうですが、なんと、 「単価が上昇」しました。 これには、大きな理由があることを発見しました。   また、これらを他業界に追いてもチャレンジしてもらったところ、同じような効果が出ました。 つまり、業界を選ばず、時間を短縮でき、かつ単価が増加する、ということです。 オンラインセミナーやオンライン面談を導入するだけで、これだけの成果を得ることができるのです。本説明会にて、なぜそうなるのか?何をしたらそうなるのか?何をすべきなのか?をお伝えしたいと思います。   オンラインを活用する、メリット・副次メリットは以下のとおりです。

<オンライン面談・オンライン説明会のメリット>

  • 移動する必要がないため、交通費がかからない
  • 場所を選ばない・自宅でもできる
  • 面談時間が短縮するため、準備の時間が確保できる
  • 面談回数が短縮されるため、既存客のサポートが充実する
  • 既存客のサポートが充実すると、解約率が減少・継続率がアップする
  • 業界を選ばない

【共通点②】継続課金の仕組みがある

あなたは、継続課金またはサブスクという単語を一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか? サブスクとは、・・・・サブスクとは、サブスクリプション(subscription)の略で、語源としては、雑誌の予約講読や年間購読という意味からきている言葉です。ある商品やサービスを一定期間、一定額で利用できるような仕組みのことを指します。   例えば、アップルミュージックやアドビが有名です。その他にも多くのものがありますが、 これらは決して大企業のためだけのものではありません。   業種・業態・規模は関係なく99%の確率で、継続課金の仕組みを得ることができます。 多くの企業で、資金繰りの不安や顧客獲得の不安が減少しています。 また、もっと驚きなのは、理由①でも話しましたが、「単価」です。   あなたも馴染みがあるかもしれませんが、Amazonによるとプライム会員と一般会員の年間購入金額を比較すると、プライム会員の購入額は、一般会員の購入額の7倍だそうです。   そんなのはうちには無理だ・・・ できるのか不安・・・   そう思われるのも無理はありません。しかしながら、検討の余地は有るのではないでしょうか?

  • ●や△△などのこれは流石に無理だろう・・・そう思われる企業でも導入して一定の成果を上げています。

本説明会でも成功事例を共有しています。     <継続課金の仕組みを導入した時のメリット・副次メリットは以下のとおりです。>

  • 毎月の売上・収入が確保できるため、精神的に安定する
  • 毎月の売上・収入が安定するため、次への施策や投資ができるようになる
  • 単価がアップする可能性が高い
  • 顧客サポートに時間を書けることができるようになる
  • 2年払・3年払などでさらにキャッシュフローを安定することもできるようになる
  • 業界を選ばない

【共通点③】コロナ関連の資金調達策を有効に利用している

  「オンラインセミナー」や「継続課金」・・・新しいことをするときには必ずお金がかかります。 無料でできるものには限度があったり、時間がかかりすぎたりするものです。 コロナ関連の資金調達策を有効に活用すると、お金の心配を減らして、事業への投資が可能になります。   例えば、補助金です。小規模事業者持続化補助金やIT導入補助金などをお聞きになったことがあるかもしれません。 かかった経費の半分~4分の3程度の補助を受けられる制度です。 例えば、100万円費用を要する場合、実質25万円で新規事業に取り組むことができます。   しかし、全員が受けられるわけではなく、 審査員がいて、審査を受けます。申請書(経営計画)の書き方が気になる方も多いのではないでしょうか?実はこの審査のポイントは多くの補助金で公開されています。この公開されている情報をどう活用するのか?補助金として活用しようとする事業が適切か?どういう流れで書くべきか?(ストーリー)がとても重要です。この点は、説明会でお伝えできますので、楽しみにしていてください。   繰り返しますが、補助金などを活用すると、補助率が3/4の場合、 100万円費用を要する場合、実質25万円で新規事業や販路開拓など取り組むことができます。1000万円なら250万円です。750万円キャッシュバックです。 キャッシュアウトを抑えて、最新のシステムを手に入れる為の方法が本説明会でわかります。   <資金調達策を有効利用するメリット・副次メリットは以下のとおりです。>
  • 次なる施策への投資がしやすくなる
  • 中長期的にキャッシュフローを安定させられる
  • 新規事業や事業の再構築しやすくなる。
  • 補助金としてキャッシュバックを受けられる
  • 申請書をきちんと作れば、少しの修正で何回でも活用できる

売上が伸びている会社と伸び悩む会社の たった一つの違い

  環境が整っても、全員がこれをできるわけではない・・・ オンライン面談の仕組みもある、継続課金の仕組みも実践中、補助金も申請した、、、 でも結果が・・・そういう会社も多くあるのが実態です。   では、うまく行っている企業は特別経営者の能力があったり、税理士などのアドバイザーが優れていたり、従業員が優秀だったり、特別なのでしょうか?   いいえ、そんな事はありません。   コロナ禍でもうまくいく、秘訣は「仕組みの作り方」を知っているかどうか? ただそれだけの違いです。   つまり、知ってさえいれば、誰でも成果を出すことができるということです。そして、この説明会では、そんな超具体的かつ実践的な活用方法とステップを公開していきます。

わたしたちがこの秘訣を公開できる理由

わたしたちの使命は、小規模事業主の「手取り最大化」です。「手取りの最大化」をテーマに、 22年間ずっと続けてきました。常にその分野に投資をし、クライアント様と一緒に知識とノウハウを蓄積してきました。   また、コロナ禍に突入後、当社もオンラインセミナーを導入し、研究してきました。 そこでわかったことがありました。   「補助金申請時の書類」と「オンライン説明会」の作り方には共通点が多い ということです。 意外と思われるかもしれませんが、事前に準備する情報がまるで同じです。   ですから、 補助金申請の極意を学ぶと、オンライン説明会も作れるようになるということです。   つまり、 資金調達と売上UPが両方、同時にできてしまう、ということになります。実際わたしたちもこのやり方で、補助金の申請を行い、その時のまとめた情報をもとに、オンライン説明会を作りました。   おかげで、成果が出ています。この秘訣を本セミナーで公開したいと思います。     しかしながら、 おそらく、こんなふうに思っている方もいるのではないでしょうか? ・こいつら大丈夫か? ・適当な物を売りつける気なんじゃないか・・・ ・良いことばかり言ってだま好きなんじゃないか?   そんな疑念を抱かれる方もいるかもしれません・・・   ですから、「補助金×オンラインセミナー×継続課金システム」構築体験説明会 に参加して、品定めをしていただければと思います。   やっては見たけど成果が上がらない・・・やろうとしたけど躊躇している・・・ そんなあなたの解決策を見い出せる説明会にできれば幸いと存じます。

講師紹介

ファイナンシャルアドバイザー・行政書士

阿久津 和宏 (あくつ  かずひろ)

”補助金×事業の再構築プログラム体験セミナー”では、 小規模事業主の「手取り最大化」をテーマにした活動をして 事して22年目の実績と、行政書士としての申請書作成ノウハ ウとを公開します。 書類手続きを通して、売上・利益の向上、キャッシュアウトの削減、資金繰りと資産保全のノウハウを活用し、小規模事業主に特化した「お金とお客に困らない経営」のアドバイザーとして活動しています。   栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。 群馬県の高崎経済大学を卒業後、株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。 入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「売上」と「利益」、「収入」と「資産(貯蓄等)」は比例しないことを学び、「お金を手元に残すこと」の大切さを知り、FP資格を取得。 2010年(平成22年)住友生命保険相互会社の東京本社(WELLS)を経て、 2013年(平成25年)独立系ファイナンシャルプランナーとして、独立。「必要なときに」「必要なお金を」「必要なだけ残す」をテーマに、相談業務、記事の執筆監修、セミナー、講演の活動を継続中。

説明会でお伝えする内容=成功事例と実践方法

  説明会で、下記のことをマスターすることができます。
  • コロナ禍でもほとんどの企業がやらない効果的な集客法
  • 単価が高いお客様の探し方
  • 対面VS非対面
  • ホームページで集客する方法
  • オンライン面談と対面面談の決定的な違いとは?
  • リアルセミナーとオンラインセミナーの決定的な違いとは?
  • オンラインで重視すべき3つのポイントとは?
  • オンライン面談マル秘スライドを使って成約率が3.9倍になった方法とは?
  • 成約率を下げるスライド・成約率を上げるスライド
  • アポイントを取りやすくするあるツールとは?
  • サブスク導入企業の99%が導入しているクロージングツールとは?
  • サブスク導入企業の99%が導入している集客方法とは?
  • サブスク商品を作るためにするべき●●●●作成
  • サブスク商品を作るときに必要項目チェックリスト
  • 補助金申請書で採択率を上げる方法
  • 採択される申請書はココが違う

特 典

    本説明会に最後までご参加いただいた方は、下記の特典を活用いただくことができます。

特典①グーグルマイビジネス解説動画(11,000円相当)

これをやれば、Googleマイビジネス経由でサイトへの訪問や電話が増加する、という虎の巻を収録した動画です。誰でもすぐに実践可能です。

特典②広告費0円でセミナー集客する方法(動画レポート)(11,000円相当)

セミナー開催初心者が最初に通る関門。それは、参加者を集めることではないでしょうか?まずはお金がかからない方法で試してみたい方、セミナー開催初心者、見込み客にどう声をかけたら良いのか?を解説した動画です。

本説明会に参加した方は、これらの特典を受け取り、手取りを最大化していただくことができます。ご自身のお好きなようにご活用ください。

でも、ちょっと待ってください!

2つだけ注意点があります 1つは、いつまで無料で公開できるか?ということです。   というのも、今回あなたにお伝えする内容は、   3年もの時間とお金を投資して確立した、オンライン説明会を使い実際の現場で成果を出すための超貴重な情報です。そこらへんに溢れている、 「理屈だけのノウハウ」とは訳が違います。 ですから、無料でいつまで公開できるか全くわからないという事です。   そしてもう1つは、そんなにたくさんの会社に今やらないと、ライバルに先を越されて、恩恵をあなたが受けれなくなるかもしれないということです。(補助金の活用に関しては特に、毎年必ず固定で申請できるわけではありません) 大企業はすでにやっていますが、あなたのライバル企業はまだまだ手がつけられていない、ブルーオーシャン市場です。

なぜ無料でノウハウを公開するのか?

理由は2つあります。 1つ目は、多くの方に今成果を出しやすいノウハウを知ってもらい、今後のビジネスの「選択肢」を増やしてほしいからです。もしこの説明会が御社に一部でも実践できるものであれば、コロナに負けない企業、存続する企業、発展する企業が増えればそれはとても嬉しいことですし、わたしたちの実績にもなります。今後のわたしたちのお客様に証拠として提供できるのは、わたしたちのメリットでもあるからです。   2つは、わたしたちにも「キャパ」「許容範囲」があります。 ただ、システムを構築するだけ、ただ、やり方を伝えるだけなら、いくらでも公開することができます。 私どもの通常業務は、「企画」「修正」「書類手続き」「途中検証」「サポート」の一連の流れをワンストップでサポートすることで最大限の効果を発揮できるようサービスを提供しています。 ですから、時間の制限を超えてしまえば、無料で提供することも当社が存続する上でも厳しい、と言わざるを得ません・・・コロナ禍で先行き不安があるからこそ、今、あなたに知ってほしい、行動してほしい情報だからこそ、本説明会を無料で公開しています。

1ヶ月あたり5名しか、できません。

  説明会というと、大人数のものを想像している方もいるかも知れませんが、  気になることやご質問もしやすい環境づくりをしています。 初めての方や不安に思われる方にも安心して参加できるように努力していますので、ご安心ください。(やたら質問したり、あてたりすることはありませんので、ご安心ください。顔出しもしてもしなくてもどちらでもOKです)

セミナー概要

説明会は、ZOOMミーティングを活用して行います。所要時間は90分~120分程度を見込んでおります。最後まで参加して頂いた方には、下記の特典もご用意しています。

<流れ>

◯セミナーの概要説明

◯本編

◯質疑応答

定価今回の価格
説明会(ZOOMミーティング)33,000円0円
グーグルマイビジネス解説動画非売品0円
広告費0円でセミナー集客する方法非売品0円
合計33,000円0円

あなたの参加を心よりお待ちしております。

席を確保する

(現在体験会は予定されておりません、個別相談60分程度承ります)

 

ちまたでは、5万円程度で販売されている

持続化補助金テンプレート期間限定で無料配布します。

予約受付中

(6月上旬~配布予定です。)