Loading

自分の目で見て聞いてみる

image_printページを印刷する
あくつかずひろです。
 
 
明日は節分なのですが、
8年前の今頃は、
左手に恵方巻き、右手にハンドルで
配達ざんまいでした。
 
 
恵方巻の
予約の締切の日は
(大体1月30日くらいなのですが)
ほぼみんな徹夜していました。
(私の所属していたエリアだけだと思いますが・・・)
 
 
何をしていたのかというと、
深夜にも関わらず
あることをしていました。
 
 
今となっても
良い経験で、かつ
教訓でもあります。
 
 
営業マンは参考になる
話かもしれないです。
 
一言で言うと、
『目視確認』
です。
 
自分の目で、
実際の予約表の一人
入力された数が間違っていないか?
チェックするんです。
 
お店の人にはすごく感謝されます。
 
対お客様の面と、
お店の得につながるからです。
 
 
ただ、実際はと言うと
 
体外調べると、足りないんです。
 
実際に頂いた数よりも
発注した数が。。。。
 
 
なぜか、どんなに優秀なお店も
コレをやります。
 
 
ダブルチェックとか
自分の目で見るとか
ほんとに大事だなと思って
やってましたが、
 
今でもだいたい
ミスるときは
コレをやっていません。
 
 
それと、もう一つ、
夜勤のアルバイトの子に、
「コレやってくれた?」
 
って予約表を持っていうだけ。
 
 
別につめたりとか、
怒ったり
そういうのはないです。
 
そんな身分じゃありませんし・・・
 
ただ、聞くだけ。
 
 
 
それでかなりの予約が増えます。
 
今でも思うのですが、
あれは何だったんだろう
って思うくらい不思議です。
 
隠し持っていたのか、
どこで予約しようか迷っていたのか?
 
 
目で見て、聞いてみる、
 
とお互いストレスなく、
みんなが嬉しい結果が出るなんて
いいな~って思いませんか?
 
 
 
 
今日もここまでお読みいただきありがとうございます。
まだまだ寒いのでお体に気をつけて
 
 
お過ごしください!
 

関連記事

  1. リスクゼロ資産形成法(7月21日東京開催追加)
  2. タラレバ娘?タラレバおじさん?
  3. 住宅ローンの繰上返済はむしろ不利!?
  4. 今年もよろしくお願いします。
  5. 1000万円得する保険見直し術
  6. 暗号か?と思わせる専門用語・・・
  7. エイプリルフールということで。
  8. クリスマスプレゼント(手帳PDF)







プロフィール

名前 阿久津和宏(あくつかずひろ)
職業 独立系ファイナンシャルプランナー
経歴 群馬県の大学卒業後、セブン-イレブン・ジャパンにて、店舗経営相談の仕事に携わり、その後、保険会社に転職後、独立。
出身 栃木県
家族構成 妻・子供2人(小5・小2)の4人家族
前職 株式会社セブン-イレブン・ジャパン
住友生命東京本社
住まい 埼玉県熊谷市(一戸建て)
理念 お客様の必要なサービスを提供する
身近で頼れる相談員、を目指しています。

 

続きを読む

PAGE TOP