【0円】で社長の一生涯保障を手に入れる方法

実は「医療保険」こそ、社長個人で加入するのはムダといえます。現在、社長個人で「医療保険」を加入しているのなら見直しを強く提案させていただきます。なぜなら、今からご紹介する方法を使えば、会社

の経費で保険料を払って、最終的には社長個人の一生涯の医療保障が「0円」で手に入るからです。

 

■ 負担「0円」で社長の一生涯保障を手に入れる

ロジックはこうです。以下のような「掛け捨てタイプの医療保険」に【法人】を契約者に社長を被保険者にして加入します。保険料は「全額損金」です。これだけ見ると、何の魅力もないように映ります。

 

契約者 法人 被保険者 社長
保険期間 終身 保険料払込期間 10年
入院給付金 1日1万円 年間保険料 18万円

 

しかし、先述のとおり、【個人】で医療保険に加入していれば「税金」と「社会保険料」を支払った後の “可処分所得”の中から保険料を払うことになります。しかも、その支払いは終身タイプの「医療保険」に加入していると、何十年(または終身払い)も続きます。税金面も生命保険料控除が「4万円」あるだけです。

 

ところが、このプランでは保険料を会社の損金(経費)で落としながら「10年間」で払い終えてしまいます。支払いが終われば後は一生涯の医療保障が続くだけです。そこで、支払いが終わったら契約名義を

【法人】から【個人】に書き換えてしまいます。

 

加入(現在)      名義変更(10年後) ※社長の買取価格0円

 

すると、どうなるのか?

形式上は社長個人が法人から「保険契約を買い取る」ことになります。しかし、このプランには解約返戻金がありません。よって、買取価格も「0円」になり、【法人】から【個人】への「無償譲渡」が完了します。こうして名義変更が完了すれば、社長個人の手元には支払を終えた一生涯の医療保障が残るわけです。

 

■ 「給付金」が“益金”になる問題について

たしかに医療保険を【法人】で契約すれば、給付金が「益金」になってしまいます。会社が社長に見舞金として「損金」にできる金額もごくわずかです。たまに、このことを教科書的に指摘する保険営業マンがいます。しかし、考えてみてください。

 

給付金が「益金」でも赤字であれば関係ない話ですし、黒字だとしても、あなたが入院などで戦線離脱しようものなら、少なからず御社の業績にも影響があるはずです。言うまでもなく、社長の役員報酬の源泉は売上です。では下がった売上をどうするのか。結局、給付金は売上減少の補填分として帳尻が合うケースが多いのです。

 

たしかに1回で1,000万円もの給付金が支払われるなら考えものです。しかし、現実にはどうか。1回でそこまで多額の給付金が支払われる。そんなスペシャルな医療保険に【個人】で加入している人は滅多にいません。せいぜい多くても200~300万円程度です。

 

だとすれば、です。正直いって、この程度の金額はオーナー社長であれば何とでもなるでしょう。そう考えると、万が一のときの給付金の課税を心配するよりも、この方法で得られる経済メリットを優先させた方が現実的といえるのではないでしょうか。

 

では、このプランではどこの保険会社の医療保険が 1 番コスパに優れているのか?

これにつきましては社長の年齢・性別等で条件が異なります。ご興味がございましたら、ぜひ私どもにお声掛けください。社長の手元キャッシュを最大化できる【とっておきのプラン】をご提案いたします。

 

 

【0円】で社長の一生涯保障を手に入れる方法

実は「医療保険」こそ、社長個人で加入するのはムダといえます。現在、社長個人で「医療保険」を加入しているのなら見直しを強く提案させていただきます。なぜなら、今からご紹介する方法を使えば、会社

の経費で保険料を払って、最終的には社長個人の一生涯の医療保障が「0円」で手に入るからです。

 

■ 負担「0円」で社長の一生涯保障を手に入れる

ロジックはこうです。以下のような「掛け捨てタイプの医療保険」に【法人】を契約者に社長を被保険者にして加入します。保険料は「全額損金」です。これだけ見ると、何の魅力もないように映ります。

 

契約者 法人 被保険者 社長
保険期間 終身 保険料払込期間 10年
入院給付金 1日1万円 年間保険料 18万円

 

しかし、先述のとおり、【個人】で医療保険に加入していれば「税金」と「社会保険料」を支払った後の “可処分所得”の中から保険料を払うことになります。しかも、その支払いは終身タイプの「医療保険」に加入していると、何十年(または終身払い)も続きます。税金面も生命保険料控除が「4万円」あるだけです。

 

ところが、このプランでは保険料を会社の損金(経費)で落としながら「10年間」で払い終えてしまいます。支払いが終われば後は一生涯の医療保障が続くだけです。そこで、支払いが終わったら契約名義を

【法人】から【個人】に書き換えてしまいます。

 

加入(現在)      名義変更(10年後) ※社長の買取価格0円

 

すると、どうなるのか?

形式上は社長個人が法人から「保険契約を買い取る」ことになります。しかし、このプランには解約返戻金がありません。よって、買取価格も「0円」になり、【法人】から【個人】への「無償譲渡」が完了します。こうして名義変更が完了すれば、社長個人の手元には支払を終えた一生涯の医療保障が残るわけです。

 

■ 「給付金」が“益金”になる問題について

たしかに医療保険を【法人】で契約すれば、給付金が「益金」になってしまいます。会社が社長に見舞金として「損金」にできる金額もごくわずかです。たまに、このことを教科書的に指摘する保険営業マンがいます。しかし、考えてみてください。

 

給付金が「益金」でも赤字であれば関係ない話ですし、黒字だとしても、あなたが入院などで戦線離脱しようものなら、少なからず御社の業績にも影響があるはずです。言うまでもなく、社長の役員報酬の源泉は売上です。では下がった売上をどうするのか。結局、給付金は売上減少の補填分として帳尻が合うケースが多いのです。

 

たしかに1回で1,000万円もの給付金が支払われるなら考えものです。しかし、現実にはどうか。1回でそこまで多額の給付金が支払われる。そんなスペシャルな医療保険に【個人】で加入している人は滅多にいません。せいぜい多くても200~300万円程度です。

 

だとすれば、です。正直いって、この程度の金額はオーナー社長であれば何とでもなるでしょう。そう考えると、万が一のときの給付金の課税を心配するよりも、この方法で得られる経済メリットを優先させた方が現実的といえるのではないでしょうか。

 

では、このプランではどこの保険会社の医療保険が 1 番コスパに優れているのか?

これにつきましては社長の年齢・性別等で条件が異なります。ご興味がございましたら、ぜひ私どもにお声掛けください。社長の手元キャッシュを最大化できる【とっておきのプラン】をご提案も可能です。

 

 

その他の手取りを最大化する方法が可能かどうか診断することができます。

よろしければ下記より診断してみて下さい。

無料診断はこちら