中小企業の節税ノウハウ解説

★あなたの会社の顧問税理士が最大の節税を提案しているかのチェックができます★
中小企業の節税対策なら、この1冊!!社長、経理財務担当者、起業家、情報起業家は必見の1冊です!!
●社長に歩合給を出しても、役員賞与と言われない方法とは?
●翌期の経費を今期の経費にする方法とは?
●いきなり大きな売上が計上されたときの節税方法とは?
●期末の売上を合法的に翌期に先送りする方法とは?
●合法的に交際費を減らす方法とは?
●期末に残っているものを棚卸ししないで、経費にする方法とは?
●過去の繰越欠損金を最も有効に使う方法とは?
●別会社を作ると節税になる?この真実とは?
●お金を借りて節税する方法とは?
下記はオススメです。
ぜひご覧下さい。
======================================================================
【絶対節税の裏技77】
 
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています!!

「S先生!! 言われたとおりに節税したのに、お金が減ってるよぉ!! なんで500万円以上も減ってるんだよぉ!」

大きな声で怒鳴りながら、A社長が真っ赤な顔をして税理士事務所に入ってきた。

この社長は、税理士に節税のコンサルティングを依頼してきたのだが、お金が減ってしまっている。

お金を増やすために、税理士にわざわざ節税を依頼したのに・・・。
これでは、次の事業投資ができない。

節税してお金を増やすことが目的だったのに、逆に、節税のためにお金が減っているのである。

これでは、なんのための税理士か分からない・・・。

その会社の節税を担当していた私の先輩税理士は、一生懸命に節税内容の説明をしているが、A社長は治まる気配も無い。

結局、先輩税理士が考えた節税の方法に納得がいかないままに帰ってしまった。

「やばい!このままでは節税トラブルにより税理士の顧問契約が切られてしまう」
「そうなったら、先輩が所長に怒られてしまう・・・」

私も人の子である。

先輩も、節税に納得できていない社長もかわいそうになった。

そこで、先輩税理士には黙って、その社長の後を追いかけて節税に関する説明をした。

その節税の説明とは?

私:「社長、節税の方法には4種類あるのをご存知ですか?」

A社長:「何だと!!そんなの知らねえよ!」

まずい、まだキレている。
私は続けて節税の説明をした。

私:「実は、節税には、お金の出て行く節税とお金の出ていかない節税があるんですよ。」

A社長:「えっ!そうなの??」

私:「そうなんです。でも、その節税の使い分けを知らないで、税理士の言うままに申告をしている会社ってたくさんあるんです。その節税をきちんと使い分ければ、お金の貯まる節税ができるんです。ただし、私が節税に関してご説明したことは先輩の顔があるので、秘密にしといて下さいね。先輩も税理士なので・・・」

実は、節税方法を4種類に分類することで、節税の使い分けができるのだ。
そして、節税をうまく使い分ければ、お金が貯まるんです。

そして、10日後・・・、
A社長は、こっそり私の携帯に電話をくれました。

結果は言うまでもありません。
その後、A社長が節税の内容に納得しないことはありませんでした。
先輩も税理士として、怒られることはなくなりました。

正直に告白いたします。

実は、節税のほとんどは単純な考え方を基に成り立っています。
だから、節税は税理士のような専門知識の無い方でも本当は簡単にできるものも多いのです。

======================================================================