「2分の1成人式」と「はやぶさ」を見てきました

image_printページを印刷する

こんにちは、熊谷市のファイナンシャルプランナー

阿久津和宏(あくつかずひろ)です。

今日は、子どもの授業参観でした。

かなり感激です。

いわゆる「学習発表会」

と言うものでした。

『得意分野』を披露する場だったようです。

小1の息子は『なわとび』ではやぶさを披露。

※はやぶさって?・・・あや跳びの二重跳びバージョンです。

(ま、娘とほぼ出番がかぶって見られなかったんですが・・・^^;)

娘は、2分の1成人式というテーマで

将来の夢を娘は発表していました

最後に手紙を読むんですが、すごく感動しました。

やっぱり、得意分野とか手紙とか、

継続して学校で取り上げてやってほしいなってすごく思います。

よくブログで『ココナラ』で得意分野を

披露しましょうって

いう話をするのですが、

そういう話をすると、「そんなのない」

って言う人が多いです。

でも、小学1年生は胸を張って堂々と話したり

実践してみせたりしていました。

おそらく大人になるまでの途中

の教育で

やらなくなるからだと思います。

それから『手紙』

決められたスペースで、

感謝とか伝えたいことを伝える

って

これは訓練とか勉強が必要

といいますが、

実は小学生がよくできています。

これは、

ボキャブラリーの差はあるかもしれませんが、

気持ちというのは

「勉強ができる・できない」

あまり関係ないなって思います。

実際に、この子はちょっと・・・

って聞いてた子が隣で

お母さんに向かって読んでいるのが聞こえたのですが、

人のうちの話なのに

ぐっとくるものがあります。

堂々と気持ちを伝えるということや

自分の得意分野を磨くことは

継続が大事だと思います。

もし、そんなのない、気持ちを伝えるのが苦手

という方がいて、それが弱点だと思うのなら、

ぜひ毎日3分でも5分でも練習してみてはいかがでしょうか?

そんな私も

一日の終りに今日の感想・・・

やっては飽きての繰り返しでしたが、

今日で140日継続することができました。

少しずついつの間にか

クオリティが上がるので

よかったら試してみてくださいね。

今日もここまで読んでくれて

ありがとうございます。

寒い日もまだありますので、

お身体に気をつけてお過ごしください!