こんにちは。

熊谷市のファイナンシャルプランナー

あくつかずひろです。

 

どっちの給油方法がお得か考えようということなのですが、

給油方法には大きく3パターンに別れると思います。

給油のパターン

1.満タンで給油する

2.1000円単位で給油する

3.リッター単位で給油する

 

どれが得なのか?って考えたことあったりしますか?

 

ま、税金も変わるし、同じ環境ではありませんが、

というところでお話したいと思います。

 

 

満タンはとりあえずおいておいて、

リッター単位と1000円単位、

どっちがお得か?ってお話で行きましょう。

 

その前に

まずその前にガソリンは、価格が変動し続ける商品です。

 

あなたの中での

最安値はいくらですか?

 

私は大学生の時、瞬間的に70円を切ったガソリンスタンドがあったのを記憶しています。

最高は?

など人によって、というか年代によって違うと思いますが、

 

変動する商品です。

 

80円のときもあるし、100円のときもあるし、120円の時もあります。

 

今は大体120円前半です。

(わかりやすくこの金額でちょっと見ておきましょう)

 

では、

リッター単位で入れて見るときの話です。

(すごく長い目で見てです)

 

10リッターずつ給油することとします。

80円のときは、

80円×10L=800円

 

100円のときは、

100円×10L=1000円

 

120円のときは、

120円×10L=1200円

 

80円の時、100円の時、120円の時、

を合計すると

30リッター入れて、

800円+1000円+1200円=3000円

となります。

 

そんなの当たり前じゃないか~!?

という話ですが、では、

今度は、金額に合わせて

1000円ずつ給油するとどうなるか?

ということです。

 

1リッター

80円のときは、

1000円➗80円=12.5L

給油できます。

 

100円のときは、

1000円➗100円=10L

給油できます。

 

120円のときは、

1000円➗120円=8.33333L

給油できます。

 

これも10Lずつ入れたときと同じように

計算してみましょう。

合計3000円は変わりません。

何リッター入ったのか?

 

80円の時+100円の時+120円の時

=12.5L+10L+8.3333L

=30.8333L

 

となります。

 

同じ金額なのに、

1000円ずつ給油したほうが

0.83リッター多く給油できました。

 

というわけで、

答えは、

 

2.1000円単位で給油する

 

でした。

 

もちろんいろんな変化があるからコレ通りなりませんが、

価格が変化するものは、一定量でなく、一定額ずつ買うと

お得になる、

 

これをドルコスト平均法と言ったりします。

 

経済の原理で、価格が上がったり、下がったり

するものは、このような考え方を

採用している場合が多いです。

 

 

あなたのお金もドルコスト平均法を用いて

有利に貯めることができます。

 

何かの参考になったら幸いです。

 

今日もここまでお読みいただいてありがとうございます。

今日も、明日、明後日も

良い日になりますように!