ゆとり世代ではない!

image_printページを印刷する

若者たちは
ゆとり世代じゃないです

昨夜、
知人と居酒屋、2軒目、
隣のテーブルに

イケメンの若者が二人で
片方はビール、片方はなぜか熱燗(笑)
で飲んでいたのですが、

おじさん二人と
仲良くなってくれました(笑)

写真はこちら
(許可を取っていないので全員目隠し(笑)

ゆとり世代というのは
13歳~30歳位の人らしいですので、
彼らは真っ只中です。

でも、

将来について、
友達について、
家族について、
人生について、
生き方について、

真剣に考えているので
もはや『ゆとり世代』じゃないです。

むしろ、
『ゆとり世代がどうの。。。』
と言っている人のほうが

だらけてる気がします。

やはり、話をしてて感じるのは、
不安に感じてることは何?

って聞くと、いろいろ
言葉に出てくることはありますが、

共通点があります。

それは、

『よくわからないこと』
『情報量が少ないこと』
『未体験のこと』

です。

『就職活動のこと』
『面接のこと』
『圧迫面接ってどんなですか?』
『就職したらどうなのか?』

みたいな。

夢や希望を持つことと同時に
わからないことに対する不安、

これが常に両方ある感じがします。
わたしたちもそうじゃないですかね?

わからないことは
・思い出す
・検索する
・調べる
・誰かに聞く

この順番でやってみたらいいんじゃない?
なんて

偉そうに言ったような言わないような・・・

昨日はきちんと最寄り駅で降りることが
できたので、

汚いおじさんのセールストークを
聞くことはできませんでした。
(詳しくは昨日のブログ)

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。
まだ寒い日もありますので、お体に気をつけて

お過ごしください!