相続対策大百科を限定公開します。(相続対策大百科vol.0)

このページでは、相続対策に関する知識を深めて、

実際に何をやればいいのか?を確認する事ができます。

相続対策という言葉はだれが発している言葉か?

不動産屋さんの相続対策と

税理士さんの相続対策と

弁護士さんの相続対策と

保険屋さんの相続対策・・・・

すべて違います。

じゃあ、だれに相談すればいいのか?

どんな言葉を使って相談すればいいのか?

無知だと笑われないか?

そんな悩みや不安を払拭するための一冊として

このページをご活用ください。

(このページは限定公開です)

そもそも、自分には関係ないというご自身や

知人がいたら、教えてあげてくださいね。

何かしらのところで知っておくと便利です。

このページで公開後、小冊子にまとめてご提供します。

相続対策大百科・・・もくじ

第一章:はじめに

第二章:相続が必要な人、必要ない人

第三章:相続の現状

第四章:なぜ相続対策の知識が必要か?(なぜこの記事、冊子を読む必要があるのか?)

第五章:相続対策は、3つの対策・方法があります

第五章:①節税対策と具体例

第五章:②納税資金対策と具体例

第五章:③分割対策と具体例

第五章:五章のまとめ(ようはこういうことです)

第六章:分割方法の種類

第七章:遺言書について知っておこう

第八章:相続の課税対象になるものならないもの

まとめ

 
The following two tabs change content below.
阿久津 和宏

阿久津 和宏

身近で頼れる相談員を 目指しています。 栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。 群馬県の高崎経済大学を卒業後、 株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。 入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、 直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「評論家でなく実務家たれ」 が会社のモットーで今も受け継いでいる。 入社7年目に、3商材でセブンイレブン経営指導員1500人の頂点となるも、売上が上がっても手取が存分に増えない加盟店オーナーサンたちの役に立てないか!?という想いをきっかけに、ファイナンシャルプランナーの勉強を始め、セブンイレブン在籍時にFP3級を受験。その後、ご縁あって、国内大手金融機関に転職を経て、独立。 独立系ファイナンシャルプランナーとして、売上はあるけどお金が残らない中小企業経営者・高齢化の中で、にわかに頭を悩まされている人が急増中の相続、なかなかお金が貯まらない・・・という会社員・OL向けに、『役立つ』でなく『今すぐ使える』に焦点を当てたセミナー、カウンセリング活動を展開。各分野で高評価を得ている。営業やカウンセリング業務の経験を活かし、 学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評。 セミナー開催回数:159回(2016年8月1日時点)