相続って私には関係ないと思います。(相続対策vol.1)

image_printページを印刷する

熊谷市のファイナンシャルプランナー

阿久津和宏(あくつかずひろ)です。




「うちには資産がないので、 相続対策は、自分には関係ないと思ってはいませんか?」

相続の話題になると、必ず

こういう言葉が飛び交います。

はたして、そうでしょうか?

「遺産分割事件」という言葉があります。

相続が発生したときに(誰かがなくなったときに)

遺言がない場合は、相続人同士の話し合いになるのですが、

話し合いがまとまらず、いわゆる

「泥沼化して」

家庭裁判所に持ち込まれて

『裁判』になる、

というのは「資産家」というよりは

「一般人」に多いみたいです。

『遺産分割事故件数』から

遺産総額5億円を超える人で、裁判などになるケースは、

『約0.4%』だそうです。

逆に、遺産総額5千万円以下で、裁判などになるケースは、

『約75.9%』だそうです。

平成27年度司法統計の一部から確認できる数字です。

しかも、解決までに時間がかかります

裁判に発展した場合、解決までの審理期間が長期に及ぶことで

悩んでいる人は少なくありません。

実際の期間を表にすると、

半年以上で、半分を超える、という状況・・・

審理期間 件数 割合
1年超  3,738件 29.6%
6ヶ月超1年以内 4,152件 32.9%
3ヶ月超6ヶ月以内 3,059件 24.2%
1ヶ月長3ヶ月以内 1,316件 10.4%
1ヶ月以内 350件 2.8%

出典:裁判所「司法統計平成27年度の一部抜粋」

これらを長いと見るか、そうでないと思うかはそれぞれだと思いますが、

半年以上も親戚同士で

裁判をやっているって想像つきますか?

特にこんな場合は注意が必要です。

  • 子供が2人以上いる
  • 配偶者がすでに他界している
  • 主な相続財産が自宅のみ
  • 不動産に対して、現金・預金が少ない
  • 家族構成が複雑
  • この内1人が親の介護をしている
  • 生前に親から金銭等の贈与があった
  • 借金がある

などなど

もし当てはまりそうなことがあるのなら、相続対策が必要かどうかを通り越して、

注意が必要です。

いかがだったでしょうか?

このように、多くの人に可能性があるということです。

ここでは、分割面でのトラブルやスムーズに行かない事例を

話しましたが、

ここに、納税等が絡んでくるとより厄介になります。

相続税が掛かる人の割合も増加傾向の中(実質的増税があったため)

関係ないかどうかは自分の目で見て

確かめておく必要はあるのではないかと思います。

まとめ

  • 遺産分割、という視点で見ると多くの人に相続対策の必要性がある
  • 対策不十分の場合、裁判等で長引くこともある
  • 自分に当てはまるかどうかは自分の目で確かめておくことが必要

これから自分の目で確かめる方法や対策法など一つ一つ

お話していきますので、楽しみにしていてくださいね。

この記事をメールで受け取りたい方は下記よりお申し込みください。

最速であなたのもとにお届けします。

お申込みは下記より

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*都道府県
*ご希望の内容等ご記入ください