人生は決断の連続(ライフプラン大百科vol3)

image_printページを印刷する

熊谷市のファイナンシャルプランナー

阿久津和宏(あくつかずひろ)です。

人生は決断の連続です。

前号ですぐやることが大切、

という話をしました。

これ、私の単なる主観から来る

意見ではありません。

きちんとした調査から出た

お話です。その話を今日はしたいと思います。

それは、

『ハーバード大学が発見した自然の法則』です。

ハーバード大学の卒業生を40年間に渡って

『追跡調査』した結果

こんなことがわかったそうです。

老後の生活資金にどんな結果が出たか

という話だったようなのですが、

他のことにも言えるようだったので、

自然の法則とも言われるほどです。

その前に、

ハーバード大学といえば、

世界一流の大学です。

その卒業生を追跡調査した結果

こんなことがわかったそうです。

シンプルにいいうと、

誰もが素晴らしいといえる『3%』

まずまず頑張って地位を気づきあげた『10%』

普通に暮らしている『60%』

何やってもヘボな『27%』

これを

3:10:60:27

全部足すと100です。

これがどんな組織、団体、集まりをとっても

同じ結果が出るそうです。

で、感覚的に考えてほしいのですが、

老後の年金と考えたらどうでしょう?

27%ってどのレベルでしょうか?

はい、無貯金です。

ちなみに世帯の3割弱は

無貯蓄状態だそうなので、

まあコレに当てはまります。

60%は?

貯金はあるけど、老後コレだけでは

すごく心配。

世帯平均貯蓄高は1000万円くらいだそうですが、

中央値と呼ばれる、だいたいいくらの人が多い?

という統計を見ると、400万円だそうです。

400万円では1年しか持たないし、

1000万円でも3年持つか持たないか・・・

コレが『普通のレベル』

です。

では10%はどんなか?

平均寿命まで行けるかな?行けないかな?

くらいまででしょうか。

それでも1億円あるかないか・・・

5000万円から1億円というところでしょうか。

なんとか踏ん張れそう・・・

3%

心配はないでしょう。

こんな感じです。

あなたならどこに所属したいですか?

3%?

10%?

60%?

27%?

で、やはりトップ3%には

共通点がありそうです。

色んな本やセミナーを聞いてわかること

それは、3つくらいポイントが有っていいのでは?

と思います。

・偏見のない目で物事を見る

 (過去でなく未来に目が向いている)

・やるかやらないか迷ったらやるを選択する

 (実践主義。考えながらやる、やりながら、考える)

・即決断する

 (決断の連続だからこそ、決断力が必須)

3%が無理とかどうとかはわかりません。

だって、

戦国時代で行ったら、

今川義元はおそらく3%の武将だったと思います。当時。

そこに27%の織田信長が勝ったのは、

数とか戦略とか今までの結果とかじゃなくて、

『今川義元の首を取る』

コレに集中したからだと思います。

無理だとか言わないで、

この3つに集中することで

思い通りの結果が得られるのではないでしょうか?

今日はお金の話というよりは

ちょっとした考え方の共有でした。

いかがだったでしょうか?

『決断』『すぐやる』『未来を見る』

これを頭に入れておきましょう、

ということで、次回から本題に入っていこうと思います!

よかったらこちらも読んでみてください。

長期的視点は大切だと思います。

「ケチと倹約家の違い」

ここまで読んでくれてありがとうございます。

次回もお楽しみに!

いくつかのテーマが並行して記事が展開しております。

テーマから関連記事を探してくれると

見やすいです。