Loading

外貨預金のデメリット

image_printページを印刷する

おはようございます。
上野駅の喫茶店から
ブログを書いております

ファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

よくある質問について
「外貨預金ってどうですか?」

についてです。

そもそもなぜ
「外貨預金をしようと思いますか?」

ということなんです。

為替利益を得られる可能性があるから?
金利が円預金より高いから?
通貨分散した方がいいと思うから?

そういう理由が多いと思います。
確かに、日本円の定期預金は最大でも
0.2%くらいですし、
為替によっては得することもあり
日本円が暴落した際にはドルなどの外貨を
持っていると安全だということもあります.

ちなみに私は通貨を円から外貨に移して
おくことはすごく大切だと思います.

ただ、外貨預金をもしあなたが選択されるなら
デメリットも確認してください。

<デメリット>
1、手数料がかかる
2、途中解約に負担がしょうじる可能性あり
3、税制の問題
4、預金者保護機構の対象外

簡単に言葉にすると上記デメリットがあります。
一つ一つかんたんにみていきましょう。

⚫️手数料が割高である
について

円をドルに帰る場合1ドルあたり約1円の手数料が
かかります。また、ドルを円にする際も
1円の手数料がかかります。

つまり、移して戻すと1ドルあたり2円
仮に1ドル100円だとすると、2%の
手数料がかかるようなものです。

ただ、それ以上の金利があるのであればよいのですが、
あいにく預金ではそこまでは行きません・・・

⚫️途中解約時の負担
それぞれでご確認ください。

⚫️税制の問題
円預金と同様利息には2割の税金がかかります。
ということは為替差益を得た場合も2割の税金がかかります。
ま、増えているのですから問題はないという方もいらっしゃいますが、
減った時、為替損が出た場合は??
何もありません。戻ってくることはありません。

ここが外貨預金を選ばない方がいいという方の
もっとも主張するところですね。

⚫️預金者保護機構の対象外
通常円普通預金は「預金者保護機構の対象」であり、
銀行が破綻した場合には1000万円までは保証されている
のですが、外貨にはそれがありません。

あまりそんなことはないだろう??と
かんがえられるかたもおおいかもしれませんが
それは今までのお話しです。

これからは世界で起こっていることが
日本で起こる可能性を考えておくべきだと私は
考えます。

通貨分散の方法もきちんと確認しておかないと
あまり選ぶべきではなかった・・・
となる可能性もありますから、

この記事をお読みの方や周囲の方で
外貨預金をされている方がいたら、
デメリットの話も少ししてあげてくださいね!

関連記事

  1. ブラインドタッチを習得します!
  2. ランチ会情報が更新されました
  3. 家計見直しと貯蓄
  4. 自分の目で見て聞いてみる
  5. 起業するからこそ貯金を始める!
  6. 高校無償化
  7. 生命保険の成り立ち
  8. 貯蓄の習慣







プロフィール

名前 阿久津和宏(あくつかずひろ)
職業 独立系ファイナンシャルプランナー
経歴 群馬県の大学卒業後、セブン-イレブン・ジャパンにて、店舗経営相談の仕事に携わり、その後、保険会社に転職後、独立。
出身 栃木県
家族構成 妻・子供2人(小5・小2)の4人家族
前職 株式会社セブン-イレブン・ジャパン
住友生命東京本社
住まい 埼玉県熊谷市(一戸建て)
理念 お客様の必要なサービスを提供する
身近で頼れる相談員、を目指しています。

 

続きを読む

PAGE TOP