みんな保険料はいくらくらいなの?

image_printページを印刷する

こんにちは
病み上がりの
ファイナンシャルプランナー
阿久津和宏です。

昨日は、久しぶりの
風邪により寝込んでおりました。

さて、よくある質問です。

「だいたいみんな保険にはどれくらいかけているんですか?」

よくこんな質問は多く来ます。

お答えします。

30代、結婚していて小学生くらいまでの
お子様が2人くらいいて、みたいな
普通のご家庭を想定した質問が多いのですが、

5000円~50000円です。

私のお預かりするお客様の事例ですが
こんな感じでみんな同じではないのです。

一番多いのはどの辺りか?というと
それも人それぞれでなかなか言えません。

なぜかというと
考え方の問題だと思います。

以前に書きましたが、
月5万円銀行で貯蓄する人と
月5万円保険で貯蓄する人では
たまり方は断然後者です。

しかし、流動性、動かしたい人は
後者ではだめなので、分散することになります。

いつまでにいくら貯めたいか?
そこまでにどんな人生のステージが待っていて
おまけに保険ですから、いくらの保障が必要か?

を総合的に判断して保険料が決定するので
安易に決められないということなんです。

ただ、かならず5万である必要もないし
5000えんである必要もありません。

保険料は自分で選べます。

下記を確認したら保険料は後は選ぶだけ
ですので、確認して見ましょう。

①いつまで入院の保障があったらいいか?

②いつまで保険料を払いたいか?
一生?それとも退職まで?

③死亡保障はいくら必要か?

④いつまで必要か?
大体お子様の教育が終わるまでとか、奥さんが年金貰うまで
とおっしゃる方が多いですね

⑤いつまでにいくら貯めておくべきか?
教育費や老後資金のような10年以上先のものは
銀行預金ではためにくいですね。

これくらいで大丈夫です。
あとは、ライフプランニング表みたいなものを作成するのが
保険屋さんは好きですから、それに則って自分の好きな保険を
選びましょう。