話題に困ったときの対処法

先日ある方(Aさん)をご紹介いただいて
お会いしました。

メールでお約束をしたのですが、
メールの感じだと乗りが良さそうな雰囲気
だったのですが、あったら真逆で
全く話が続きません・・・

あーー、会話力ないな~・・・
と思っていたのですが、

あるところで、

何かがヒットしたらしく、
途中から盛り上がりました。

なんでなのかな?と
振り返ってみました。

どうして話が続かないんだろう・・・
思っていたのですが、

実は、自分もそういうときあります。

質問をして一生懸命盛り上げようとするけど、

まったくその質問がヒットしないときです。

色々自分のことを質問してくれるんです。

話しやすいようにって・・・

でも、

・あまりその話に触れたくないとか
・別に楽しくないのに・・・
・それ異常何を話しても落ちありませんけど・・・

と言うときです。

ただ、それをあえて、

掘り下げてくる人がいるんです。

どっちの立場も心当たりあります。

それってたいてい、

自分が興味ある話題で(聞き出したい話で)

相手の立場に立っていないように思います。

(聞いて欲しい話ではない)

おそらく原因はそれです。
初めてで緊張していたのもあると思いますが、

どこかでAさんよりになったみたいです。

要するにAさんが話したいことを聞いていなかった
みたいです。

で、どこかで変わったのですが

どこなのかがわからないのですが、

強いて言うなら

昔の話題を振ったとき、しかもざっくりと

そのへんかな・・・?と思います。

何かの本で読んだことがあるのですが、
小さい頃の話とか昔の話をしていると、

初めての人でも昔から知っている人と

脳が錯覚して、安心するらしいです。

なるほどそれか・・・

みたいなことで結論に達しました。

相手に合わせてどうする、こうする・・・

ということではないのですが、

常に相手の立場に立って考えなさい!

ってセブンイレブンの入社式で言われました。

そういえば・・・

<この話からの気付き>
・自分が聞きたいことじゃなくて、
 相手が話したそうなことを
 話してもらったほうが場は和む

・相手が話したそうなことがわからなかったら
 とりあえず子供の頃の話をする
 と、話が弾む可能性が高い

昨年は
「心理学」などの分野にいろいろハマりましたが、
全く身についていませんでした。

すぐに行動に移していなかったからですね。
もしも私みたいな経験を持つ人がいるのなら
参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
阿久津 和宏

阿久津 和宏

身近で頼れる相談員を 目指しています。 栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。 群馬県の高崎経済大学を卒業後、 株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。 入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、 直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「評論家でなく実務家たれ」 が会社のモットーで今も受け継いでいる。 入社7年目に、3商材でセブンイレブン経営指導員1500人の頂点となるも、売上が上がっても手取が存分に増えない加盟店オーナーサンたちの役に立てないか!?という想いをきっかけに、ファイナンシャルプランナーの勉強を始め、セブンイレブン在籍時にFP3級を受験。その後、ご縁あって、国内大手金融機関に転職を経て、独立。 独立系ファイナンシャルプランナーとして、売上はあるけどお金が残らない中小企業経営者・高齢化の中で、にわかに頭を悩まされている人が急増中の相続、なかなかお金が貯まらない・・・という会社員・OL向けに、『役立つ』でなく『今すぐ使える』に焦点を当てたセミナー、カウンセリング活動を展開。各分野で高評価を得ている。営業やカウンセリング業務の経験を活かし、 学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評。 セミナー開催回数:159回(2016年8月1日時点)