単純承認と相続放棄(相続対策大百科vol.10)

image_printページを印刷する

熊谷市にファイナンシャルプランナー

阿久津和宏です。




相続で引続ぐ、プラスのもの、マイナスのもの

財産がプラスのものとマイナスのものがある、

という話をしましたね。

マイナスの財産が多い場合は、相続しないという選択もあります

プラスのものだけなら

そのまま引き継ぐケースは多いと思いますが、

マイナスの財産が多い場合は、

相続しないというケースもあります。

これらを承知の上で、

すべての財産を無条件に引き継ぐことを

「単純承認」といい、

単純承認で相続した財産は相続人全員で話し合い、

誰が何かを引き継ぐのか

遺産の分け方を決め、

マイナスの財産を引き継いだ人は、

それを返済する義務をおうことになります。

まとめますと、すべての財産とすべてのマイナスの財産を

引き継ぐ方法を「単純承認」と言います。

なんだか厳しい感じもすると思いますが、

『限定承認』といい

借金などはプラスの財産を限度として、

その責任を負う方法をいいます。

(財産額=借金額となります)

多額の借金がある場合は3ヶ月以内に相続放棄を

被相続人の財産を調べてみたら、預貯金は僅かで、逆に多額の借金が見つかったという話は多いです。

見つかった、の前にすでにわかっている場合もあると思いますが(笑)

プラスの財産よりもマイナスの財産が、明らかに多く、相続しても借金の負担が多くなりそう、

『相続したくない』と思うのは当然ですよね。

そんな場合は、すべての財産を放棄する

『相続放棄』

を選択することができます。

相続を放棄する場合は、相続の開始後、

3ヶ月以内に、

被相続人が最後に居住していた住所地の家庭裁判所に行き、

「相続放棄申述書」

を提出します。

こういうものです。

相続人全員でやることも、1人でやることもできますが、一旦放棄をしてしまったら、取り消すことはもう二度とできません。

相続放棄ができるのは相続の開始、

つまり、なくなったときから3ヶ月以内ですが、

なくなったことを知らなかった場合は、

「相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内」

となります。

また、先の順位の相続人が相続放棄をしたために、自分が相続人になった場合は、

「相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内」

に手続きができます。

期限のまとめ

承認形態 期限と手続き
単純承認 3ヶ月以内に何も手続きをしなければ、「単純承認」を選んだことになる
限定承認 相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きする。
相続放棄

相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きする。

※限定承認や相続放棄をするかどうか判断するための期間ですが、一から調べなおす場合、3ヶ月では調べきれない場合があります。そんなときは、期限が来る前に、「家庭裁判所」で「熟慮期間の伸長」を申し立て、さらに3ヶ月の猶予をもらうことが可能です。

相続対策診断

お問い合わせ

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。