発売当初の電卓の値段

image_printページを印刷する

今日、3月18日は、
53年前に早川電機(現シャープ)とソニーが初の電卓を開発
した日だそうです。

当時の値段は50万円。

こんな感じだったそうです。
(SHARPのHPより)
→http://simmer-ex.com/L34871/ca677/11011)

コレを聞いて、一般ピープルは
どんな気分だったんでしょうね~。

「そろばんのほうがいいよね~」
「そんなでかいのだれが使うんだ」
「すぐなくなるでしょ」

こんな感想だったんですかね。

今の値段の感覚では、
約200万円くらいです。

ただ、今いろんなものを見ると、

一つのものが出来て、
進化する過程では便利になり、
値段が安くなるのは普通ですが、

今時、中途半端な値段のものは
売れなくなって、

高いものと
安すぎるものが売れている

ような気がします。

□「FREE」という本を見たことありますか?
こちらです。

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

新品価格
¥1,400から
(2017/3/19 07:39時点)

無料プレゼント、ってよく聞きますが、
ここが発信源です。だいたい。

もうありふれすぎて効果ない場合も多いですが、
私の業種ではまだまだやってる人少ないので、
かなり評価を得られます。

コレがきっかけで(配った無料小冊子)
すごく仲良しになった人もたくさんいます。

なぜこんな話をしたかというと、
中途半端な値段はだいたい中身も中途半端です。

中途半端な値段って
そのものやサービスによるとは思いますが、

無料なのに、すごい情報量、
たったコレだけの値段で、コレだけのサービス

こんなものが今の時代の本物感を
感じるサービスのような気がします。

高いからいい、有料だからいい、無料だからダメ(だいたいのものはダメですが)
と決めつけずに、自分の目で確かめて価値を感じるスキルは大切かな・・・

とふと電卓の話で思いました。

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。
まだまだ寒いのでお体に気をつけて

お過ごしください!

※値段からは想像できない効果を期待できるセミナーはこちらから