体重計が壊れました。

熊谷市のファイナンシャルプランナー

阿久津和宏(あくつかずひろ)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日、

体重計が壊れて、大切なことがわかりました。

 

 

14年前?

結婚するときに、武蔵浦和のケーズデンキ

(たしか、出来たばっかりでした)

 

買った体重計が(なんかリアル・・・)

買い換えることもなく使っていたのですが、

一昨日、私が測ろうとしたら、

 

突然、反応しなくなり、

電池かな~?と思って電池交換しても

まったく動かず・・・

 

というわけで、買い換えることにしました。

 

どれにしよっかな~と選んでいたのですが、

妻と子どもたちが

出かけて帰ってきたと思ったら、

買ってきていました。

 

コレです。

 

 

 

 

 

 

(15年間ありがとう!)

これ、

懐かしい感じしませんか??

でも、昨日までは、懐かしい感じがしませんでした(笑)

 

そりゃそうです、新しいのを見ていないのですから。

新しいのはコレ。

 

多分そんな機能を求めてないので、

それほど値段のしないものだと思いますが、

最低限の機能は大事です。

 

壊れたやつは200G単位でした(笑)

 

スペックの低いやつをいつまでも持っていてはダメだと思います。

 

15年で体重計の常識とスペックそのものが、

変化しまくっています。

 

今まで通りで何の問題もないから買い換えない、

今まで通りで新しいのにすると面倒だから買い換えない

 

それは問題ないと思いますが、

 

新しいものを見ないことで、新しくなっていることを知らない、

自分が持っているものが古臭くなっていることを知らない、

 

コレって問題じゃないかなって思いました。

 

例えば、

パソコンだってそうです。

Windows98のスペックのままだと

ほとんどのHPは見られません。☓☓だらけです。

私はHP見ないんで、といえばそれまでですが、

この便利さを放棄したことになります。

 

例えば住宅ローンだって一緒です。

20年前の住宅ローンだと、金利がバカ高い人多いと思います。

これ、バカ高いって「今と比較して」ってことです。

今と比較しなければ高いともなんとも思いません。

住宅ローン借り換え診断はこちら

 

 

資格の勉強する人が、

10年前の参考書とか問題集使わないじゃないですか!?

ってお話ですよね。

 

知っていないと損をする

知らないまでも調べないと損をする

損をしているのに気づかない・・・

こんなことがあるんじゃないかなって思いました。

 

体重計でこんなに頭のなかで盛り上がれるとは思いませんでした。

 

何が言いたかっのかというと、

これって古くない?

これって本当にいいことなのかな?

と一歩立ち止まると、結構古いからいいもの、古すぎてダメなもの、

判断できるようになるかもしれません。

 

新しい何かを発見するチャンスはここにありますので、

よかったら拾ってください!

 

 

 

 

今日もここまで読んでくれてありがとうございます。