デビットカードの活用法

image_printページを印刷する

こんにちは。 お金を残す専門家、阿久津和宏(あくつかずひろ)です。

親しい方からは「あくっちゃん」と呼ばれています。

もしよろしければ心の中で、そう、呼んで下さい^^

なかなかお金が貯まらない・・・

ついついお金を使っちゃう・・・

どうしてだろう・・・

そんな言葉をよく聞きますが、

あなたはいかがですか?

理由はさまざまだと思いますが、

クレジットカードで支出を来月に繰り越してしまう・・・

銀行ATMでムダな手数料を使ってしまう・・・

ただただ無駄遣いをしてしまう・・・

などなどあると思いますが、ようはカンタンです。

使えるから、使いやすいから使っちゃうのです。

ATMが毎日どこでも利用できるようになった今の時代、

とにかくいつでも買おう!

そう思ったら買うことができます。

クレジット決済、これもほぼどんなところでも

使えるようになりました。

『使える』

これが最大の見方であり、敵、、、

そんな気がするのは僕だけでしょうか?

そこで、ある方にこんなお話をしたら、

・お金を使うときにじっくり考えるようになった

・お金を下ろすときに躊躇するようになった

・クレジット決済を進んで活用するのをやめてよかった

こんな感想をいただきました。

つまり、

『無駄遣い』が減ったといいたかったのだと思います。

こんな話とはいったい何なのか?

◆クレジットカードを使うデメリットとは?

メリットはいわずと知れた、

・ポイントが貯まる・・・

・スピーディに支払える

・ATMでお金を下ろす必要がない

・(人によっては)今現金がないが来月引き落しだからとりあえず大丈夫

・(人によっては)リボ払いにすればいい(後からリボ)

これがそのままデメリットにつながることもあります。

・予定外の支出を増やす

・思った以上に使っている

などなど

そこで、

『クレジットカード決済』を控えてみましょう、

そんなおはなしをしたのです。

でも、クレジットしか使えないところもあるし、

不便・・・

そこで、デビットカードの登場です。

クレジットカードとほぼ同じように使えます。

違いは、銀行口座から引き落とされるということです。

例えば『楽天』のデビットを使うと

楽天銀行を使うことになりますが、

楽天銀行の口座からATMで下ろそうとすると、

ほぼ、手数料がかかります。

しかも、300円だったと思いますが、かかります。

『口座からお金を下ろしにくい』

『後日決済ではないので、即口座の現金が減る』

というデメリットを生かしたら、

上に書いたような結論になった、というお話です。

良かったら試してみてくださいね。

いくつか有名どころを紹介しておきます。

インターネットで取引ができて、JCB、VISA、MASTER

などで使えます。

口座開設と同時にデビットの申込ができますので、

よろしければ確認してみてはいかがでしょうか?

楽天銀行はこちら

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。
お問合せ→こちらです。
◆関連記事:
コピーライト お金を残す専門家 あくつかずひろ