全てに通じる「ランチェスター戦略」

5年ぶりに開いた
片付けして捨てようしていた本が、
面白い本でした。

その本は、
「ランチェスター弱者必勝の法則」
(竹田陽一氏)
です。

弱者とは、大手企業でなく、
ざっくりいうと、中小・零細企業のことです。

何が良かったかというと、
これ、誰でも役立つ本だと思いました。

テーマは
「選択と集中」です。

その本はこちらです。
ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則 (サンマーク文庫)

主に、経営戦略や仕事の仕方といった
話がメインで、中小・零細企業だからこそ
大企業のマネではないものを作りなさい

という話です。

そのためには?
・選択と集中をして
・そのあとに幅を広げる
・そのためには時間効率は不可欠で、
・移動時間や喫煙時間などもってのほか・・・
みたいなことが
書かれています。

実は5年前に全4回のセミナーを
受けていたのですが、ずーっとスルーしていました。

ただ、時間の使い方や集中の仕方
やることを明確にしていくことなどなど

どんな仕事にも当てはまると思いました。

私は、
ずっと目を背けていたことがパラっと
開いたところに書いてあって・・・

やられた~と思いつつ、軽い気持ちで
一日で読み込んだら、

あらゆるものがつながってしまったりして。。。

129円から買えますので
面白おかしく読める箇所も多いので
よかったら読んでみてください!

その本はこちらです。
ランチェスター弱者必勝の戦略―強者に勝つ15の原則 (サンマーク文庫)

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。
まだまだ寒いのでお体に気をつけて

お過ごしください!

公式LINE

LINEにおともだち追加いただくと、
記事の更新通知や非公開記事を配信します。

友だち追加

人気ブログランキング