Loading

快眠のコツ

image_printページを印刷する

こんにちは、

阿久津和宏です

 

キリンの睡眠時間は1日20分だそうですが、
人間は、1日の3分の1近くくらい
寝る時間が必要です。

できれば短くしたいところです(笑)

知り合いから聞いたのですが、

快眠できる「部屋づくり」には、3つのポイントが必要だそうです。

 

3つのポイントとは、
「光」「色」「音」です。

以下、参考になると思います。

「光」についてですが、
就寝前は、
・照明は蛍光灯より白熱灯がやわらかな感じで
・天井からの照明よりも床置きやフットライトなどの間接照
明がリラックスできるそうです。
起床時は、
・カーテンやブラインドを開け、窓から注ぐ陽光を浴びてさ
わやかに目を覚ます。
・日の出前は天井からの蛍光灯でシャキッと目を覚ます。

「色」は、
壁・天井などの内装は、派手な色目は避け、
・ベージュ系のナチュラルで落ち着いた色にし、
・心を落ち着ける効果があるブルー系や目の疲れを癒す
グリーン系にするのがよいそうです。

そして、
「音」。音って何と思うかもしれませんが、
・窓を防音効果の二重窓にする。
・厚めのカーテンをかける。
・ドアや引き戸は静かに閉まるクローザ
ーを付ける。

だそうです。

物理的に無理かと思うものも
あるかもしれませんが、自分なりに
アレンジしたらいいかなと思います。

個人的には
「遮光カーテン」はおすすめです。

リフォーム屋さんのお話なので、
やっぱりそうなりますよね(笑)

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。
まだまだ寒いのでお体に気をつけて

お過ごしください!

 

 

 

関連記事

  1. 貯蓄の鉄則は分散①
  2. Google一回転?
  3. メルカリ
  4. 仲間を募集しています。
  5. 話題に困ったときの対処法
  6. プレゼントです
  7. 確定拠出年金(iDeCo)の全体像!メリット・デメリットをわかり…
  8. 「天ぷらそば」はアメリカ産?中国産?







プロフィール

名前 阿久津和宏(あくつかずひろ)
職業 独立系ファイナンシャルプランナー
経歴 群馬県の大学卒業後、セブン-イレブン・ジャパンにて、店舗経営相談の仕事に携わり、その後、保険会社に転職後、独立。
出身 栃木県
家族構成 妻・子供2人(小5・小2)の4人家族
前職 株式会社セブン-イレブン・ジャパン
住友生命東京本社
住まい 埼玉県熊谷市(一戸建て)
理念 お客様の必要なサービスを提供する
身近で頼れる相談員、を目指しています。

 

続きを読む

PAGE TOP