タラレバ娘?タラレバおじさん?

こんにちは。

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

『いつまでも”たられば”ばかり言ったら・・・?』

だめよーってお話です。

昨日、
こんなのがヤフーニュースにありました。

70才ほぼ現役、高齢者は
65才~でなく75歳~に
UPするという動きが
あるそうです。

ニュースはこちら

国として、
超高齢化社会への備えらしいです。

ただ、

高齢になっても
元気で働けていたら、

お金も使うだろうし、
全体が
元気になっていく気もするんですけど。

どうですかね~?

そういえば超有名人に人も
「人生は60歳から!」って
言っていました。

(七星明さんのブログにアップされています)

※いつまでアップされているかはわかりません

若い人には負けたくない!
あんな年寄りに負けたくない!
って・・・

とはいえ、
ちゃんと貯金して(何かのためにとっておいて)

健康を維持して、
将来の自分のために投資をして、
スキルを磨いて、

どうなってもいいようにしておくこと、

は必要じゃないですかね。

一過性のビジネスとか投資とか
儲からない儲け話とかじゃなくって、

中長期で資産を形成しつつ、
収入を自分で作れる様になる準備は

必要だと思います。

「たられば娘」なのか「たらればおじさん」なのか
わかりませんが

・「稼いだら」・・・
・「収入が増えたら」 ・・・
・「収入があったら」・・・
とか言う言葉は、

は自分の中にこっそりおいといて、

なんでも「ちっちゃなことでもいいから」やってみよう
って思います。

たらればばかり言ってたら・・・だめよーって
そんなお話でした。

あ、そうそう、
今年のはじめのころ、何かのTVで

Dr.コパさんが言っていました。

「酉年は金運がいい」年だそうなので、

「貯金する行為自体が金運をさらにアップさせる」って
言っていました。

僕が言ったんじゃないですよ、
コパさんが言ったんですよ(笑)

テレビからの情報が多いですが、
テレビっ子なので、許してください(笑)

今日もありがとうございました!

The following two tabs change content below.
阿久津 和宏

阿久津 和宏

身近で頼れる相談員を 目指しています。 栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。 群馬県の高崎経済大学を卒業後、 株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。 入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、 直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「評論家でなく実務家たれ」 が会社のモットーで今も受け継いでいる。 入社7年目に、3商材でセブンイレブン経営指導員1500人の頂点となるも、売上が上がっても手取が存分に増えない加盟店オーナーサンたちの役に立てないか!?という想いをきっかけに、ファイナンシャルプランナーの勉強を始め、セブンイレブン在籍時にFP3級を受験。その後、ご縁あって、国内大手金融機関に転職を経て、独立。 独立系ファイナンシャルプランナーとして、売上はあるけどお金が残らない中小企業経営者・高齢化の中で、にわかに頭を悩まされている人が急増中の相続、なかなかお金が貯まらない・・・という会社員・OL向けに、『役立つ』でなく『今すぐ使える』に焦点を当てたセミナー、カウンセリング活動を展開。各分野で高評価を得ている。営業やカウンセリング業務の経験を活かし、 学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評。 セミナー開催回数:159回(2016年8月1日時点)