ネタ切れのとき、まずやること.

image_printページを印刷する

熊谷市のファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

会社員時代、朝礼が大嫌いでした。
ナニ話したらいいかわかんないし、
あれ話たら、あの人は喜ぶかもしれないけど、あの人は嫌な顔するかもしれない・・・

万人受けする話はつまらなそうだし・・・

ただ、一つ言えることは「発信」なくして
良い情報が入ってくることはない、
って言うことですね。

ただ、発信し続けていると
「ネタ切れ」が起こります。この対処法を
お伝えしたいと思います。

まず、言えることは、
ネタ切れ、本当はしていないんです。
忘れてるだけ。

でも、リラックスできている状態じゃないから
思い出せないんです。

リラックスして思い出すのを待つというのも
手ですが、

ここは即思い出したいところ。

でも思い出そうとすればするほど、
遠のいていきます。

そこで、いろいろ思っていたことを
思い出せればいいのですが、そうでないとき、
新たに見つける方法をお話します。

まず一つ目。
過去の記事を読み返す。
あわよくば、2度目の投稿をしてしまう
これは結構使われています。

かなりコアなファン以外は気づいていません。
そもそも見ちゃいないんですから。

コアなファンが沢山の人には、
ちょっとそのネタから広げる方向を変えるといいです。

二つ目。
私がよくやるやつです。
○○の日。これを見ていると色々過去のことを
思い出します。
結論にも結びつけやすいです。

三つ目。
ニュース。
あー、よくやってるよね、って思った人は
結構私のメール見てくれている人です(笑)

ニュースを使って、
言いたいことを引き出す。って言う手法ですね。

四つ目。
人の話にかぶせる。
といってもこれ、1対1でやったら嫌われますよ。
でも、別の誰か、(ニュースとか、本とか)
だったら問題ないです(笑)

五つ目。
あまり言いたくないですが、
「ネタがないときの対処法」
というタイトルをつけてみる。

まさに今、じゃないですか!?
一つ目に戻って、
また、やるかもしれませんが、
その時は、優しく見守ってあげてください(笑)

今日もここまで読んでくれてありがとうございます。