ネタ切れのとき、まずやること.

熊谷市のファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

会社員時代、朝礼が大嫌いでした。
ナニ話したらいいかわかんないし、
あれ話たら、あの人は喜ぶかもしれないけど、あの人は嫌な顔するかもしれない・・・

万人受けする話はつまらなそうだし・・・

ただ、一つ言えることは「発信」なくして
良い情報が入ってくることはない、
って言うことですね。

ただ、発信し続けていると
「ネタ切れ」が起こります。この対処法を
お伝えしたいと思います。

まず、言えることは、
ネタ切れ、本当はしていないんです。
忘れてるだけ。

でも、リラックスできている状態じゃないから
思い出せないんです。

リラックスして思い出すのを待つというのも
手ですが、

ここは即思い出したいところ。

でも思い出そうとすればするほど、
遠のいていきます。

そこで、いろいろ思っていたことを
思い出せればいいのですが、そうでないとき、
新たに見つける方法をお話します。

まず一つ目。
過去の記事を読み返す。
あわよくば、2度目の投稿をしてしまう
これは結構使われています。

かなりコアなファン以外は気づいていません。
そもそも見ちゃいないんですから。

コアなファンが沢山の人には、
ちょっとそのネタから広げる方向を変えるといいです。

二つ目。
私がよくやるやつです。
○○の日。これを見ていると色々過去のことを
思い出します。
結論にも結びつけやすいです。

三つ目。
ニュース。
あー、よくやってるよね、って思った人は
結構私のメール見てくれている人です(笑)

ニュースを使って、
言いたいことを引き出す。って言う手法ですね。

四つ目。
人の話にかぶせる。
といってもこれ、1対1でやったら嫌われますよ。
でも、別の誰か、(ニュースとか、本とか)
だったら問題ないです(笑)

五つ目。
あまり言いたくないですが、
「ネタがないときの対処法」
というタイトルをつけてみる。

まさに今、じゃないですか!?
一つ目に戻って、
また、やるかもしれませんが、
その時は、優しく見守ってあげてください(笑)

今日もここまで読んでくれてありがとうございます。

The following two tabs change content below.
阿久津 和宏

阿久津 和宏

身近で頼れる相談員を 目指しています。 栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。 群馬県の高崎経済大学を卒業後、 株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。 入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、 直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「評論家でなく実務家たれ」 が会社のモットーで今も受け継いでいる。 入社7年目に、3商材でセブンイレブン経営指導員1500人の頂点となるも、売上が上がっても手取が存分に増えない加盟店オーナーサンたちの役に立てないか!?という想いをきっかけに、ファイナンシャルプランナーの勉強を始め、セブンイレブン在籍時にFP3級を受験。その後、ご縁あって、国内大手金融機関に転職を経て、独立。 独立系ファイナンシャルプランナーとして、売上はあるけどお金が残らない中小企業経営者・高齢化の中で、にわかに頭を悩まされている人が急増中の相続、なかなかお金が貯まらない・・・という会社員・OL向けに、『役立つ』でなく『今すぐ使える』に焦点を当てたセミナー、カウンセリング活動を展開。各分野で高評価を得ている。営業やカウンセリング業務の経験を活かし、 学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評。 セミナー開催回数:159回(2016年8月1日時点)