熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

月5万円節約する方法っていうショートセミナーしましたが、
「節約する方法知りたいです」
という人の多いですが、

実際に行動する人が少ないです。

 

節約するっていう話は

「何を」「どういう風に」節約する

という事ですが、

 

結構やりつくしていたり、普段の意識で人の何倍もずぼらな人ってあまりいないです。

そういう人はそもそも節約しようって思わないですからね。

 

つまり、そんなにネタがない、ってことなんです。

でも、

明らかに改善できるなって思う人の特徴は、

 

適正な額がそれぞれのジャンルであるとしたら、

ちょっとずつ多い人です。

 

例えば食費は月5万円くらいかなって思ったとしたら、

そのうちは、55000円くらいなんです。

 

通信費は2万円くらいかなって思ったら、

そのおうちは、22,000円くらいなんです。

 

で、そんな人が、この通信費を格安スマホに変えて、

10,000円にしたとします。すると、

 

必ずどこかで出費が増えるんですよね。

 

そんなもんです

 

やった気になる事が多いです。

 

だから、節約する気になっちゃいけないと私は思うんですよね。

 

 

じゃ、どうすりゃいいんだよ!って話です。

元も子もないですよね、こういうこと言うと。

 

シンプルにいうと、

お金を大切に使う、という事。です。

 

大切なお子様がいらっしゃる方なら

誕生日と体重と身長とか、

おそらく覚えていると思います。

 

お金は命の次に大切、なんていう人がいますが、

そのお金のこと、

知ってますかっていう話です。別にいつ発行されたとかじゃないです。

 

これから大切なお金のことをちゃんと知っておきましょう、

という話をしますね。

 

私が相談を受けて97%の人が答えられないことが3つあります。

 

質問1

先月と直近1年間の手取りの収入を正確に教えてください(5万円くらいの誤差はOK)

 

質問2

先月と直近1年間の使った額を正確に教えてください

 

質問3

直近1年間で貯蓄したお金はいくらですか?正確に教えてください。

 

会社員の方は特にそうですが、月々の給与とボーナスでなんとなく生活している人が多いです。給与だけでボーナスはないものと考えている、

そういう人はほとんどいないですね。

 

ですから、この3つの質問は大事なんです。

自分の体重知らないのに、ダイエットしても続くはずがありません。

 

結果にコミットする前に、現状と向き合う事が大事だと思います。

これができるとあとは、どういう考え方で、どんな技術を使って

節約して、将来の資産を形成すればいいのかはとっても簡単です。

 

まずは、この3つの質問に答えてみましょう、という話でした。

この考え方は、ダイエットにも応用可能です(笑)

 

 

ただ、7割の方が挫折します。

セミナーに来ればその場でできますので、よかったら挫折しないで時間短縮したい方は是非お越しくださいね~^^

 

目から鱗の年金対策セミナーはこちら

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます!