熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

よく、
どうやってお金を使ったらいいですか?
みんなどうしているんですか?

そんなは話を多く聞きます。

正解、不正解はありませんが、
一つの目安としてお聞きくださればと思います。

お金を使うというのは人それぞれ考え方や
生活パターン、収入が違いますから
コレが正しいということはありません。

ただ、これまでのお金や資産を順調に貯めてきたお金持ちも
普通の一般人でお金がきちんと溜まっている人も、資産が増えている方も
だいたい同じです。

それらを少しだけ、こっそりシェアします。

<大前提があります>
貯蓄や資産形成において、お金の使い方で大前提となるお話があります。
余った分では貯蓄できない、お金は残らない
ということです。

収入から毎月一定額を必ず貯金しましょう。

ではそれはどれくらい?
そう聞きたくなると思いますが、

できるできないは別として、まずは、
『2割』を目標にしましょう。

 

月々30万円の手取りがある方であれば、6万円。
ボーナスで50万円もらったら、10万円。

この例は、年収600万円弱の方のお話です。

コレでできれば、
年間92万円の貯蓄ができるということになります。

ここでは細かく話しませんが、今ある貯蓄もきちんと管理が必要です。
(手の届かないところにおいておくことがポイントです)

貯蓄ばかりしていても、息がつまります。
ですから1割~2割は遊ぶお金と自分への投資に使いましょう。

自己投資というのは、将来必ず帰ってきます。
本を読む、資格を取る、勉強をする、趣味を頑張る。

ですからここには必ず予算というか、お金をかけるようにしましょう。

と言っても無駄遣いは意味ありませんからね。
人に誘われたものはたいてい無駄遣いです。

でいいと思ったことが自己投資につながるというものです。

 

それ以外で、生活しましょう。
ということですね。

こういう話をしていくと2つの意見が必ず出てきます。

年間100万円くらいじゃ、老後の年金と言っても大丈夫なの?

二つ目は、
そんなんでできるわけ無いじゃん

 

目標がない人の意見ですが、もしまだないのであれば、
コレに従って、まずはやってみましょう。

今を変えられないのに将来の年金額を増やすなどという話は現実化するはずがありません。

ここから、一つ一つを見直していくことと、
目標を明確にしていくことで、これらを実現できるようになります。

大丈夫ですから安心してまずはこのことに努めてみてくださいね!

最後に、貯蓄に関しては、まず別口座を作って、そこに貯めていくようにしましょう。
やり方や手法はセミナーで。あなたにぴったりの有利な方法を教えていますので、よろしければ参加してみてくださいね。

まとめ
・手取り収入の2割を貯金することを目標にする
・遊びと自己投資に1割~2割のお金を準備する
・実行する。

では、
今日もここまで読んでくれてありがとうございます。