保険屋さんも知らない生命保険の活用方法と入り方

生命保険見直し大百科PART1はこちらからダウンロードできます。

その先の細かいところも含めて、

このページでできる限り公開します!
わからないなら聞いたほうが早いです。でも、
わかっていない人に相談すると大きな損失を被ることになります。

できる限りあなたが判断できる材料をここに記していきたいと思います。
しかしながら、「保険業法」という法律の関係上、細かい内容や誤解を与えやすい文言等、
つまり、保険会社名や商品名などは掲載できません。
個別面談やセミナー等で誤解の内容に解説することはできますので、
詳しくはそちらをご活用ください。

なお、遠方の方については、スカイプ面談を実施しています。
全国どこの方でもあなたのための情報を得ることができますので、詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

それでは、一つ一つわかりやすい言葉でお話していきたいと思いますので、
お時間許す限りご覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

なお、メールでこれらの情報を受け取りたい方は、
こちらから。

それでは始めたいと思いますが、その前に、
保険見直し大百科PART1をこちらから請求すると、より理解が深まります。

下記準備中

<目次>
<生命保険の入り方でこんなにも差がつく>という事例

<医療保険編>
●どれだけの保障をいつまで、いくらで準備するのか?
●入院短期化時代のほんとと嘘
●やっぱり入院後の通院は増えている!?
●入院しなかったら損じゃないか!?
●いつの間にか入っていた無駄の多い医療保険
●払込方法で得する方法
●病気になって、保険料が払えない!?
●がん治療の現状とがん保険の入り方
●まずは現状を確認しておきたい方はご連絡ください。
●セミナーで!
●医療保険のチェックポイント
 
<生命保険編>
●本当は保険料は払いたくない!と思っていませんか?
●あなたが生命保険に加入する理由
●保障額ってどういうこと?
●必要保障額から貯蓄を引く
●銀行にある1000万円を2000万円にする方法
 
<保険を使って貯蓄する3つのメリット・デメリット>
●保険で貯蓄している人の大半が損をしている
●短く払って長く寝かせる
●10年以上先の貯蓄は「保険を使う」
 
<安心・安全な貯蓄戦略3つの方法>
●生命保険を活用する方法
●IDECOを活用する方法
●NISAを活用する方法
●その他を活用する方法

<よくある質問>

保険と貯蓄は分けたほうがいいですか?
●うちは保険に入りすぎですか?
 
公式LINE

LINEにおともだち追加いただくと、
記事の更新通知や非公開記事を配信します。

友だち追加

人気ブログランキング