保険

高額療養費制度という最強の保険が存在する

投稿日:2017年8月10日 更新日:

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

 

今日は高額療養費制度についてお話をしたいと思います。
『高額療養費制度』と言うのは聞いたことがありますか?あなたが加入している「健康保険」の機能で、
月に一定額以上の金額が医療費としてかかった場合、お金が返還されたり、支払い時に支払額が控除されるというものです。

詳しく説明していきます。

高額療養費制度って何?
医療機関等で支払った支払額がが、1ヶ月(1日~末日)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。(食費や差額ベッド代などは含まれないです)

上限額は、年齢や所得によって異なります

①70歳以上の方

②69歳以下の方

上記内容となっていますが、負担を更に軽減する仕組みも用意されています。

①世帯合算
一人1回分の窓口負担では上限額を超えない場合でも、複数の受診や、同じ世帯
にいる他の方(同じ医療保険に加入している方に限ります。)の受診について、窓口で
それぞれお支払いいただいた自己負担額を1か月単位で合算することができます。
その合算額が一定額を超えたときは、超えた分を高額療養費として支給します。
※ ただし、69歳以下の方の受診については、2万1千円以上の自己負担のみ合算されます。

②多数回該当
過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。

高額療養費制度とは、こういう制度で、病気やケガで医療機関を受診したり、した場合の補助的な機能として使うことが出来ます。
基本的に医療機関で案内はされるはずですが、知っておくだけで、病気やケガで医療機関を利用する際に安心して受診することができるでしょう。

是非参考にしてくださいね。

尚、人によっては、医療保険に加入しすぎ、、、なんて方やそう感じている方は、
この制度のことも確認しておくことをおすすめします。

詳しくはお問い合わせくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。



















-保険

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

動画)保険見直し大百科無料プレゼント

こんにちは。 ファイナンシャルプランナーの阿久津和宏です。 生命保険の現状の確認方法を動画で話しました。 同時に 「保険見直し大百科」を読むとさらに見直しが自分でできるようになります。 保険見直し大百 …

貯蓄と保険は分けて方がいい?

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。   よく聞く質問で 「保険と貯蓄は分けたほうがいいですよ、って言われたんですが・・・」 コレよくあります   どういうことかとい …

学資保険と教育資金の準備で必要なこと

INDEX1 学資保険と教育資金の準備で必要なこと2 子供が生まれたら学資保険3 教育にかかるお金はいくら?3.1 0歳~3歳3.2 小学校~高校卒業まで3.3 大学4 学資保険の解説+ダメな学資保険 …

no image

終身保険の使いみち7選

おはようございます。 今日は温かくなりそうですね。 とてもうれしいです。 温かくなることは。。。 ただ、朝と昼の気温差があるので、 着ていく服やコート そろそろ迷う季節ではないですか? (特に寒がりの …

住宅ローンの繰上返済はむしろ不利!?

将来資金のために「資産形成」の必要性がある相談者の方の一部の方は、 『それよりもたまったお金を繰り上げ返済した方がいい』 とおっしゃる方がいます。果たしてそうなのでしょうか?「なんとなくそう思う・・・ …

 

 

(平日10時~18時)

050-3707-3507
info@fp-1.info