欲しいものと必要なもの

image_printページを印刷する




欲しいものと必要なものは違う・・・

ここで必要な考え方は、
欲しいものと必要なものは違う、と思うことが重要。
もう一度いいます。

「欲しいものと必要なものは違う」

この2つのワードで分けるとしたらすべてのものが

この4つに分類されますよね。

①欲しいもの=必要なもの

②欲しいもの=必要じゃないもの

③欲しくないもの=必要なものは

④欲しくないもの=必要でないもの

こう分類すれば、誰しも
①と③は買うべきものであり、
②と④は買うべきでないと思うと思います。

つまり、

①欲しいもの=必要なもの・・・◯

②欲しいもの=必要じゃないもの・・・▲

③欲しくないもの=必要なものは・・・◯

④欲しくないもの=必要でないもの・・・☓

おすすめ書籍

私たちの買い物は「衝動買い」という言葉もありますが、感情で買うか買わないか決めています。

この本にもそんなことが書いてあります。

『経済は感情で動く』

経済は感情で動く : はじめての行動経済学

新品価格
¥1,666から
(2017/8/2 16:51時点)

 
だからこそ、この4分類は認識しないといけないと考えます。
※欲しくないのに必要なものとは、おもに、あなたの将来に向けた自己投資というもので、ここにはおかねをかけるべきだとかんがえています。
例えば、本を読む、勉強会に行く、見聞を広げる、資格を取る、スキルを身につける、などなど(お金のかけすぎはダメですが、予算を決めて!)

欲しいものはプラスの収入で買う?

今ある収入の中で、支出と貯蓄をどうするか考えるのが
ファイナンシャルプラン、ライフプランだと思い込んでいる専門家もいますが、
私はそうではないと考えています。

今ある収入の中で、と考えていいのは、「必要なもの」に限定します。

必要経費、という言葉あるように、必要なのだからその中でやって当然です。

それでも、どうしても

「欲しいもの」というのもあります。これは、必要なものを得、貯蓄をした上で、余った額をまたは、別のところから得た収入で買う

こういう風に考えることがその時の貯蓄を減らさず、また、

将来のお金を残す大きな要因となるでしょう。

そんなことどうやるの?

という話ですが、余分なお金を作るためには、

「収入を増やす」か「支出を減らすか」しかありません。

この期に及んで宝くじとかそういうのは一旦おいておきましょうね(笑)