何か初めたいならFPの資格をとりましょう!

image_printページを印刷する

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

何か初めたいならFPの資格をとりましょう!




将来が不安な方や現状を変えたい方は必見です。

現状に不安、将来が心配・・・そういう声をよく聞きます。そんな中、行動するとしたらきっと、

  • もっと貯金できるようになりたい・・・
  • もっと稼げるようになりたい・・・
  • もっと支出を減らしたい・・・
  • もっと有利に資産形成がしたい・・・

こんなことを考える人が多いのではないでしょうか?

私がおすすめしたいことは、
「ファイナンシャルプランナーの資格を取る」

ということです。

正式には、
「ファイナンシャル・プランニング技能士」という資格です。

どうして資格が必要か?

個人的には、特に資格はあまり必要ないと思っているのですが、理由もあります。
まず、よく言われるファイナンシャルプランナーで、資格がないと出来ない仕事はありません。

一応、FP技能士の試験は、2つの団体がやっていて、「きんざい」(金融財政事情研究会)が行うのは、国家資格、日本FP協会が行う試験は、民間資格、です。

つまり、FP技能士は国家資格ではあるのですが、医者、弁護士、税理士などと違い、特に資格がなければ出来ない仕事は存在しません。
ですから、FPの仕事をするとしても特に必要ないです。

大切なのは、「勉強する」ということです。なぜ勉強しなきゃいけないんだ!?という声ガトンできそうですが、
もし、現状や将来に不安があるのなら、お金の超基礎的な知識は抑えておいたほうがいいからです。
興味がある、ない、にかかわらず、必要になることは多いので、まずは、自分のこれからの生活に必要になる可能性のある、この資格は取っておいても損はない・・・

と、私は思います。国家資格の勉強をしながら、自分の家計や将来の不安が払拭できるなんてよくないですか?って。

もしかして、自分だけでなく、おともだちから相談を受けることもあるかもしれませんし、もしかすると、起業することだって出来てしまうかもしれません。実はこれなら、体がムリ効かなくなった引退後も生かせるかもしれませんしね。

勉強をしながら、実践(自分を改善する)

とはいっても、お金のことは難しそう・・・これ、みんなが言う言葉です。
でも、です。自分のお金の問題や将来の夢をかなえる方法をまずは実践で、自分でやってみたり、自分に当てはめて調べてみたりしたら、まさに一石二鳥ではありませんか?

実は、私も保険会社に入社後、資格を取得しました。当時は、まったく「専門用語」がはいってこないんです。

「なんかはいってこないだよな~」

がうまく勉強が進まない言い訳でした(笑)

それで何をしたかというと、最初は、難しい言葉を覚える前に、こんな質問をしました。
「で、結局どういうことなの?」って。自分にですよ。

自分に当てはめて、自分に当てはまらなければ、家族、それもいなければ親戚とか友達とか、または、架空の人(ドラマの登場人物とか)なんとなく理解するようにしました。

なるほど、こういうことなのね・・・と言うように鳴っていきましたよね。
(今年中にFPの勉強したいけどはいってこない人向けに動画作っていますから、待っていてくださいね(^o^))

まずは自分を改善するだけで、節約とか貯金とか資産形成とか、もしかしたら、「親の相続対策」まで改善してしまうかも・・・ただ、人の意見も大切なので、プロもたまには使ってあげてもいいと思いますよ(汗)

FPの資格って実際どうなんですか?

こんな質問もよくもらいますが、はっきり言って不要なことは殆ど無いです。お金の話は幅が広すぎて、かなり絞り込まれた内容です。ただ幅広い人に通用する常識の問題ばかりなので、すべてを必要としない方は大勢いることも頭に入れておいたほうが良いです。

  • これからなにかをしたい
  • このままでは終わりたくない
  • プラスの収入源も欲しい
  • もっと家計を効率的にしていきたい
  • まずは勉強しておきたい

こんな考えがあるのなら、まずは基礎を磨いておいてもいいと思います。

問題の勉強ですが、試験勉強というスタイルでやっていると、かなりきついです。知らない用語も出てきますし、いまや死後の用語もなかにはあったりはします。(そんなに多くはないですが)

あくまで、これからの人生の中の選択肢を増やすために情報を収集し、資格も持って置こう
くらいで勉強したらいいと思います。

FPの資格の範囲・何が学べる?

試験は6つの科目から成り立っています。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

すべて必要な項目です。コレを知っているだけで、かなり知識は膨れ上がっていますよ。
ただ、たまにお会いする方の中で、「私もFPの資格もってるんですよ~」

って言う人います。持ってるだけじゃダメです。自分を磨き、良くするためのモノ、にしてほしいなって思います。

選択の幅が広がります

ファイナンシャルプランナーというと、大抵が、

保険・不動産を扱っている人や銀行員が多いです。中には行政書士や税理士の先生などもたまにいます。
私自身は本業FPですが、相談料をいただき、商品の仲介も希望するならします。

相談料や商品の仲介や紹介だけで収入を得る人が多いです。

「私には無理そう・・・」そう思う方が多いかもしれませんが、決してそんなにハードルが高い訳ではありません。

きっとそう思う方の殆どが

  • 何か商品を営業しなきゃいけないのならムリ・・・
  • ちゃんと専門知識を話せないのではないか・・・
  • 今の仕事以外は想像がつかない。。。

そう思うのではありませんか?

私自身はちなみにですが、、、

  • 営業もしません
  • 専門知識も話しません
  • 前職はコンビニの相談員です

そもそも売り込まれて買うって、だれでも嫌なことですし、(私は売り込まれて買ったものは過去に一つもありません)
専門知識話したら、相手が理解しませんし、ガッチリ金融マンです!みたいな人、警戒しちゃいませんか?

自分で実践して、一つの流れをつくるだけ、私はそう思います。実際にうまくいっている人の殆どは、自分やお客様が体験してよかったこと、失敗したことをシェアしていることが多いですからね。

商品とか解決策はその次、だからそんなに構えることはないです。

ちなみに、平日は仕事をして、休みの土日のどちらかを数時間相談の時間にしている方や主婦の方で空き時間で仕事にしてしまう人も多くいますから、あなたにチャンスがないこともないです。

FPの資格が難しいと思うのは、プロが悪い!

いかがでしたか?
FPの勉強はとても難しく感じる人は多いですが、そんなに難しいことはありません。

難しいからこの参考書買ったほうがいいですよとか、通って勉強した方がいいですよ、って教材を売る側としては、言ったほうが売れるでしょうしね。

いかに実践しやすい勉強をするか?です。

噛み砕いた内容を聞くだけで、読むだけで、参考書や問題集の解説がスルスル入ってくるそんな方法があったらいいな、そう思っている方がいるなら、下記のプレゼントをダウンロードしておいて下さい。

資格取得法やFP起業法を公開していますので、よろしければ受け取ってくださいね!
今まで公開してこなかったFP資格取得勉強法を短期間でお届けします。

プレゼントのダウンロードはこちら

ここまで読んでくれてありがとうございます。