通帳記帳のタイミングで金運が変化!?

image_printページを印刷する

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

ある記事を見つけました。

こういう記事です。

なるほど~って思えることがたくさんあったので、少しご紹介します。
以下抜粋

● 通帳記帳は「増えてる感」のある給料日に

 銀行の通帳、どのタイミングで記帳していますか? 公共料金やクレジットカードの引き落としがあった直後に記帳していませんか?

 通帳の記帳は、入金があった直後、つまりお金が増えているときにするのが基本です。お金は「増えていく」という感覚が好きなので、お金が「増えている」ときに記帳すると、お金自身も「増えてる!」と感じて、ますます増えやすくなるのです。

 逆に「減っている」ときに記帳すると、お金は仲間が減っていくように感じ、自分も早く逃げていこうとします。ですから、ATMでお金を引き出すときは、通帳には記帳しないようにしましょう。引き落としの直後に預金残高がいくらあるかチェックしたい、というときも、記帳ではなく残高照会で確認を。そして、給料日など確実にお金が「増えている」タイミングでまとめて記帳するように習慣づけましょう。

 なお、貯蓄用の口座は、「ほったらかしにしたまましばらく忘れていたから、たまには記帳しておこうかな」というくらいがベスト。お金は束縛を嫌うので、あまりしつこくチェックするより、放任気味なほうがいいのです。残高を気にしてしょっちゅう記帳していると、かえって貯まりにくくなるので注意しましょう。

● 金運がよくなる通帳のしまい方、捨て方

 通帳をしまっておく場所も大切です。通帳は、財布と同じように寝室の北側の暗い場所にしまいます。そのままでもいいですが、より金運を上げたいなら、シルクの布に包んでおきましょう。布の色は白、パステルイエロー、ピンク、ライラックのいずれかがおすすめです。

 そして、使用済みの通帳は、いつまでもとっておかずにさっさと処分を。通帳を捨てるときは、細かく切るかシュレッダーにかけたうえで、可燃ゴミとして捨てましょう。

 また、なぜかお金のたまらない口座、残高がほとんどなく出し入れもしていない「幽霊口座」は、この機会に解約を。金運の悪い口座の通帳は、解約後に通帳の最終ページに縦にハサミを入れ、悪い金運をリセットしてからシュレッダーにかけましょう。

財布に10000円をいれておくなら、1万円札ではなく1000円札10枚にした方がいいとか
色んな話を聞き、科学的根拠は特にないと思いますが、

お金だって居心地のいいところにいたいですからね。

ぜひご参考に!