法人・事業主(手取り最大化)

オーナー社長が支出を削減して発展資金を作る方法

投稿日:

オーナー社長が支出を劇的に削減して発展資金を作る方法
があります。

文章が硬いですが、実績を書いているだけなのでご容赦下さい・・・

<条件>

  • 社会保険に加入している
  • 法人であること
  • オーナー企業だと効果を発揮しやすい

コレだけです。
※これから社会保険に加入しようとしている人にも効果的です。
※個人事業主の方は別途国民健康保険を削減する方法もあります。

ちなみに、
法人をお持ちなら、社会保険には加入が義務付けられていますが、
加入していない会社も多いようです。

 

<期待できる効果>

  • 法人と個人の支出を1円も変えること無く社会保険料を劇的に削減することが出来ます。
  • このスキームを用いることで、さらに、出費を削減することが出来ます。

以上です。

あまりにシンプル過ぎて

怪しいな・・・

 

そんな感想をお持ちになられたあなた!

 

メリットを確認して下さい。

メリット|決算期に関係なしで導入できる
→ 決算月などに影響されず、すぐにでも実行可能なスキームです。

メリット|面倒な手続きは不要である
→ 面倒な手続きは不要です。賃金台帳の記載方法を変更するだけです。

メリット|財務状況は関係なし
→ 黒字でも赤字でも財務状況に関係なく効果の出るスキームです。

メリット|合法プランである
→ コンプライアンスに抵触する違法・脱法スキームではございません。

メリット|オーナー企業に大きな経済メリットを提供できる
→ 小規模零細企業でも数年で8桁の手元キャッシュ増加が可能です。

メリット|法人と個人の支出は1円も変えず実現可能である
→ 導入にあたっては法人・個人ともに1円もキャッシュアウトすることなく実行可能です。

コレにプラスして、
日本人の8割が生涯支出1000万円以上支払う支出も削減することが出来てしまいます。
(2割の人には効果がないかもしれませんが・・・)

社会保険料を削減したある事例

 

以下は報酬別・社会保険料額の一例です。結局、オーナー社長は法人負担分も自分のサイフから払っているのと同義ですから、ここには法人負担分の社会保険料も含まれています。 ご覧のとおり、報酬に比例して社会保険料も高額になっていきます。ここに個人の所得税と住民税が加えたものが“手取り”と考えると、「稼いでもお金が残らない」という理由が見えてくるのではないでしょうか。

報酬別・社会保険料額
年間社会保険料 600万円 900万円 1,200万円
約176.2万円 約236.5万円 約268.4万円

※東京都協会けんぽの場合/介護保険料を含めた場合で計算

次に2人のオーナー社長のケースを見てみましょう。2人は東京で事業を営むオーナー経営者で、売上も同程度、年齢も同じ、年収も同じでした。ところが、ひとつだけ違っている点があったのです。 それが社会保険料です。A社長は約268.4万円の負担。B社長は約176.2万円の負担だったのです。

社会保険 A社長 B社長
年齢 45歳 45歳
性別 男性 男性
業種 製造業 製造業
会社所在地 東京都 東京都
年収 1,200万円 1,200万円
年間社会保険料 約268.4万円 約176.2万円

ご覧のとおり、法人負担を含めてA社長とB社長の社会保険料は「約92万円」も違います。社会保険料以外はA社長もB社長も同じ条件なのに社会保険料だけ大きな差が出ています。

「なぜこれほどまで差が出るのか?」

それはB社長が私どもの『社会保険料劇的削減スキーム』を実行したからです。もちろん、A社長もこのスキームを実行するとB社長のように「約92万円」の保険料を削減できます。ここでのケースでいうと、年収を変えたわけでも、社長を退任したわけでもありません。経営環境や法律が変わったわけでも、売上が伸びたわけでもありません。しかし、これだけの差がでるのです。

 

このスキームを取り入れた人だけ得られるメリット

個人の家計相談で劇的に支出を削減し、手取りキャッシュを増やすスキームがあります。
それをここに取り入れただけです。

殆どのファイナンシャルプランナーはコレをやりませんが、かなりの確率で効果が出ます。

どんな効果か?

これは、法人支出も個人支出も削減し、手取りキャッシュを増加させるスキームです。

支出を1000万円単位で削減し、手取りキャッシュを2000万円手に入る・・・
なんていう事例はザラなのですが、

少しは興味ありますか?

別記事で詳しく書いていきたいのですが、秘匿性の高いことになるため、
こちらでこっそり聞いてほしいです。

まずは、

こちらかメールまたは電話で社保削減詳細
とかいてご連絡下さい

 

ご連絡はこちらから

ご連絡には、ご連絡にはFacebookメッセンジャーへの登録が必要です。
Facebookをやっている方は登録は不要です。
Facebookに登録する必要はありません。
Facebookメッセンジャーへの登録方法はこちら

特に、売り込み等はありませんのでご安心下さい。
同業者の方はその旨お伝え下さい。
※同業者:FP、金融商品を取扱う方

 

 

 



















-法人・事業主(手取り最大化)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クオリティを変えずに支出を減らす簡単な方法

ファイナンシャル・アドバイザーの阿久津和宏です。ここでは、家計削減にも、企業の経費削減にもどちらにも共通する「ランニングコスト」の削減のお話をしたいと思います。 つまり、社長は会社と自宅のランニングコ …

『手取り最大化手法』社会保険料削減スキーム小冊子無料進呈!

INDEX1 『手取り最大化手法』社会保険料削減スキーム小冊子無料進呈!2 なぜ2人の社長はこんなに保険料が違うのか?3 無料小冊子を手に入れるのは簡単です!4 社会保険に加入していない経営者、個人事 …

法人と個人の支出を1円も変えずに社会保険料だけ劇的に削減する方法

社会保険料の負担で悩む経営者必見です! 法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを 「ガツン」と削減できるまだ誰も知らない 【社会保険料削減方法】を、あなたにお教えします。   はじめ …

no image

起業するからこそ貯金を始める!

こんにちは、 子育て世代の家計応援コンサルタント 阿久津和宏です。 以前からの知り合いの女性起業家さん のお話です、 私にお金の相談ではなく、まだ始めたばかりで どうしたらいいかわからないんですけど~ …

中小企業の社長のお金が残らない理由と対策

中小企業のオーナー社長と面談する機会がありますが、皆さん言うことが   ・稼いでもお金が残らない・・・ ・1件の売上が、社会保険料と税金で終わってしまう・・・ ・働けけど楽にならない・・・ …

 

 

(平日10時~18時)

050-3707-3507
info@fp-1.info