ガソリンの値段はなんでよく変わるの?

image_printページを印刷する

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

ガソリンの値段ってなんでよく変わるの?

って子供に聞かれました。

何人かに聞いたのですが、

半分くらいの人が「え?なんで?」

って言っていたので、
基礎知識ということで、まとめました。

と言っても
すごく単純です。

突き詰めれば複雑になるかもしれませんが、

すごく簡単です。

ガソリンの値段は、
次の2つの値段で決まっています。

それは、

  • 原油の取引の値段
  • ドルー円

少しだけ説明します。

<原油の取引の値段>

原油の取引の値段は、
1バーレルあたりの金額で取引されます。

こんな感じで・・・

9月4日の終値=47.41という数字の単位は、
「ドル」です。

原油は、ドルで取引され、しかも毎日変わっているということです。

<ドルー円も変わります>

ドルー円って何?という人もいるかもしれませんが、
ドルを円に換算する金額のことですね。

1ドルを円に換算する金額も毎日変化します。
下記のように。。。

このように変化します。

ちょっとわかりにくいですが、
スーパーなどのお店では、
人気のないものは安くしないと売れない・・・

人気のある者は、高くしても売れる・・・・

この繰り返しをドルと円で行っているということですね。

<まとめ>

このように、
ガソリンの値段が毎日変わるのは、
ガソリンの取引の値段とドルー円の金額が変わることから

ガソリンの値段が変わるということですね。

ちなみに、ガソリン価格の推移は下記のようになります。

<ガソリン価格の推移>

基礎知識なので、知らなかった方は覚えておいてもいいと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます!