サラリーマンが月1万円の手取りを増やす方法

image_printページを印刷する

<サラリーマンが月1万円の手取りを増やす方法>

コレは「稼ぐ」系の話ではありません。

至極まっとうかつ、制度的な話です。

ここに、貯蓄や投資スキルを加えればもっと、ということになりますが、

大本のお話、

サラリーマンが月1万円の手取りを増やす方法

をお話していきたいと思います。

「手取り」

と聞いて何のことを言っているのかわからない、と言われそうですので、

まずは手取りとはどういうことか?

をお話します。

給料が入りますが、

よく

「額面」と「手取り」というお話をしますが、そのお話です。

「給与支給総額」を額面、と読んだりしますが、そこから、

「所得税」「住民税」「社会保険料」などを差し引かれ、

あなたの銀行に振り込まれていると思います。

この手取りのことですね。

どうやって手取りが増えるのか?といえば

・給料が上がる

・所得税が減る

・住民税が減る

・社会保険料が減る

のどれか、ということになります。

コレを体感できるのは、

年末調整や確定申告で税金の還付を受けた時かもしれませんが、

実はそのタイミングで色々知っているか知らないかで得もすれば損もします。

サラリーマンもOLも確定申告で税金を還付することが出来たり、翌年の住民税を減らすことだって出来てしまうわけなんです。

例えば、ですが、

住宅ローン減税

とか聞いたことありますか?

住宅ローンを一定の要件で組んでいる人は所得税を一定額お得にしますよ、

というやつです。

みなさんが身近なところでは

「生命保険料控除」

コレは生命保険の一定金額を所得から控除し、まあ、税金を軽減しますよ、と言うものです。年末調整でコレを申告することで、12月の給料がちょっと調整されて増えたりする事があるのは、こういうことなのですが、、、

それ以外にもたくさんあるんですよね。

よく聞く話から行くと、

「医療費控除」

年間10万円以上の医療費がある場合は(保険等で受け取ったものを差し引いて)

所得控除といって所得から引くことができる(つまり税金が安くなる)制度です。

「雑損控除」

何ていうのもあります。災害などで損害が合った場合、やはり損害分を所得から引くことが出来て、税金が軽減されたりします。

コレは結構申告したら良かったのに・・・

という人過去にもたくさんいますが、5年間は追加で申告でき、還付も受けることが出来たりします。

あ、さっきから還付と言っていますが、コレは

税金を戻してもらう、という意味です。

で、実はもっとも効果的なことがあるんです。

それが、

「小規模企業共済等掛け金控除」

と言うものです。

え?私に関係あるの?

そんなふうに思う方のほうが多いかもしれませんが、

実はあるんです。

でも、

殆どの人が知らない制度です。もっとも、この記事を読んでいる意識の高い方はそうでもないかもしれませんが・・・

確定拠出年金(iDeCo)

などが身近です。

この掛け金をすべて所得控除出来、払った分を所得から引いて税金を軽減できたりします。

会社で「選択型」という方で準備されている方は、なんとこの制度を利用すると「社会保険料」まで安くなったりするので、手取り倍増です。

例えば年収が500万円くらいの奥さんとお子様がいるご家庭ですと、

月5万円確定拠出年金で積立をした人と、自分で銀行などで積立をした場合、

運用益はプラスでもマイナスでもないと仮定した場合、

確定拠出年金で積立した人の場合、約10万円手取りが増える計算です。

すごくないですか?

なぜかといえば、

払った掛け金がすべて所得から引かれるからです。

「投資信託」で増やすとか、「年金保険がいい」とか色々な話をするFPがいますが、

実はこういう制度を使うと更にいいこともある、

というお話です。

是非調べてもらったらいいと思うのですが、

バランス第一です。

是非参考してもらえたらと思います。

詳しくはこちらでも学ぶことが出来ますので、よろしければどうぞ!

それでは今日はここまで!