【役員節税】セーフティ共済VS選択制確定拠出年金

埼玉県熊谷市のファイナンシャル・アドバイザー阿久津和宏です。

今日は、法人の節税のオハナシをしたいと思います。

テーマは、

セーフティ共済VS選択制確定拠出年金

「経営セーフティ共済って?」「選択制確定拠出年金って?」「どっちが節税できるか?」「受取り方の違いは?」「どうしたら手取りが増えるのか?」

というオハナシをしていきたいと思います。

経営セーフティ共済とは?

ご存じの方も多いと思いますが、

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)は、取引先事業者が倒産した際に、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防ぐための制度です。
無担保・無保証人で掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで借入れでき、掛金は損金または必要経費に算入できる税制優遇も受けられます。

<経営セーフティ共済HPより>

と同時に、

経営セーフティ共済の安心の4つのポイント

ポイント1 無担保・無保証人で、掛金の10倍まで借入れ可能

共済金の借入れは、無担保・無保証人で受けられます。共済金貸付額の上限は「回収困難となった売掛金債権等の額」か「納付された掛金総額の10倍(最高8,000万円)」の、いずれか少ないほうの金額となります。

ポイント2 取引先が倒産後、すぐに借入れできる

取引先の事業者が倒産し、売掛金などの回収が困難になったときは、その事業者との取引の確認が済み次第、すぐに借り入れることができます。

ポイント3 掛金の税制優遇で高い節税効果

掛金月額は5,000円~20万円まで自由に選べ、増額・減額できます。また確定申告の際、掛金を損金(法人の場合)、または必要経費(個人事業主の場合)に算入できるので、節税効果があります。

ポイント4 解約手当金が受けとれる

共済契約を解約された場合は、解約手当金を受け取れます。自己都合の解約であっても、掛金を12か月以上納めていれば掛金総額の8割以上が戻り、40か月以上納めていれば、掛金全額が戻ります(12か月未満は掛け捨てとなります)。

<経営セーフティ共済HPより>

HPより抜粋ばかりで申し訳ないのですが、こちらでご確認ください。

ちなみに、デメリットと見るかメリットと見るかは状況によって違うかもしれませんが、

セーフティ共済を解約した場合は、「収入」となります。受け取るときは課税分が増加する可能性も有るということがありますので注意すべき場合もあります。

選択制確定拠出年金とは?

簡単に言いますと、
従業員さんが、給料の一部を現金で受け取るか?確定拠出年金の掛金とするか?を選べる制度ですが、これは、「従業員さんのオハナシ」。(会社は社会保険料の削減ができる可能性が高まり、従業員さんは社会保険料と所得税・住民税が減って手取りが増えるなどのメリットを受けられるかもしれないという良いお話があります)

この制度は役員は使えないのかというと、そうではなくてちゃんと使えますが、「選択制」としては使えません。

役員1人55,000円まで役員報酬とは別に、「会社のお金で(会社の経費)」で拠出することができます。

セーフティ共済と同じように節税効果があります。

残念なのは55,000円までという縛りですが、

「ご主人」「奥様」「お父さん」「お母さん」「息子」などの典型的な家族経営ですと、

55,000円✕5人=275,000円/月(年間330万円)

つまり『330万円✕法人税率』分の節税になるのです。

頭数次第というところはありますが・・・・(汗)

受け取るときのお話ですが、

「退職所得」として扱われます。通常の退職所得は勤続年数がポイントとなりますが、

これは、「勤続年数」を「掛金を拠出した年数」に変えて計算します。

細かいことを飛ばしてハナシますと、セーフティ共済に比べると、
有利な税制で受け取れる可能性が高いということが言えるでしょう。

しかしデメリットと言えるかどうか、コレも状況によると思われますが、
「60歳までかけたお金を引き出すことができません」

資金繰り対策には不向きです。

しかしながら、社長が個人型確定拠出年金を始めようとすると通常の掛金の上限は、月額23,000円までです。

会社の経費で、将来の手元に残すお金を作りつつ、節税になるという意味では「生命保険が節税しにくくなってしまった今」見逃せないというお声も多いです。

どうしたら手取りを増やせるのか?

手元に残るお金、困ったときのお金は違う種類のお金と言えると思います。バランスが大事ということは言うまでもないでしょう。

でも、確定拠出年金も、セーフティ共済も掛金を変更することはできます。

このバランスを意識しながらやる上では特に、小規模の会社を経営する社長にとってはメリットがあるといえるでしょう。

是非参考にしてみてください。

選択制確定拠出年金で会社の発展資金づくりと社会保険料削減の無料診断を行っております。ご興味ございましたらぜひご連絡ください。

全国対応・skype・電話もOKです。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせいただいた方には、

「法人と個人の支出を1円も変えずに社会保険料だけ劇的に削減する方法」

の小冊子を無料進呈(各種ツール付き)いたしますので、この機会にお問い合わせください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。