支出を変えずに社会保険料の減らし方アドバイスします 無料診断結果と対策をビデオチャット等での解説!

生命保険料の減らし方(動画あり)

こんにちは
ファイナンシャルアドバイザーで行政書士の阿久津和宏です

この動画では生命保険料の減らし方というお話をしていきたいと思います

今家計を見直す

タイミングの方が非常に多かったり

あるいは会社のですね

資金繰りこれをですね

どうしてこうかと

いうことで

別の動画でですね

今の例えば生命保険の活用方法を見たいな

話をしているのがあるんですけれども

ここでは個人でも

会社でもどんな風にしたらいいのか

みたいな簡単な方法ということで

お話をしていきたいと思います

まずですね

私のところに

ご相談頂く方の大体
9割以上はですね

生命保険料をお得にして対応して頂いてる

こんなが実績っていうかはあるんですけれども

保険料の減らし方という意味でですね言うと

実はまあの商品を比較するとか

それほど重要ではなかったりします

がここにプラスしてやることによって

多少は良い効果もあると思います

またですね同じ商品
っていうのがないんですよね

例えばA社とB社って言うと

同じような商品ででも多少

内容に違いがあるというところもあるので

一概言えるわけではないですが
参考になればということで

動画を撮ってますの

こんなこんな考え方でやってみたら

いかがでしょうかみたいなですね

お話ということで

お聞きいただければと思います

ご注意くださいというところから

スタートしますね

これから話すアイデアは自己責任です

ご対応ください

提出必要保障額などが適正である

という前提でお話をしています

またですね先ほど申し上げましたが

各社生命保険会社等によって

内容というのはあ違ったりしますしですね例え

ば外貨建ての保険なども今ありますが

為替リスクなどですねそこを加味した形

でお話をしていませんので

そこはご留意いただければと思います

はいではですね

お話ししていきたいと思います

まず一つ目貯金を保険化
するって言う
お話ですが

貯金がないっていうのはあれなんですけれど

貯金が多少あって

しばらく動かしたくないんだとゆう
お金を保険という所に若干ですね

入れ込むことで保険料が安くなるという話です

具体的にどういうことかというと

例えば一時払いの終身保険一時払いの年金保険

その他一括投資に貯蓄の一部を預ける

というお話です

これはのどういうことかという

と貯金で置いておくと

仮に人がお亡くなりになるとですね

これは家族にすぐに支払われるのではなく

遺産分割ということをしなければ

いけなかったりします

受け取るスピードをこれを
遅くなってくるわけなんですよね

そういったこともあったりなかったり

というところで

これは保険料に
ここはですね

保険料を安くする

という話だけでやってますので

その点はちょっと別と考えていただいて

まず一時払い終身保険一時払い

年金保険などに預けることによって

ですね

保険のうち貯蓄の一部は

付けることによって

保険料を安くしようというアイデアです

ポイントはどういうことかと言うと

貯金が死亡保険金に変わる

ということになります

会社を預けることによってなので

すんなりとですね

保険金を受け取ることができるようになる

とそれから生命保険という仕組みを活用すると

例えば500万円というお金をですね

一時払い終身保険に預けますと

500万円という保障
になるわけではありません

だいたい年齢にもよるので

一概には言えないのですが
高齢でない限りですね

500万円よりは大きな保障となります

そうするとどういう事かと言うと

現金で持っているよりもですね

いなくなった時のことを考えますと

多くの死亡保険金を手にすることができます

またですね

一時払い終身保険年金保険というのは

ある程度の運用

と言うかあるので

一定期間内は

もし解約すると損をする可能性がありますが

まあ一定期間超えますとですね

今の直近で持ってるよりも

有利になる可能性もあるということですね

また保障が同じでいいなら

現状の保険を減額するできるため
つまり保険ですね

例えば500万円の保障が

これで手に入ったとするならば

500万円分は今の保険をですね

やめていいわけなので

そうすることによって

保険料は削減することができます

ということになります

それから毎月の積立額の一部

を保険化するということです

(保険のみに)積立してくというのは

結構リスクがありまして

保険というのは

早期に解約しますとですね

大きく保険料を下回る可能性が高いです

解約金がですね

ですので

一部という風に記載しています

終身保険や養老保険などにですね

貯蓄額の一部を変更するということによって

貯金が死亡保険金に変わります

例えば1万円の保険料でもですね

何百万何千万という

保険金に保険死亡保険金の保険ですね

変わることがあります

積立しながら死亡保障を確保できます

保険が同じでいいなら

現状の保険を減額できるため

保険料が削減できますいうことになります

つまりですね

掛け捨ての保険などの

無駄な部分を省くことができますよ

みたいなですねお話になるかと思いますが

その続きで保障とリターンっていうことなんですけど

これは保険会社やどのような方法を選ぶ

のかによってですね

だいぶ変化があるということを

まずわかっていただいた上で

まあこんな感じですよ

というような子ね

お話をしておきたいと思います

例えば40歳男性保障額

外貨に限定しちゃってますけど

50万ドル大体

今で言うとご5400万円ぐらいです

かっていう形で

払込期間20年と設定する

そうすると例えば月払保険料

570どるぐらいで

行ける場合もあります祝いですね

25年後の返戻率307%

これ保証してるわけではないので

保証ギリギリの部分っていう
ところで言うとですね

ちょっと上回るかなぐらいですか

月払保険料に都会ですけど

1182どる位で、25年後ご年後の返戻率

だいたい現行利率で行くと

120%くらい、保証

ということで言っと

大体110%くらい・・・

こんな感じになります

ま保証というとこで言えばですね

保証されてる部分っていうことで

保険で保証があったりするよね

ないものもありますけれど

これはの返戻率というのは

解約した場合の受取額ですね

この50万ドル
というのは死んだ

場合の受取額です

ということで

長い期間この20年うことであれば

積立をしていますと

このような結果を得ることができたりします

ですので長い時間でもですね

ちゃんとこれを続けていける

ということであれば

まあこれをこういう方法使う

ことも一つの方法でしょうということで

コチラに記載しています

まぁ貯金額の全部っていうのは

ちょっと厳しいかなと思いますので

やらないほうがいいかなと

キャッシュフロー的にですね

何があるか分かりませんのでですので

そこはライフプランとやかけ

というところですねと

バランスをもって対応して

みたらいいかと思います

でも続いて

今は個人向けの話ですけれども

事業主っていうところですね

事業主の全額損金

プランとかいたんですけれども

イメージとして捉えていただければ良いです

全額損金で保障と老後の年金が確保できる

こともあるということです今ですね

あの保険の部分ですね

非常に変率が低くなっていたり

あとは税制的にもですね

若干不利なってるケースがありますが

こういう方法もありますってことです

貯金が死亡保険金に変わります

これは今まで話したの

別に立ちながら死亡保障

を確保することができます

保険が同じでいいなら

現状保険を減額できる

ため、削減できます

これもですね同じことです

そして社会保険料が削減できます

受け取り時の課税もゆうりになります、

給与扱いのですね保険

ということになります

今この続きで、保証とリターンということで

仮に四十歳男性6450万円

これはまああの本当に一例ですので

この通りになるとか

そういうことではなの年齢や

性別によって違います

払込期間20年で、月払い保険料が

料が約10万円で20年後の返戻率はちじゅー

89.3%

ぱーせんとへたですねこれで行きます

実質返戻率と書いてるんですけれども

まあ細かくは

別のところでお話をしているのですが

社会保険料がですね削減できる効果があります
(そういう設計にすることができます)

ですのでそれを考えると

122.7%と

ということになります

先程お話したですね

ドルやとかのやり方と行っ

たところをやることによってですね

手元にお金を残す可能性も増えてくる

というところです

こうやって保険って見直してくとですね

結構今までと全然違った方法に

なることが多いです

それからですね

医療保険を見直すって事で保障内容

これですね医療保険ほどですね

保険会社によって

特色が違ったりするものはないかな

と思いますが

見直したり確認してみましょうここはですね

同じ保障だったら

トータルの保険料と月払いの保険料の

バランスっていうところになります

今多くの方がですね

全期払いつまり終身払いですね

払ってる限り保障が続きますと言うですね。

そういう保険に加入されてる方が

多いんじゃないかなと思います

通販とかで入られてる方は

ほとんどそのパターンだと思うんですけど

そうしますと

ですね高齢化の中

何でトータルの保険料っていうことで言うと

結構大きくなります

ただ月払いの保険料は非常に安いので

それぐらいだったら

ずっと続けられるかなみたいな雰囲気で

やられてると思います

ポイントとしては終身払いなのか

短期払いなのかまぁ払込期間決まっ

てるってやつですね

短期払いというのは

10年とか15年とか20年とか

年とかさんじゅー年だしね

月払いの保険料比較すると

終身払いの方が安くなりやすいです

トータルの保険料で

言っと短期払いの方が高くて

終身払いの方がお店

終身払いのが大きくから可能性が

ありますこれは

いつまで生きるか

とかっていう音にもよるんですけれども

ここは変化しやすいです

個人の方であれば

生命保険料控除

医療保険ほとんど保険料が安くなると思うので

生命保険料控除ということで言うならば

ですね短期払いの方が

税制のメリットは大きくなる可能性があり

医療保険に関したですね

ですので法人契約でやることによって

まあ全額損金できる可能性が高くなるので

そういう考え方

短期払いで法人契約は

こういう風にやるとです

メリットも大きくなるかなと思います

ただここはですね

キャッシュフローをつまり

月々もしくは年間で払ってお金かどうか

ここはですね

確認しておいた方が良くて

今途中で解約するぐらいだったら

やらないほうがいい

というのが

短期払いということになります

税制メリットとか

あと会社のお金を使って

最終的にですね

社長に移転していくという意味では

やりやすい方法ということで

こちらは個人事業主の方も十分ですねえ

対応できる範囲なります

そちらを検討されたい

方はですねご相談いただければと思います

あと医療保険もですね

全部掛け捨てだから

もったいないよねっていう考え方を

お持ちの方も

中にはいらっしゃると思いますので

この話入れときました

医療保険は全部戻ってくるものもある

ということでおそらく数は少ないですけれど

もあるこの戻ってきますっていう

医療保険もですね

いくつかタイプがあるかなと思うんですが

まあ基本的にはですね

払込終了後払込保険料相当額が戻ってくる

デメリットとしてはですね

解約途中払ってる途中で解約してしまうと

ですね

保険もなくなるし

それからこの全部戻ってくるって言う

権利も失うしということで

家戻ってくるお金は激減します

ただですねこれは相続対策などには

活用しやすいです

それから別動画で話した契約パターンで

みなし相続財産にもする契約パターンであれば

あらそういう風にすることも可能といえば

可能ですそうしないあのお金が

あの毎月の積立の中の一部をですね

ここに置いとくみたいな

感じでどっちかってと

医療保険はちゃんとし

とくっていう感覚で

使われる方は少ないかと思いますが

トータルのキャッシュフローということで言えば

ですねは良くしやすいかもしれません

こういうところですね

あの全体バランスが重要だと思います

最後ですね

バランスだとかトータルだとかって

話をしたんですが

全体としてですね

考えていくと良いです

貯蓄それから保険それから投資へ

こういう形ですね

お金を出してくとするならば

ここのをバランスをちゃんとしてあげると

良いです

トータル的に考えていく必要がある

というところになります

トータル

確認してみたい方

もしよろしければご連絡ください

またですねこれは参考にしていただいて

何か参考になる点があればご活用

いただければと思います

はいここまでご覧いただきまして

ありがとうございます

今日は生命保険料の減らし方

ということと

活用方法の一部の話を

ですねさせていただきました

ザックリとした内容だったかと思うんですが

今ここ事情が違うのでその点はですね

ご了承いただければ

と思いますIAここまでご覧いただきまして

ありがとうございます

それではまた次の動画でお会いしましょう

ありがとうございました

fp-fp