Gmailから時間を指定してメールを送信する方法

Gmailから時間を指定してメールを送信する方法

備忘録としての意味合いが強いですので、もしかしたら伝えるという感覚よりかは、手順書的な雰囲気になっているかもしれませんが、、、そのあたりは大目に見てもらえればと思います。

 

GoogleChromeのブラウザでの方法

ここでは、Chromeを使った方法です。
スマホなどで予定送信したい場合は、いくつかアプリがあるようですので、検索すればすぐに出てきます。

「gmail 時間指定 アプリ」

 

ここでは、GoogleChromeのアプリを使用します。

とっても簡単です。

 

gmailの時間を指定して送信するアプリとは?

Right Inbox for Gmail

というアプリを使います。こちらをクリックすると、

一番上をクリックすればいいですね。

右上の緑のボタンを押して追加します。(ここでは追加済みなので、追加済みと記載されています)

追加して、gmailを開くとこうなります。

gmailの実際の画面

Send Laterをクリックすると下記のような画面になります。
メール本文にも書いていますように、
At a specific time

をクリックすると時間を指定できます。

こんな風に・・・

↓↓↓

是非試してみてくださいね❗




エクセルで曜日を自動入力する方法

備忘録です。

手順のみ記載です。

  1. セルをクリック
  2. fxをクリック
  3. 関数の検索に、「WEEKDAY」と入力
  4. 「WEEKDAY」を選択して、OK
  5. シリアル値=曜日に変換したい日付のセルを選択
  6. OKすると、曜日が数字で表記されます。
  7. 次に左クリックで「セルの書式設定」
  8. 「数値」タブのユーザー設定をクリック
  9. 種類というところに「aaa」と入力
  10. 月~日の表記で記載。ちなみに、「aaaa」と入力すると「月曜日~日曜日」で記載されます。

 

 




エクセルで年齢を自動入力する方法(PC備忘録)

エクセルで、年齢を自動で計算して貰う方法

結構楽にできるので、備忘録として記録します。

目次

 

今日の日付を自動で入力する方法

セルをクリックします。

左上にある、『fx』というボタンをクリックします。
すべての関数から「TODAY」を探し、クリック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

enterを押してOK

 

 

 

こうなります。

 

年齢を自動計算する方法

 

 

 

 

「DATEIF」という関数を使います。

①DATEIFを選び、生年月日をクリック、「,」をつけて、本日の日付をクリックします。
②本日の日付を以下のように変えます。
 D2→$D$2

③その後に、”Y”を付け加えます。

コレで完了です。

 

項目を殖やし合い場合は、
「コピー&ペースト」でOK。

 

以上!




エラーが頻発するので初期化しました。(備忘録)

wordpressが積もり積もって、エラーが品ぱるするようになったので、

wordpressを初期化することにしました。

 

手順を備忘録としておさめておきます。

なにかのCSSをいじったところを機に

いろんなところが不具合を起こすようになりました。

記事を保存しようとすると、

○○/post.php

 

と表示され、画面は真っ白。
いろいろ調べながら改善に向かって履いたが、

どうしてもエラーは亡くならず、やむなく初期化することに。

 

手順

・データベースのバックアップ
wordpressの「ツール」→「エクスポート」
で試したが、ここでもエラーが出るため、

WPXクラウドの管理画面でバックアップ。

これで記事のバックアップは完了(メディアは結局不具合が生じたが・・・)

 

次にwordpressを初期化

削除、ではなく、初期化から簡単に初期化出来ました。

再インストール後、データベースの復元・プラグインを戻すなどの作業で完了。

 

エラーを改善するために色々尽くしている時間と比べれば遥かにさくっと終わってしまいました。

 

まあ、コレが一番だと思うので、今後もぐちゃぐちゃになるまえに、
ちゃんと直せるようになるのが一番いいですが、

簡単に初期化できることも体験できたので、

心配が減りました。

 

やらないとわからないですね。

 

 

ド素人の初期化日記、

でした。(笑)




Googleスプレッドシートをエクセルに変換する方法

Googleスプレッドシートをエクセルに変換する方法

最近では、Googleのオフィスみたいなやつを利用する人も増えていますが、
自分のPC上で使うには遅かったりします。

エクセルに変換する方法は下記の動画よりご確認下さい!

http://youtu.be/BayWG8WxQls



備忘録(目次から見出しへジャンプする方法)

目次

はじめに

記事内でジャンプするページってあるじゃないですか?
それ、今まですごく面倒な方法で覚えていました。

簡単でほとんど初心者でもできる方法を備忘録として、記事にしておきます!

どんなものかわからない方はこのページで試してみて下さい。

目次へ戻る

 

目次を作成します

どんな形でも問題ありません。

このページでは

  1. 目次
  2. はじめに
  3. 目次を作成します
  4. アンカーをつくる
  5. 練習してみよう!

コレで大丈夫です。特に、枠をつけたりデザインしてもしなくても、それは重要な事ではないので、木にしなくて大丈夫です。

 

この順番に書いていきましょう。

 

目次へ戻る

 

リンクを設定しましょう

ここでは、まだ目次の場所での作業です。

作成した目次の文字をドラッグし、リンクを設定します。

はじめに(目次に書いた項目)という文字をドラッグ

リンクを挿入します

ドラッグしたら次に、下のリンク挿入マークをクリック

 

#を頭につけて目印の文字を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント

・#をつけるのを忘れないこと
・#のあとは、自分の好きな英数字を入力する。

 

目次へ戻る

アンカーをつくる

飛ばす場所にもリンクみたいなものを入れる必要があります。
目次にリンクを設定して、勝手に飛んでくれたら楽なのですが、飛ぶ場所にも設定が必要ですが、
ここで使うのは「リンク」ではありません

「アンカー」を設定します。

目次から飛ばしたい場所をドラッグします。

アンカー

下の図の赤枠をクリックします。タップすると、アンカーと出ます。

 

クリックすると、下記のようになります。

 

 

 

 

 

 

IDに先ほどリンクの時に設定した英数字を入力します。その時に#は取り除くことを忘れないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

これで完成です!

 

目次へ戻る

 

練習してみよう

練習してみましょう。

わからないときは、目次に戻ってやってみましょう!

話す感じで書きましたが、備忘録でした。

 

ちなみに、これが勝手にできてしまうプラグインもありますが、ワタシ的にはコレがなんか簡単な気がします。

おすすめプラグイン:Table of contents

 




必要なメールを迷惑メールに入らなくする方法

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

 

昨年末からメルマガを書いているのですが、
アドレスを一度変えて送信したり、
配信スタンドのサーバーを使ったりしたら、
急にメールが届かなくなりました。

正確には、クリック率が異様に落ちました。

 

「届かないのですが、、、」

という問い合わせも

結構多くあったりして嬉しい話でもありますが、
届かないというのは困った話です。

メルマガはやっぱり厳しいかもしれませんね。

とはいっても、求めている方もいるので、
頑張っていこうと思います(笑)

私が悪いのですが、少しずつ改善したいのですが、
コレ(この記事で書くこと)をしてもらうのが一番と思い

これからLINE@やフェイスブック等で
お知らせしていこうと思います。

基本的には、gmailを使っている方であれば、
これで迷惑メールには入らなくなるはずです。

 

簡単ですが、「gmail」の方向けの手順を説明します。
(他の受取法でも似たような機能はあると思いますが、まずはここから)

 

受信メールを開いた状態です。
(迷惑メールフォルダから開いても同じ)

赤枠の▼をクリックして下さい

 

次の画面

次に赤枠の
「この検索条件でフィルタを作成」をクリックして下さい

 

「迷惑メールにしない」にチェックを入れる

または、「ラベルをつける」を選べばOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ラベルを付ける」方法

「ラベルをつける」をクリックし、「新しいラベル」を選択します。

(図が無くてすみません)

次にラベル名を記入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

作成をクリックすれば完了です。

 

是非この方法を活用して下さい。

 

お役に立ちましたでしょうか?

あ、そうそう、メルマガ登録はこちらからです。

3つの無料プレゼントはこちらから受け取れます

 

 

ちなみに、、、

ですが、たまに、配信解除しても配信が止まらないメルマガとかあります。
コレは違反ですが、迷惑メールに入れてもはいってきてしまうこともあります。
そういう場合は、
「メール振り分け設定」から
ゴミ箱に振り分ける設定にすることで、受信ボックスにも迷惑メールボックスにも入らなくなりますので、
よかったらお試しください!

 

 




Facebookの友達リクエスト方法(QRコード)

こんにちは。

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

恥ずかしながら、知らなかったことがありまして(汗)

名刺交換すると、
フェイスブックやってますか?

なんていう会話が良く聞かれますが
なかなか検索できないなんてことがあります。

昨日もそんな光景がありましたが
救世主が現れました笑

こんな画期的な方法があったんですね。
LINEとまるで同じです。

動画に備忘録としてまとめました。




ランディングページからヘッダーを消す方法

pc備忘録です。

当サイトは見ておわかりの通り、

ビズベクトルを使用しています。

 

固定ページを

ランディングページの設定にするとき

のへっだーも一緒に消して、

みやすくする方法を忘れないように、

書いておきます。

*万が一これをみた方は、ご参考にしてください!

 

CSSカスタマイズ画面より

.page-id-ページID #headerTop,
.page-id-ページID #header,
.page-id-ページID #gMenu { display:none; }

 

補足です。

ページidの調べ方

固定ページを編集画面に移動すると、

上のURLのなかに

Post=数字

が書かれていて、その数字の場所になります。

 

ググってみればすぐにでてきます。

 

よかったら参考いいしてみてください!

 




1カラム・サイドバーなしにする(ビズベクトル)

備忘録として記載しています。

 

ビズベクトルで1カラムの固定ページを作る方法。

(単独で固定ページのサイドバーを消す、方法は2個めです)

 

1カラムのランディングページを作る

ために必要なことは

たったのコレだけ。

 

テンプレートをサイドバーなし

または、

No sidebar

にするだけ。

 

 

 

 

単独で固定ページのサイドバーを消す、方法

途中で、サイドバーを消す方法なども出てきた。

ちなみにコレ。

/* サイドバーを非表示に */
.page-id-2112 #main #container #sideTower {
display:none;
}

サイドバーをなくすだけだと、幅は変わらないので、上記の方法が最も良いということがわかりました。

 

 

ヘッダーなしにもできるらしい

/*1カラムヘッダー部なし*/
.page-template-page-onecolumn #headerTop,
.page-template-page-onecolumn #header{
display:none;
}

 

パンくずリストすら消せるらしい。

パンくずリストはコレ

↓↓↓

 

 

 

/*1カラム ページタイトルなし*/ .page-template-page-onecolumn /*1カラム ページタイトルなし*/
.page-template-page-onecolumn #pageTitBnr{
display:none;
}

/*1カラム パンくずリストなし*/
.page-template-page-onecolumn #panList{
display:none;
}

 

大したことではないのですが、かなりの発見をさせてもらいました。

いろんな記事から学びました。

 

役立つ記事書いてくれた皆さん、ありがとうございます!




メールをフォルダ分けする方法

フォルダ分けのサイトを以前ご紹介していたのですが、

gmailを中心に画面が古くなっているので、

かんたんにフォルダ分けの手順を解説しています。

(2017年2月現在)

特定のメールやドメインなどを抽出して、フォルダに分けることができます。

メールが来た瞬間に削除、なんてことも可能です。

 

受信メール画面を見る

右側にある、赤い囲いの下向きの矢印をクリックする。

メールの自動振り分け設定をクリック 

 

『この検索条件でフィルタを作成』

 

どうやってフォルダ分けをするか決める

ご覧いただければわかりますが、既読にする、スターを付けるなど

いろんな設定ができます。

 

ココでは、フォルダを作成して、受信したら専用のフォルダに入るように

設定します。

※メルマガなど解除しても配信され続けるようなものは即削除フォルダに

入れてしまうことも可能です。

 

下記のメールアドレスからの受信の場合は、このフォルダに入れます、

という設定をこれからしていきます。

 

ラベルを作成する

 

「次のラベルの下位にネスト」はチェックを外しておきましょう。

(分類分けして行くときに使います。単発の場合は使わないかな・・・)

フォルダが完成しました。

 

 

gmail以外でもだいたい設定方法は変わりませんので、参考にしてみてください。

又はこちらでも確認できます。

迷惑メール対策センター|フォルダ分け一覧

 




ファクスを便利にする幾つかの方法

ファクスを便利にする幾つかの方法をご紹介します。

eFax

世界で1200万人以上が利用している世界最大級のインターネットFAX「eFax」です Eメールで世界中から通常のFAX番号と同じ感覚で使用可能! PDFファイルで送受信、重要書類が外部に漏れる心配無用、データ管理が簡単! ビジネス/個人専用、複数の宛先へ一斉送信も簡単!

申込後、30日は無料体験!気軽にご利用ください ※31日目以降は月額1500円(税別)が掛かります

 

随時更新します。




メモのとり方を教わって、5000円もらって来ました(笑)

こんばんは。あくつかずひろです。
 
さっきまで西新宿で
「エキスパ」というメルマガ配信スタンドを
運営する会社の
(無料レポート.netで小冊子請求してくださった方はよく知っていると思いますが)
セミナーでした。
 
アウトプットは最大の学びと教わったので、
 
メモのとり方など
役たちそうなので、
 
シェアします。
 
 
基本的にインターネットを仕事に取り入れたい、
という人向けのセミナーです。
(ネットで稼ぎたいも入ります)
 
そこであったことを少しだけシェアしていいですか?
アウトプットが最大の学びなので・・・(笑)
 
 
<メモのとり方>
メモはセンテンスを上から書いていくのでなくて、
まとめていく形がいいです。
(去年くらいからそうしてます)
 
A4用紙を目の前において、
縦と横真ん中に線を引きます。
 
4つの枠ができます。
それぞれにテーマを決めて書き込みます。
 
 
左上に、
これは、いますぐ
やろう!
 
左下に、
これは、あとでやろう!
 
右上に、
そのこと、調べよう!
 
右下に、
そのことは、誰かに聞こう!
 
確かに、これは頭の中がすごく整理されます。
 
 
事業をしている人にとっては、
かなり便利な機能があって
 
チョ~おすすめです。
 
 
どんな機能かというと
 
・メルマガ配信(本職です)
・受付フォーム(まあ、普通です)
・決済代行(ワンタイム決済が超便利です)
・商品販売(主に情報・ノウハウ系です)
・アフィリエイト(紹介サービス)
・無料オプトイン
・セミナー募集
・かんたんにセミナーLP作れたりします。
(ペライチっぽい機能です)
 
 
メルマガ配信をしない人は、無料。
メルマガ配信をしたければ、
約2000円~です。
 
(5000円もらえるので、2ヶ月間無料です)
 
興味ある方は
こちらです。
https://ex-pa.jp/et/94r/d
 
 
ちなみに、ランチ会もセミナーも
この機能を使っていますので、
すごく楽です。
(1週前、3日前、前日と勝手にメールを送ってくれます)
 
という回し者っぽいシェアでした。
 
 
まぐまぐでもメールを送っていますが、
誰もメールを解除してくれません。
 
エキスパはガンガン解除されます。
(解除は実はお届けする上で2番めに嬉しいことなのです)
 
ということは
まぐまぐでは、
ほとんど届いていないということです。
 
 
おすすめです。(笑)もう終わりにします。
https://ex-pa.jp/et/94r/d
 
 
 
今日もここまでお読みいただきありがとうございます。
まだまだ寒いのでお体に気をつけて
 
 
お過ごしください!
 
 



「Internal Server Error」(ERROR番号:500)が表示された

備忘録として記載します。

 

プラグインを入れようとしたら、

「Internal Server Error」(ERROR番号:500)が表示された。

 

原因と思われること

プラグインを入れようとした時に発生。

WordPress運用中に「Internal Server Error」(ERROR番号:500)が表示された場合、プラグイン等の影響により「.htaccess」が書き換えられ、当サービスに沿わない設定がされている可能性があります。

 

対策

「.htaccess」を確認し、

下記と違う場合は、書き直す。

————————————————————
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress
————————————————————

 

手順

1.WordPress管理・設定画面

2.設定

3..htaccessの編集

 

念のため、動画を確認

 

 

その後また不具合が・・・

おそらく、原因と思われる、

プラグインが原因のようでした。

そのプラグインは、「W3 Total Cache」

でした。

 

削除しようと、プラグインをクリックすると

また、サーバーエラーになるし・・・

 

ということでダメ元でやってみたら、

解決しました。

 

プラグインにマウスを当てて、

プラグイン編集をクリック

選択するプラグインから

「W3 Total Cache」を選択し、

内容をすべて消しました。

 

すると、

ちゃんとプラグインから消えていました。

 

良かったです。

 

 

それにしても

便利にしようと思って入れたプラグインが

 

ホントは何か他に原因がありそうですが、

とりあえず、ココまで。。。