Chat with us, powered by LiveChat

お金が貯まらない理由の一つはこれ。

こんにちは
子育て世代の家計応援コンサルタント
阿久津和宏です。

お金が貯まらないんですよ
貯めるなんて無理
今の生活でどうやってお金を貯めたらいいんだ!?

という方いらっしゃいます。

なぜこうなってしまうのか?

理由があります。

こうなってしまう多くの理由が

こんな発送になっています。

「口座に今月残ったら貯金しよう」

という考えです。

つまり、

収入ー支出=貯蓄

の計算式の方です。

ただ、これを逆にしてみると???

「まずは貯金しよう」そして残った分で生活しよう!

収入-貯蓄=支出

という計算式に変えてみたら?

相談にこられて

今現在
100万円単位で貯蓄がある人は

後者の考えを少しでもお持ちの方です。

とは言っても・・・

というあなたのために、間違えなく

出来る方法をお伝えします。

いろんな方法があるのですが、

給料を貰った時点で

「自分の口座に入れておかない」

「自分の目の前からお金を消す」

事が一番効果的です。

どうするのか?

銀行に行って

「定額預金」を始めたいのですが、

といって

毎月口座から引いてもらうように
すればいいのです。

■お金が貯まらない理由は?■

残った分で貯蓄しようとしてもできない!
自動的に貯蓄できる仕組みに変えてしまいましょう!

まずは、1万円でも5000円でもいいので

初めて行きましょう!

とよく言われるのですが、

それではダメです。

(収入が不安定な人はそこから始めましょう)

安定している人=給与所得の人のこと。

給料の20%は貯蓄に回すことです

月30万円の給料をもらう人なら6万円

をまずは「今月ないものとしてかんがえる」

その残ったお金で、生活するということ

になります。

ただ、

「今の生活だったら無理だから様子を見てから」

よく聞く言葉です。

様子って何を?

って思わず自分に突っ込んでいる人もたまに

いますが 笑

(実は以前の私です・・・)

いつまで様子を見ても変わらないので

まずはやってみることです。

■まずは開始する■

収入の2割を別口座に移しましょう
同時に家計をスリムにしましょう

家計をスリムにしないといけない

ので、家計をスリムにする方法は

次回お話したいと思います。

今日もありがとうございました!

家計見直しと貯蓄

こんばんは。

 

ファイナンシャルプランナーの

 

阿久津和宏です。

 

熊谷市で生命保険代理店で

 

ファイナンシャルプランナーを

 

しております。

 

さて、家計見直し貯蓄編

 

ということで今日はお話します。

 

今月からは貯蓄するぞー

 

といって始まったその月末

 

やっぱりたまんなかった・・・

 

なんてことは

 

ないでしょうか?

 

そんなことあるわけないじゃない!!

 

っていう方、ごめんなさい。

 

そうなる原因はなんでしょうか?

 

一つの原因は

 

「余ったら貯蓄しよう・・・」

 

っていう方が大半のようです。

 

あなたは違いますか?

 

もしそうなのであれば、

 

今月から、いや今日から

 

ためる額を絶対使わない!

 

という信念のもと

 

違う口座に入れちゃってみて

 

ください。

 

残ったらためとこうという方と

 

ためたから残りで生活しよう

 

という方だったらどちらが

 

数年後多くお金が貯まって

 

いるのか?

 

考えると、当たり前のことですが

 

でもなかなか・・・

 

っていう状況の方も大勢いますが

 

意識してやってみると

 

変わるかもしれません。

 

まずは、やってみましょう!!

 

今日もありがとうございました。

みんな保険料はいくらくらいなの?

こんにちは
病み上がりの
ファイナンシャルプランナー
阿久津和宏です。

昨日は、久しぶりの
風邪により寝込んでおりました。

さて、よくある質問です。

「だいたいみんな保険にはどれくらいかけているんですか?」

よくこんな質問は多く来ます。

お答えします。

30代、結婚していて小学生くらいまでの
お子様が2人くらいいて、みたいな
普通のご家庭を想定した質問が多いのですが、

5000円~50000円です。

私のお預かりするお客様の事例ですが
こんな感じでみんな同じではないのです。

一番多いのはどの辺りか?というと
それも人それぞれでなかなか言えません。

なぜかというと
考え方の問題だと思います。

以前に書きましたが、
月5万円銀行で貯蓄する人と
月5万円保険で貯蓄する人では
たまり方は断然後者です。

しかし、流動性、動かしたい人は
後者ではだめなので、分散することになります。

いつまでにいくら貯めたいか?
そこまでにどんな人生のステージが待っていて
おまけに保険ですから、いくらの保障が必要か?

を総合的に判断して保険料が決定するので
安易に決められないということなんです。

ただ、かならず5万である必要もないし
5000えんである必要もありません。

保険料は自分で選べます。

下記を確認したら保険料は後は選ぶだけ
ですので、確認して見ましょう。

①いつまで入院の保障があったらいいか?

②いつまで保険料を払いたいか?
一生?それとも退職まで?

③死亡保障はいくら必要か?

④いつまで必要か?
大体お子様の教育が終わるまでとか、奥さんが年金貰うまで
とおっしゃる方が多いですね

⑤いつまでにいくら貯めておくべきか?
教育費や老後資金のような10年以上先のものは
銀行預金ではためにくいですね。

これくらいで大丈夫です。
あとは、ライフプランニング表みたいなものを作成するのが
保険屋さんは好きですから、それに則って自分の好きな保険を
選びましょう。

貯蓄の鉄則は分散②

こんばんは
ファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

前回の続きをご紹介します。

銀行ではダメなのか?
いえ、100パーセントじゃないという
ことです。

倒産リスクもあります
インフレリスクもあります

という事です。

お金の運用の3原則は
安全性・・・リスクを伴わない
流動性・・・すぐに引き出せる
収益性・・・増える

という事です。

その点で銀行は収益性以外は大丈夫。

ただ、物価上昇時に収益性がないと
元本割れも同然の状況に陥ります。

ですので、短期の運用は物価もそれほど
変わらないので大丈夫ですが

時間が経てば物価も上昇していくことは
必至なので、インフレ対応は必要に
なるということです。

ですから

分散が大切
ということなんですね。

ただ

リスクを伴うのは嫌だなという方も多いと思います

が、

リスクとはなんなのか?を知ると意外と
リスクでない場合もありますので、

次回は

分散することでリスク回避
についてお話していきます。

今日もありがとうございました。

今と将来の年金を有意義にするお手伝いを
しているファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏でした。

医療保険はいらないって?

こんにちは
ファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

先日お会いした方がこんな事を
お話しされていました。

今入っている保険の担当者が

「貯金があれば医療保険なんていらないです
って言われたんですけど、まあそうかなとは
思ったんですが、阿久津さんもそうおもいますか?」

⚫️医療保険は掛け捨てだからもったいない
⚫️医療保険で払った分より多くもらった人は
ほとんどいない
⚫️だったら、貯蓄性の商品で貯めておいて
たまったら医療保険はやめるあるいは今から
なくたっていい

みたいなお話を受けたとのことでした。

賛否両論あると思いますが、私の意見は
以下の通りです。

私自身で、あるいは家族や親しい人がどうか
という観点で私はいつも考えます。

貯蓄は何のためにするのでしょうか?
病気の時のためにとっておこう!って
いって貯蓄するのですか?

もし、そうなのであれば、いらないかも
しれません。

しかし、もしも教育費を貯めたいから・・・
とか
老後資金を貯めたいから・・・
とか
老後生活に困らないように・・・
とか
夢がある・・・

とかそういうことであれば、
もし病気したら本来の目的を叶えられない
かもしれませんよね。

しかも、高額療養費制度があるから大丈夫!
とのことなのですが、

もしも大病をした時に
その道のプロ中のプロ(お医者さんは全員プロですが・・・)
に見てもらいたいか?
それとも
普通のお医者さんに見てもらうか??

などなどいろんなことを考えると
あった方がいいと思います。

あくまで私の考え方なんですが、
みなさんはどうでしょうかね??

ただ一つ言えることは
あなたを守ってくれるのは

国ですか?
会社ですか?
お取引先ですか?

いえ
自分です。

ということだと思います。

この世から意味のない買い物を
排除して、有意義なハッピーな
今と老後の生活を送っていただきたい
と思っております。

今日もありがとうございました。

貯蓄の鉄則は分散①

こんばんは
ファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

自分年金をどう作るか?
のコンサルタントとしての
ご相談も受け付けています。

そこでよく相談の中で
お答えする事、分散についてです。

何を分散するのか?という質問
が多いですが、

みなさんは、何かほかに預けるのは
危険だから「銀行に」とお思いでは
ないでしょうか?

果たしてそうなのでしょうか?

老後のお金は総務相によると
9040万円必要とのことです。
年金でもらえるのも含めてです。

最低でも3000万円は自己資金で
いかないtおいけない、という
ことです。

では3000万円ってどんな
お金ですか?

毎月いくら貯めたら貯められる
お金でしょうか?

30年間で
年間100万円
月間8.3万円

20年間で
年間150万円
月間12.5万円

10年間で
年間300万円
月間25万円

です。

あ、なんだいけそうじゃん!
って思いましたか?

もしもそうでないのなら、
低金利の場所に与ておくのは
むしろ安全ではないのかもしれません。

なぜなら、あなたの生活を守れない
からです。

でも、リスクを負わないともっと
貯まるところなんてないでしょ?

って思われるかもしれません。

ただ、いくつかの事を知るだけで
そのリスクがすごく減ってしまうんです。
まずは、これだけの時間を要すれば
それぞれの月々の金額で貯まるということは
わかりました。

それに向けて貯蓄の習慣をつけ、
目標額を決めて取り組みましょう!

収入-貯蓄=支出の考え方で貯めれば
きっと将来の年金くらいは余裕で貯まりますよ。

ただ、どうせなら
2000万貯蓄したら
3000万になっていた・・・・
ってことがあった方が今の時代はむしろ
安心な気もしますよね。

増税されちゃっているし
物価も上がっているし・・・
教育費も上がっているし・・・

次回は、
分散するポイントについてお話します!

今日もありがとうございました。

Copyright (C) あくつFP事務所 All Rights Reserved.