自分でできる生命保険の見直し方の手順

こんにちは

子育て世代の家計応援コンサルタント

阿久津和宏と申します。

生命保険の見直し方を考えましょう!

の続きです!

生命保険の見直しの注意点・機能・手順について

お伝えしていきます。

手順を追って読んでいくと、わかりやすくなっています。

【前提として】

・生命保険は何のために加入しますか?

・生命保険は誰のために加入しますか?

・生命保険を金融商品として活用する理由はなんですか?

これに100%自分なりの回答を考えてみてください。

答えはありません。

プランはあとから選べばいいのです。何千種類の

保険商品の中から

選べばいいだけなんです。

●生命保険は何のために加入するのですか?

経済的に困るから・・・ではないでしょうか?

上の質問に一つでもYESがない場合は

「今までの保険」はないものとして
考えたほうがいいです。なぜならあなたの想いが

薄いか、ない保険ですので。これから

濃い保険を作成しましょう!

【生命保険の大まかな機能】

・死亡

・入院(通院・治療)

・介護

・老後

【確認すること】

上の部分で、自分のご家族やご自身にとっての

優先順位をつけるとしたら?

順番をつけてみましょう!

私でしたら・・・
1 死亡

2 入院・通院

3 老後

4 介護

かな?3と4は同率な気もします。

そもそも死亡とか考えたくないという方は

生命保険に入っている理由はなくなりますよね?

【入院について】

●医療保険はなぜ加入するのですか?

●医療保険は1日入院いくらあったら安心ですか?

●どんな病気の時の入院が心配ですか?

●それはいつまで保険があったら安心ですか?

これもちょっと考えてみましょう。

★入院について考えてみましょう!

あなたが入院したらご主人が入院したら?
どんなお金が掛かるのでしょうか?

治療費だけだと思いますか?

答えは、、、

■支出項目
治療費
 +
生活費
 +
教育費
 +
住宅ローン
 +
雑 費
 +
食 費
 +
差額ベッド代

■収入
傷病手当金(サラリーマン)

働けなくなると・・・入院すると・・・

有給休暇→傷病手当金

傷病手当金とは、、、

収入の3分の2を限度に支払われます。

■必要金額
支出項目合計-収入項目合計=足りなくなる金額

すべて保険で準備しておくとしたら・・・
この金額になります。
が、そうでない場合も多いので、ここが自分で選択。

これと、闘病・治療が必要になった場合
ガン治療について(ここでは書けないので、別の機会に)

★期間と払い方
医療保険の考え方
をご覧下さい

これで入院はOKです!

【死亡について】
人生を大きく分けるとすると
①教育の期間

②老後準備期間

③ふたりの老後

④一人の老後

それぞれの段階での
見ておくということです。

※生活費とは、教育費、住宅費を除くすべての資金のことをここでは言います。

ただ、遺族年金というものも存在します。

細かいことは言いませんが、

お子さんが18歳くらいまでは月14万円くらい出るのかな?

と考えておいてください。

●ポイントは・・・
①どこに重点を置くのか?(多くの方が教育といいます)
・保障
・貯蓄

②ずっと同じ金額の保障が続くわけではない・・・
 教育費で言えば
 お子さんが小学生だとして
 今なくなってしまうとその後の教育費は

 小・中・高校・大学
 ↓
 中学生でなくなってしまうと・・・

 中・高校・大学
 ↓
 高校でなくなってしまうと

 高校・大学

 大学では?

 大学

 と三角形になりましたよね??

 
 大学
 高校
 中学高校大学
 小学中学高校大学
 

●何歳の時にいくら必要か?

 保障は?

 貯蓄は?

 と、
 常に自分に質問していればいいと思います。

このように考えていくことで、

保険を考える土台が出来上がります。

ただ、ここでは、考え方しかお伝えできません。

なぜかというと、人の人生は十人十色で

一つに絞れない・大体で表せないからです。

計算の仕方を知りたい、

ここはどうしたらよいのか?

などご相談ありましたら

メールにてお問い合わせください。

計算等ご希望の方は、おっしゃっていただければ

あなたに合わせた保障額と貯蓄額を

算出できます。

今日もありがとうございました。




貯金に細かさは必要ない!?

こんばんは
ファイナンシャルプランナーは
阿久津和宏です。

今日は、大雑把でも貯蓄ができる
仕組みづくりのお話です。

仕組みづくりと言うと?
なんか細かいこと必要な・・・
みたいな気がするでしょう。

実は、本日ご相談を受けた
クライアント様の事例でお話したい
と思います。

クライアント様には了解済みで
お話しして行きます 笑

性格がおざっぱだから細かいことは
やめてくれ!

と最初に釘を刺されました。

わかりましたよ・・・

ということで、A4の白紙の用紙に
だいたいで教育資金も老後資金も
毎年の旅行も不意の冠婚葬祭も
節約なしでやる方法を伝授しましょう!

と言いながら、線を引きます。

こんな感じで書きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
稼ぐ 使う とっておく 貯める
月々

臨時

年間

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これを埋めて行くだけ。

クライアント様
「なんだそんなんでいいんだ・・・
前に保険屋さんにあった時にライフプランが・・・・
って言われて、いといと聞かれたからいやだなっって
内心思ってました」

実際これで、不意の出費にも今わかっている出費にも
対応できるとご満足いただきました。

解決策としては、
銀行預金一部
とその他目的別に商品を選び提案して見ました。

商品は当てはめただけですが、
安全着実にできた方がいいとのことで、その方法を
お伝えしています。

おまけに、節約するものも出てきて大喜びでした。

それは??

生命保険です。

年金の仕組みと健康保険の仕組みを説明すると
節約できてしまう人も大勢いるのは事実ですね。

節約しながら、貯蓄を倍増できた事例ですが

細かいことは商品名とか出てきてしまうので、

あげられないのが残念ですが、

すごく満足頂け、嬉しく思います。

何事シンプルが一番!

正しい知識と正しい方法で確実な
解決策を提案している

ファイナンシャルプランナーの
阿久津でした。

今日もありがとうございました。




起業するからこそ貯金を始める!

こんにちは、

子育て世代の家計応援コンサルタント

阿久津和宏です。

以前からの知り合いの女性起業家さん
のお話です、

私にお金の相談ではなく、まだ始めたばかりで
どうしたらいいかわからないんですけど~

という相談らしきお話がありました。

そこで、私なりに、

お話をしてみました。

結構喜んでもらえたので、あなたのお役にたつか

わかりませんが、書かせていただきます。

(ちなみに彼女は○○コンサルタントです)

「集客ができない」

「目標が立たない、立てにくい」

「収入はとりあえず、順調に滑り出してから考える」

みたいなお話でした。

まず、集客。。。

スタイルによって異なるも、

ターゲット設定のお話をし、アポイントの取り方、

初回面談の仕方

目標について
ここでは割愛

収入について
「順調に滑り出してから」○○してからの発想を
やめましょうとお話ししました。

なぜか?

事業は「お金」があれば持続できるのです。

貯蓄がなくなったら終わりなのです。

「私の事業は紙とペンがあればできるんです」

という方もいます。

しかし、本当にそうでしょうか?

紙とペンの上にはねられません。
紙とペンは食べられません。
紙とペンだけでは、facebookもできません。

本当にお金がないといけないのです。

ですので、こうアドバイスしました。

「1日1000円貯金をしてください」
「本当に困ったときに助けてくれます」

と。

お金がたまったら、収入が上がったら・・・

は先延ばしですよね。

だって

1年以内には500万円以上にしたい
1年以内に1000万円にしたい

などあるのであれば、

それに向けての覚悟の意味で

貯蓄は必要なんです。

死の谷

という言葉をお聞きになったことはありますか?

順調に言っていても必ず、どんな人でも

陥る谷。

いわゆるスランプです。

この時は何をやってもうまくいきません。

だからじっとしているしかないのです。

ほかにも方法はあるでしょうが、

売り上げがなければ、収入はなくなります。

その時に、必要なのは、余剰資金です。

もし、あなたが、何かを始めて

○○稼ぐようになったら

○○の条件がそろったら?

と思っているのであれば

将来的に確実に貯蓄は必要とか

蓄えはあったほうがいいと

少しでも思っているのなら・・・

今すぐ

1日1000円貯金を始めるべきだと思います。

というような話をしました。

もし、それができないのであれば、

副業をして、元の職業に戻って

事業は副業でやるべきです。

覚悟

先延ばししないこと

将来の自分を満足させる

唯一の方法じゃないかな??

と思いました。

ちなみに私は起業コンサルタントでは

ありませんので、

専門の方が読んだら怒られると思います。

しかし、

会社経営者であれば、確実に社長の資産は

きちんとなければいけません。

(会社の業績が悪くなれば個人の資産から融通しなければなりません)

すぐに逃げられる環境にいれば、

求める結果に逃げられてしまうと私は考えています。

さあ、貯金しろ

って話に聞こえたかもしれませんが、

求める将来に向かって何か決断してみては

いかがですか??

素人のたわごとでした。

ここまでお読みいただきありがとうございます。




お金の成り立ち

こんにちは!

子育て世代の家計応援コンサルタントで、
「見えないドロボー」からあなたのお金と命を守るお手伝いをしています

阿久津和宏です。

見えないドロボーのお話は置いておいて
私は、お金のお話をしているのですが

以前の記事にて生命保険の成り立ちについて書いたところ
メッセージを頂きまして、お褒めの言葉をいただきました。

今回は、
「お金の成り立ち」
についてシェアしたいと思います。

そもそもお金とはなんでしょうか?

みんながお金と思うからお金

なんです。

では、なぜ生まれたのか?

むか~しむかしは、お金はなく

「物々交換」の時代がありました。

私の持っているお肉をあなたの作っている作物と
交換してくれませんか?

的な感じで

行われていたんだと思います。

ただ、問題がいっぱい発生しました。

肉はあるけど、野菜がないから鍋は無理だな~?
どうしよう、そうだ!小林さんに言って
野菜を今日とってきた鹿と交換してもらおう!

なんて会話があったとします。

小林さんのところに行ったら

「ゴメンネ~、実は鈴木さんが欲しいっていうから
 このイネと交換しちゃったんだよね~」

みたいに

欲しいものを相手が持っているとは限らない

という問題が一つ。

また、

小林さんが「明日ならキャベツが収穫できるから、それでもいい?」

って言ってくれたとしても

交換しようと思っていた「豚肉」が腐ってしまったり
傷んでしまうこともあります。

時間の経過により、腐ったり、傷んだりしてしまうこともある

また、

期間が限定されてしまう

などのお話もありました。

そこで、
期間を限定せずに、相手が欲しい時に売り買いがしやすくて、
腐らないものに変えましょう!

ということで、

みんなが欲しいものに変えましょうということで、

お金の元が誕生したとのことです。

では、お金の機能や特徴が3つあります。

さて?何かと思いますか?

①価値の基準・ものさしになる
②持ち運びしやすい
③価値の維持

となります。

価値を腐らないで済むので、基準で有り続け、持ち運びもしやすく、
価値も維持する

という意図でお金が誕生していました。

さて?

ここで今の時代において

価値は維持されるものでしょうか?

昔よりもものの量や種類は多様化しています。

お金もかなり増えています。

価値は需要と供給により、値段は決まります。

すると、価値は変わっていくことが普通になっていますよね?

どういうことかというと、

昔は、1個100円だったものが今は200円出さないと1個

買えない商品って

思い当たりませんか?

このような物価価値は変わるのです。

お金の特徴の一つなのです。

これがお金の成り立ちと特徴です。

ちなみに物価価値は通常、落としながら
時代を流れていきます。

戦後直後は20円で家が1軒経ちました。

今は??

某住宅メーカーのCMでも「500万円で家が建つ」

って安ーいっていう印象ですが、

それでも、何倍??

25万倍です。

お金の成り立ちと機能を考えた中で、

お金の管理には価値は変わるものだ、

と思っていないと痛い目を見る可能性が高いですね。

20年間のデフレの環境にいる我々日本人に

わかりにくいことかもしれませんが・・・

今日もお読みいただき、ありがとうございました!