終身保険の使いみち7選

おはようございます。
今日は温かくなりそうですね。

とてもうれしいです。
温かくなることは。。。

ただ、朝と昼の気温差があるので、
着ていく服やコート
そろそろ迷う季節ではないですか?
(特に寒がりの私にとっては・・・)

だから「スプリングコート」
とか、春向けのコートもあるんですよね。

面倒だなと思いつつも

なんか冬でも、春でも秋でも夏でも
対応可能なものってあるのかな?

答えは、「ないか・・・」
ダサそうだし。

ところが、
いろんな金融商品有りますが、
見方によっては、
生命保険には、あるんです。

という強なつなぎです。

中でも生命保険の3つの基本形
お話ししました、
『終身保険』の7つの使い方、活用方法があるんですが
もしあなたが、終身保険に加入しているのであれば
お聞きになったことはありますよね?

加入していないなら仕方ないかもしれません。

では早速。

①死亡してしまったケース
②高度障害になってしまったケース
③余命半年と診断されてしまったケース
④途中で保険料が払えなくなってしまったケース
⑤お金が急に入用になった時のケース
⑥保険料の解約せずに払込をやめるというケース
⑦解約

これだけの使い方があります。

こうやって文字だけで見るとあっけないですが、
これって
人生の中で、一度くらいどれも経験するかもしれないし、経験しないかもしれないですが、
それぞれ、ありうる
ケースですが、あなたはどうですか?

②高度障害⇒あまりないかもしれませんが、事故や病気で手足が動かないなんてこと・・・
③余命半年。診断されるかどうかですが、余命半年の時は
④保険料が、、、⇒収入が下がる、病気で働けなくなる・・・
⑤子供の入学・病気、けが、車・家・などの補修、税金などなど
⑥払うのはやめたいけど、お金を今は必要ない
⑦すぐに払うのをやめてお金を受け取りたい⇒老後の資金だったり・・・

実はもう一個、できるできないはあるかもしれませんが、
『解約して分割で受け取る・・・』

実は、保険ってある程度決まっていて、なんか融通聞かないし
って不満を持たれる方も多いかもしれませんが、
入るときももらう時もオーダーメイドに近位いと思いませんか?

しかも、7つのうち、6つは、元気な時に生きているときに
起こるケースなんですね。

保険も立派な金融商品、資産形成にも可能性のある
方法だという事ですね。

使い方と担当者によっては?

また、お金の情報は保険屋さんだけでは物足りない
のも事実です。

なぜなら、保険には21世紀最大のデメリットが
あるからなんです。

21世紀最大のデメリットは次回お届けいたします。

『生命保険(21世紀最大のデメリット)』という題名で
お届けいたします。

今日もここまでお読みいただいてありがとうございます!




払い方で得もすれば損もする

おはようございます。

ファイナンシャルプランナーの
阿久津和宏です。

払い方で得する方法を少し
短なものでご紹介します。

お得なのは、なんと言っっても
まとめ払いです。

例えば

火災保険でいえば
月払いより年払い
年払いより長期一括払
など割引率があり
かなりお得になるようです。

国民年金の年払い

NHK受信料や

雑誌の定期購読なんかも
1年間購読より2年、3年の
方が割安になりますよね。

そこに付け加えるとしたら、
今度は、それをどの形式で
払うのか?ですね、

現金・・・
銀行振込・・・
(手数料はお客様負担ですと言われるとお得間はなくなりますが・・・)
コンビニ支払い
クレジットカード払い
口座引き落とし

などなど。

やはり、クレジットカードで
払う方法です。

枠の問題もありますが、
クレジットカードで
払うことでポイントが
有効に使えるということ
ですね。

同じ買い物でも

少しやり方や方法を変えると
おおきく変わることもあります。

例えば、生命保険の話ですが、

月払いの方法と年払いの方法で
一生涯のトータル保険料が
100万円以上変わったりしています。

どうせ買うなら割安な方を
選んで見てはいかがでしょうか?

今日もありがとうございました。

阿久津和宏でした。