エラーが頻発するので初期化しました。(備忘録)

wordpressが積もり積もって、エラーが品ぱるするようになったので、

wordpressを初期化することにしました。

 

手順を備忘録としておさめておきます。

なにかのCSSをいじったところを機に

いろんなところが不具合を起こすようになりました。

記事を保存しようとすると、

○○/post.php

 

と表示され、画面は真っ白。
いろいろ調べながら改善に向かって履いたが、

どうしてもエラーは亡くならず、やむなく初期化することに。

 

手順

・データベースのバックアップ
wordpressの「ツール」→「エクスポート」
で試したが、ここでもエラーが出るため、

WPXクラウドの管理画面でバックアップ。

これで記事のバックアップは完了(メディアは結局不具合が生じたが・・・)

 

次にwordpressを初期化

削除、ではなく、初期化から簡単に初期化出来ました。

再インストール後、データベースの復元・プラグインを戻すなどの作業で完了。

 

エラーを改善するために色々尽くしている時間と比べれば遥かにさくっと終わってしまいました。

 

まあ、コレが一番だと思うので、今後もぐちゃぐちゃになるまえに、
ちゃんと直せるようになるのが一番いいですが、

簡単に初期化できることも体験できたので、

心配が減りました。

 

やらないとわからないですね。

 

 

ド素人の初期化日記、

でした。(笑)




Googleスプレッドシートをエクセルに変換する方法

Googleスプレッドシートをエクセルに変換する方法

最近では、Googleのオフィスみたいなやつを利用する人も増えていますが、
自分のPC上で使うには遅かったりします。

エクセルに変換する方法は下記の動画よりご確認下さい!

http://youtu.be/BayWG8WxQls



ビデオ通話で相談を承っています

遠方の方で、個別の相談をご希望の方へ

交通費実費または、ビデオ通話で相談をすることが出来ます。
あまり使い慣れない方も多いので、ここで、少しだけ簡単に説明します。
ここで説明はしておきますが、お申込みの方には丁寧にお教えしますので安心しておいて下さい。

 

ビデオ通話って?

よく使われているのは「スカイプ」というものです。お聞きになったこともあるかもしれませんが、
今では、テレビ電話風に使える「ビデオ通話」はたくさんあります。

一番使いやすい、使い慣れたものを採用していただいて大丈夫です。

ちなみに、普段使っていない方も、あなたが普段使用している媒体で実は使えたりします。

ビデオ通話の種類

おすすめの種類

スマホを持っている方

  • LINEアカウントをお持ちの方・・・設定無しでLINEのビデオ通話を使用できます。
  • Facebookアカウントをお持ちの方・・・設定無しでFacebookメッセンジャーでビデオ通話が出来ます。このシステムはスカイプと同じです。
  • スカイプのアカウントをお持ちの方はスカイプを
  • 上記のものは何もない、gmailアカウントはある・・・そういう方は、ハングアウトを使用しましょう

PCしかない・・・

  • スカイプをダウンロードして、カメラがあればビデオ通話ができます。なくても通話は出来ますので、ご安心下さい。

気軽に相談できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめの方法

●はじめに時間を予約して下さい。予約はこちら

その後2日以内にこちらからメールを送付します。

●予約日時にこちらにアクセス

(その通りに従えば、ZOOMにアクセスできます)初めてでもできますので安心して下さい。できなければ私がお手伝いしますので、そちらも安心して下さい。

 

お問い合わせはこちら

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。

 




備忘録(目次から見出しへジャンプする方法)

目次

はじめに

記事内でジャンプするページってあるじゃないですか?
それ、今まですごく面倒な方法で覚えていました。

簡単でほとんど初心者でもできる方法を備忘録として、記事にしておきます!

どんなものかわからない方はこのページで試してみて下さい。

目次へ戻る

 

目次を作成します

どんな形でも問題ありません。

このページでは

  1. 目次
  2. はじめに
  3. 目次を作成します
  4. アンカーをつくる
  5. 練習してみよう!

コレで大丈夫です。特に、枠をつけたりデザインしてもしなくても、それは重要な事ではないので、木にしなくて大丈夫です。

 

この順番に書いていきましょう。

 

目次へ戻る

 

リンクを設定しましょう

ここでは、まだ目次の場所での作業です。

作成した目次の文字をドラッグし、リンクを設定します。

はじめに(目次に書いた項目)という文字をドラッグ

リンクを挿入します

ドラッグしたら次に、下のリンク挿入マークをクリック

 

#を頭につけて目印の文字を書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント

・#をつけるのを忘れないこと
・#のあとは、自分の好きな英数字を入力する。

 

目次へ戻る

アンカーをつくる

飛ばす場所にもリンクみたいなものを入れる必要があります。
目次にリンクを設定して、勝手に飛んでくれたら楽なのですが、飛ぶ場所にも設定が必要ですが、
ここで使うのは「リンク」ではありません

「アンカー」を設定します。

目次から飛ばしたい場所をドラッグします。

アンカー

下の図の赤枠をクリックします。タップすると、アンカーと出ます。

 

クリックすると、下記のようになります。

 

 

 

 

 

 

IDに先ほどリンクの時に設定した英数字を入力します。その時に#は取り除くことを忘れないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

これで完成です!

 

目次へ戻る

 

練習してみよう

練習してみましょう。

わからないときは、目次に戻ってやってみましょう!

話す感じで書きましたが、備忘録でした。

 

ちなみに、これが勝手にできてしまうプラグインもありますが、ワタシ的にはコレがなんか簡単な気がします。

おすすめプラグイン:Table of contents

 




何か初めたいならFPの資格をとりましょう!

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

何か初めたいならFPの資格をとりましょう!

将来が不安な方や現状を変えたい方は必見です。

現状に不安、将来が心配・・・そういう声をよく聞きます。そんな中、行動するとしたらきっと、

  • もっと貯金できるようになりたい・・・
  • もっと稼げるようになりたい・・・
  • もっと支出を減らしたい・・・
  • もっと有利に資産形成がしたい・・・

こんなことを考える人が多いのではないでしょうか?

 

私がおすすめしたいことは、
「ファイナンシャルプランナーの資格を取る」

ということです。

正式には、
「ファイナンシャル・プランニング技能士」という資格です。

どうして資格が必要か?

個人的には、特に資格はあまり必要ないと思っているのですが、理由もあります。
まず、よく言われるファイナンシャルプランナーで、資格がないと出来ない仕事はありません。

一応、FP技能士の試験は、2つの団体がやっていて、「きんざい」(金融財政事情研究会)が行うのは、国家資格、日本FP協会が行う試験は、民間資格、です。

つまり、FP技能士は国家資格ではあるのですが、医者、弁護士、税理士などと違い、特に資格がなければ出来ない仕事は存在しません。
ですから、FPの仕事をするとしても特に必要ないです。

大切なのは、「勉強する」ということです。なぜ勉強しなきゃいけないんだ!?という声ガトンできそうですが、
もし、現状や将来に不安があるのなら、お金の超基礎的な知識は抑えておいたほうがいいからです。
興味がある、ない、にかかわらず、必要になることは多いので、まずは、自分のこれからの生活に必要になる可能性のある、この資格は取っておいても損はない・・・

と、私は思います。国家資格の勉強をしながら、自分の家計や将来の不安が払拭できるなんてよくないですか?って。

 

もしかして、自分だけでなく、おともだちから相談を受けることもあるかもしれませんし、もしかすると、起業することだって出来てしまうかもしれません。実はこれなら、体がムリ効かなくなった引退後も生かせるかもしれませんしね。

 

勉強をしながら、実践(自分を改善する)

とはいっても、お金のことは難しそう・・・これ、みんなが言う言葉です。
でも、です。自分のお金の問題や将来の夢をかなえる方法をまずは実践で、自分でやってみたり、自分に当てはめて調べてみたりしたら、まさに一石二鳥ではありませんか?

 

実は、私も保険会社に入社後、資格を取得しました。当時は、まったく「専門用語」がはいってこないんです。

「なんかはいってこないだよな~」

がうまく勉強が進まない言い訳でした(笑)

 

それで何をしたかというと、最初は、難しい言葉を覚える前に、こんな質問をしました。
「で、結局どういうことなの?」って。自分にですよ。

自分に当てはめて、自分に当てはまらなければ、家族、それもいなければ親戚とか友達とか、または、架空の人(ドラマの登場人物とか)なんとなく理解するようにしました。

なるほど、こういうことなのね・・・と言うように鳴っていきましたよね。
(今年中にFPの勉強したいけどはいってこない人向けに動画作っていますから、待っていてくださいね(^o^))

 

まずは自分を改善するだけで、節約とか貯金とか資産形成とか、もしかしたら、「親の相続対策」まで改善してしまうかも・・・ただ、人の意見も大切なので、プロもたまには使ってあげてもいいと思いますよ(汗)

 

FPの資格って実際どうなんですか?

こんな質問もよくもらいますが、はっきり言って不要なことは殆ど無いです。お金の話は幅が広すぎて、かなり絞り込まれた内容です。ただ幅広い人に通用する常識の問題ばかりなので、すべてを必要としない方は大勢いることも頭に入れておいたほうが良いです。

  • これからなにかをしたい
  • このままでは終わりたくない
  • プラスの収入源も欲しい
  • もっと家計を効率的にしていきたい
  • まずは勉強しておきたい

こんな考えがあるのなら、まずは基礎を磨いておいてもいいと思います。

 

問題の勉強ですが、試験勉強というスタイルでやっていると、かなりきついです。知らない用語も出てきますし、いまや死後の用語もなかにはあったりはします。(そんなに多くはないですが)

あくまで、これからの人生の中の選択肢を増やすために情報を収集し、資格も持って置こう
くらいで勉強したらいいと思います。

FPの資格の範囲・何が学べる?

試験は6つの科目から成り立っています。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

すべて必要な項目です。コレを知っているだけで、かなり知識は膨れ上がっていますよ。
ただ、たまにお会いする方の中で、「私もFPの資格もってるんですよ~」

って言う人います。持ってるだけじゃダメです。自分を磨き、良くするためのモノ、にしてほしいなって思います。

 

選択の幅が広がります

ファイナンシャルプランナーというと、大抵が、

保険・不動産を扱っている人や銀行員が多いです。中には行政書士や税理士の先生などもたまにいます。
私自身は本業FPですが、相談料をいただき、商品の仲介も希望するならします。

相談料や商品の仲介や紹介だけで収入を得る人が多いです。

 

「私には無理そう・・・」そう思う方が多いかもしれませんが、決してそんなにハードルが高い訳ではありません。

きっとそう思う方の殆どが

  • 何か商品を営業しなきゃいけないのならムリ・・・
  • ちゃんと専門知識を話せないのではないか・・・
  • 今の仕事以外は想像がつかない。。。

そう思うのではありませんか?

 

私自身はちなみにですが、、、

  • 営業もしません
  • 専門知識も話しません
  • 前職はコンビニの相談員です

そもそも売り込まれて買うって、だれでも嫌なことですし、(私は売り込まれて買ったものは過去に一つもありません)
専門知識話したら、相手が理解しませんし、ガッチリ金融マンです!みたいな人、警戒しちゃいませんか?

 

自分で実践して、一つの流れをつくるだけ、私はそう思います。実際にうまくいっている人の殆どは、自分やお客様が体験してよかったこと、失敗したことをシェアしていることが多いですからね。

商品とか解決策はその次、だからそんなに構えることはないです。

 

ちなみに、平日は仕事をして、休みの土日のどちらかを数時間相談の時間にしている方や主婦の方で空き時間で仕事にしてしまう人も多くいますから、あなたにチャンスがないこともないです。

FPの資格が難しいと思うのは、プロが悪い!

いかがでしたか?
FPの勉強はとても難しく感じる人は多いですが、そんなに難しいことはありません。

難しいからこの参考書買ったほうがいいですよとか、通って勉強した方がいいですよ、って教材を売る側としては、言ったほうが売れるでしょうしね。

いかに実践しやすい勉強をするか?です。

噛み砕いた内容を聞くだけで、読むだけで、参考書や問題集の解説がスルスル入ってくるそんな方法があったらいいな、そう思っている方がいるなら、下記のプレゼントをダウンロードしておいて下さい。

資格取得法やFP起業法を公開していますので、よろしければ受け取ってくださいね!
今まで公開してこなかったFP資格取得勉強法を短期間でお届けします。

プレゼントのダウンロードはこちら

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。




自動車保険の選び方

生命保険と違って、自動車保険は保障内容が違ったりすることはほとんどないが、保険料は大幅に違うことが多いです。そこで、厳選された20社の保険から見積もりをすることが出来ます。

 

5万円以上安くなった人が2割も!?

 

 

 

 

 

 

 

見積もりは下記より

 

 

 

自動車保険一括見積もり請求の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

お申込みは下記より!

 

 

 

火災保険の見積もりはこちら

 

 




お金のこと、だれに相談したらいいですか?

お金のこと、だれに相談したらいいですか?

 

よくある質問で、
「この話はだれに相談したらいいですか?」

とか
「このことは阿久津さんで解決しますか?」

などという質問を受けることがあります。

よく、ファイナンシャルプランナーのHPや自己紹介等で、
「お金のことならおまかせ下さい」とかいう文言を聞く機会がありますが、
果たしてそうなのでしょうか?

 

こんな時、だれに相談したらいいか?についてお話していこうと思います。

 

餅は餅屋と言いますが

だれが何の専門家なのか?ということです。お金のことと言ってもさまざまです。
ファイナンシャルプランニング技能士という資格がありますが、この資格は6つの科目から成り立っています。
それは、

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

とあります。

この観点から言えば、相談相手は、次のとおりです。
下記の項目は、全てファイナンシャルプランナーを名乗る人は、精通しているはずですが、専門の人がいることも事実です。

 

項目 相談相手

ライフプランニングと資金計画

・ファイナンシャルプランナー

・銀行

リスク管理

・ファイナンシャルプランナー

・保険会社

・銀行

金融資産運用

・ファイナンシャルプランナー

・銀行

・証券会社

・保険会社

タックスプランニング
(税金について)

・ファイナンシャルプランナー

・税理士

不動産

・ファイナンシャルプランナー

・不動産会社

相続・事業承継

・ファイナンシャルプランナー

・税理士

・弁護士・司法書士・行政書士

・保険会社

・証券会社

 

上記のように書きましたが、法律によってそれぞれ専門分野に突っ込んで相談できない場合もあります。

 

こう見ると、ファイナンシャルプランナーに相談すれば、何でも対応できそう、、、そう思うかもしれませんが、一種の窓口にはいいかもしれません。

ファイナンシャルプランナーと言っても、いくつか種類がありますので注意は必要です。

他の専門家を紹介する、「つなぐ」ことを想定しているファイナンシャルプランナーと、「自分の扱う商品」の販売のみを目的にしているファイナンシャルプランナーがいるということです。

少しだけ見てみましょう。

 

ファイナンシャルプランナーの種類

ファイナンシャルプランナーを分けるとすれば、大きく分けて5つくらいに分類されると私は思います。

  • 保険系
  • 証券系
  • 不動産系
  • 投資助言系
  • 素人

これら、どれがいい悪いではなく、その人が、自分では対処できないと判断した場合、専門家を相談できるかどうか?コレが鍵になります。
そうでない場合、独立系といって、会社に属さない人であっても、あなたの希望に沿うことはないでしょう。

 

どんな場合にどんな人に相談すれば?

別の記事にも書いていますが、
基本的には、

・税金のこと:税理士

・法律のこと:弁護士

・保険のこと:保険会社

・投資のこと:証券会社

・資金調達:銀行

と大体わかりやすくなってはいますが、それぞれ、その専門には詳しいですが、全体を見通す力がない場合が多いです。

例えばよく、不動産投資会社の営業マンは、不動産投資をするために不動産を取得すると、それは保険の代わりになる、

というトークをする人がいますが、決してそうではないケースのほうが多いです。

つなぐことができるファイナンシャルプランナー、商品を仲介するのであれば、そうする理由が明確になっている人に相談することが最も良いのではないか?と私自身は考えています。

 

当事務所が目指すところ

私どものモットーは、全体を見渡し、お金が着実に必要な時に必要なお金が残っている、ということに重点を置いています。
いくら節税が出来ても、いくら保険を最適なものを選べても、いくら良い投資商品を取得できても

 

「お金を残す」

ことを重点的に考えなかれば、

 

「何もしなければよかった・・・」

となるケースが非常に多いということを知っているからです。

専門のネットワークで、あなたのお金を効率的にかつ、安全に残すお手伝いをしていますので、安心して相談頂けます。

ただし出来ないことは当然あります。
法律で制限のある行為はできませんが、あなたがお金を残すアイデアはご提案できます。また、相談を受けているときは自分が何をできるか?は二の次で相談をすることを心がけています。

 

イメージ図は下記のとおりです。

専門的でない事、自分にできない事、自分よりも効率的に仕事をしてくれる専門家がいる場合は、
下記イメージ図の通りの提携専門家にクライアント様の許可を得て委任しておりますので、
ご安心下さい。

お問い合わせはこちら

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。

 




貯蓄額早見表

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

貯蓄や資産形成をする上で大切なことは、
「金利(利回り)」と「時間」が特に大切になります。

 

その上で、貯蓄金額・金利・時間によってどう変化するのか?早見表にしました。

月に10000円ずつ積み立てた場合

※受け取り時の課税等は考慮していません。

 

現状の銀行預金は、ほとんど金利はない状態ですが、1%で運用できると、30年後の金額は615,000円変わります。3%ですと、2,280,321円の差となります。

「複利」といって、時間がたてばたつほど、この差は大きくなる傾向にあります。

月に30,000円ずつ積み立てた場合

月に50,000円ずつ積み立てた場合

 

いくら積み立てて、どれくらいの金利だと、どのくらいのお金になるのか?と言うのはわかりましたが、実際問題いくらのお金が例えば、老後にあればいいのか?ということが興味あるところかと思います。

現状の状況から確認していきましょう。

 

老後の必要資金

生命保険文化センターのデータによると、ゆとりある老後を暮らすための金額は、月額で約36万円くらいと言われています。最低限ということでも26~27万円と言われています。

間を取って、必要資金が30万円、65歳から85歳位の20年間として考えた場合いくらのお金が必要になるでしょうか?

単純計算で、

 

30万円×12ヶ月×20年間=7200万円

年金云々を考えず、必要金額としては、7200万円が必要ということになります。
ということはです、

 

老後の必要資金=7200万円ー(老齢年金の受取額)

老後の年金が夫婦で約18万円受け取れたと仮定すると(モデルプランは23万円)

(※正直不確定要素は多いですが・・・)

老齢年金の受取額=18万円×12ヶ月×20年間

        =4,320万円

 

老後の必要資金=7,200万円ー4,320万円

       =2,880万円

約3000万円は貯めておきたいところですね。国民年金の方やもうちょっと窮屈な暮らしを避ける準備をしておきたい、という方は、それ以上の準備が必要となります。

では、例えば、年利3%くらいで積立ができれば、
貯蓄額が今現在「0」でも月5万円を30年間積み立てることで、この金額は作ることができる・・・

ということになりますね。

年齢にもよります。当然、30年も時間がない人は、それ以上の貯蓄をする工夫をしていく必要があります。

 

年利3%運用なんてできるの?

実際の疑問はこういうところですが、3つの金融機関の記事をご覧になっていただくと少しだけ可能性を感じていただけるかもしれません。

将来何があるかわかりませんから、当然、分散も必要です。
その前に、まずは貯蓄する習慣、続けて貯蓄できる「決意」と「家計管理」ができるようにしていくことがまずはじめに必要になる事だと思います。

 

詳しくは、お問い合わせまたは、「勉強会」でお話しています。
「勉強会」に参加できない方も、スカイプ等でお話することも出来ますので、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

勉強会の案内はこちら

個別相談の案内はこちら

 

お問い合わせ

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。




欲しいものと必要なもの

欲しいものと必要なものは違う・・・

 

ここで必要な考え方は、
欲しいものと必要なものは違う、と思うことが重要。
もう一度いいます。

「欲しいものと必要なものは違う」

 

この2つのワードで分けるとしたらすべてのものが

この4つに分類されますよね。

①欲しいもの=必要なもの

②欲しいもの=必要じゃないもの

③欲しくないもの=必要なものは

④欲しくないもの=必要でないもの

こう分類すれば、誰しも
①と③は買うべきものであり、
②と④は買うべきでないと思うと思います。

 

つまり、

①欲しいもの=必要なもの・・・◯

②欲しいもの=必要じゃないもの・・・▲

③欲しくないもの=必要なものは・・・◯

④欲しくないもの=必要でないもの・・・☓

 

おすすめ書籍

私たちの買い物は「衝動買い」という言葉もありますが、感情で買うか買わないか決めています。

この本にもそんなことが書いてあります。

『経済は感情で動く』

経済は感情で動く : はじめての行動経済学

新品価格
¥1,666から
(2017/8/2 16:51時点)

 
だからこそ、この4分類は認識しないといけないと考えます。
※欲しくないのに必要なものとは、おもに、あなたの将来に向けた自己投資というもので、ここにはおかねをかけるべきだとかんがえています。
例えば、本を読む、勉強会に行く、見聞を広げる、資格を取る、スキルを身につける、などなど(お金のかけすぎはダメですが、予算を決めて!)

 

欲しいものはプラスの収入で買う?

今ある収入の中で、支出と貯蓄をどうするか考えるのが
ファイナンシャルプラン、ライフプランだと思い込んでいる専門家もいますが、
私はそうではないと考えています。

今ある収入の中で、と考えていいのは、「必要なもの」に限定します。

必要経費、という言葉あるように、必要なのだからその中でやって当然です。

それでも、どうしても

「欲しいもの」というのもあります。これは、必要なものを得、貯蓄をした上で、余った額をまたは、別のところから得た収入で買う

 

こういう風に考えることがその時の貯蓄を減らさず、また、

将来のお金を残す大きな要因となるでしょう。

そんなことどうやるの?

という話ですが、余分なお金を作るためには、

「収入を増やす」か「支出を減らすか」しかありません。

 

この期に及んで宝くじとかそういうのは一旦おいておきましょうね(笑)




はじめに

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

お金の不安を減らしたいなら必読です。

セミナーや個別相談のサービスを検討されている方や、既に予約済みでこれからサービスをお受けになる方へ

私の考えを最初にお伝えしておこうと思います。

その前に簡単な自己紹介はこちらから

当事務所では、個別相談の際は、最初の30分間、私共ができることをお伝えしていますが、

なかなか私の価値観をお伝えするには時間が足りません。

私共は、

あなたのお金に関する問題解決のお手伝いをするのが仕事で、

あなたの夢や目標を実現するために
最速で効果が出る方法をお伝えすることに注力していますが、

そのためには、

もしかするとあなたが思っていることや
手順やステップは私の話すこととすこし違いが出るかもしれません
この温度差や意識の差がないように優しい言葉で解説することを心がけていますが・・・)

 

そこで、私共があなたのお金の問題や将来の希望達成のためにできることや
私どもが抱いている価値観をここで 共有したいと思います。

 

ぜひ、最後まで読んでくださいね。

最も重要視することからお話しします。

それは、

「お金を必要な時のため、きちんと残すことがもっとも大切」

ということです。

 

わたしたちの置かれる環境のおはなし(年金)

よく聞く話だなって思う方も、そうでない方も確認してほしい、今の現状のお話です。一緒に確認していきましょう。
老後の年金がもらえるのか、もらえないのか?などの話をする前に、現状を確認しておきましょう、というパートです。

年金、現役世代何人で支えている?

下記のグラフで見れば明らかですが、徐々に徐々に、若者が減って、年金をもらう世代が増えていくことがわかりますね。見ての通り、現役世代の年金保険料の負担が増えて、引退後世代の年金生活人口が増える、ということがわかります。

 

ちなみに、日本の人口の推移状況と予測ですが、下記の図のとおりとなります。

2010年国勢調査より

 

こういう状況からも、将来に備えることは大切なことです。コレに異議を唱える人は少ないかもしれませんが、どういう考え方で、どんなことをしたらいいのか?必要な時に必要なお金が残すためにどうしたらいいのか?というのを

「安心」「簡単」「長続き」のテーマの元お話していきたいと思います。

 

わたしたちの置かれる環境のおはなし(買い物編)

わたしたちがこれから支出していく上で、のお話も知っておきたいところです。
まず確認しておきたいこと、ですが、「日本銀行」の「教えてにちぎん」というサイトからの抜粋です。

昭和40万円の10000円の価値の今

昭和40年の10000円は、今のお金にすると、経済の統計から確認すると、2万円または、4万円という価値に変化しています。つまり、昭和40年のときに10000円で買えたものは、50年以上たった今は、2万円または、4万円払わないといけない、ということになります。(ただし、統計の話であり、実際はもっと10000円の価値は変わっていることは予測されます)

では、これからどうなっていくのか?ということですが、その前に何度も言いますが、現状を確認しておきましょう。

 

例えば食べ物のお話

わたしたちの食べ物のお話です。聞いたことがあるかもしれませんが、わたしたちの国(日本)の食料自給率は世界に比べて低いです。下記のグラフをご覧ください。
日本の食料自給率は40%、あとの60%は他の国からの輸入に頼っています。ということは、です。
例えば、海外の農作物が不作になれば、当然のごとく農作物の値段は上がります。

ついでに、ですが、下記のグラフは、輸出と輸入、どっちが多いか?という各国の比較です。見ての通り、日本は「輸入大国」ということになります。

 

わたしたちの置かれる環境のおはなし(エネルギー)

ちょっと身近な話ではないように聞こえるかもしれませんが、「エネルギー」の話です。
日本は世界で第5位のエネルギー消費国です。なんとなくイメージはつくと思います。しかしながら、エネルギー消費国でありながら、自給率はたったの5%に過ぎません。世界ではどうか?というと、下記のグラフをご覧下さい。

先進諸国と比較すれば一目瞭然です。
日本のエネルギー、食料ともに、他の国々の状況によって値段が変わりやすいことがわかります。
わたしたちの支出や「買い物」は今まで通り、思った通りに行きにくい、という環境にあることがわかります。

つまり、日本はこれまで、「世界と上手にバランスを取って生きてきた国」といえます。

 

ガソリン価格の事例

下記をご覧ください。ガソリンの価格はその時の原油の価格と、ドル円(為替)によって下記のように変化しています。

セミナーや個別相談では、これらの過去5年間に渡る状況をご覧いただくことが出来ますが、環境によって

値段が変わり、わたしたちの生活に影響を与えていることがわかります。

このように、わたしたち、市民にはどうしようもないこと、ということが知らず知らずに起こっている、
ということはご理解いただけたでしょうか?それ以外にも少子高齢化によって、ジワリジワリと変化していることなどもありますが、少し後に話をしたいと思います。その前に、
当事務所の最大の課題としている
「お金を残す」ということを少しだけ簡単に話をしておきたいと思います。

お金を必要な時のため、きちんと残すことがもっとも大切

少しだけ、考え方のお話をしていこうと思います。

残すってなに?

そう思われる方も多いかと思いますが、
これは、裏を返せば、残らない人が多い、と言うことです。

それを証拠に、老後のお金として必要とされているお金はいろんなことを言われていますが、
3000万円とか、6000万円とかいろんな金額が言われていますが、貯蓄の現状を確認して見ると、そこまでみなさんが貯蓄しているというデータはどこにもありません(大多数がそれ以下です)

参考データ<貯蓄の現状>

下記のグラフは内閣府HPより抜粋した、貯蓄額の分布です。
先ほど3000万円は必要という話も多くある、という話もしましたが、高齢者世帯で3000万円以上の貯蓄がある割合は3割弱、7割はそれ以下の貯蓄額となっています。
これは今の収入や今後の支出のことを考えると、今後変化していくことは予測されます。

(内閣府HPより)

そんな話からもあなたの将来はどうなっていくのか、きちんと見極めておくことは重要といえます。

あなたには下記のことは当てはまりますか?

・稼いでいるけどお金がたまらない・・・

日本の世帯年収の平均は400万円前半と言われていますが、
それを超えていても平均以下の貯蓄額しかない、

または、貯蓄がほとんどできていない、そんな方も多いかもしれません。
・前はお金を貯めていたけど、収入の変化や生活環境の変化で貯金が減ってしまった

・貯金を低金利で運用するのは勿体無いので、投資をしたら結果、増えるどころか減ってしまった

・知人から投資を持ちかけられてやってみたら、詐欺だった・・・
(これは、意外に少なくないです。当事務所の開催するセミナーの参加者の2割くらいはここに該当する人がいたりします)

 

ちょっと長くなりましたが、お金を残すと言うことを教えている人は少なく、また、多くの方の苦手分野だと言うことを認識しておいたほうがいいです。あなたにももしかしたら読み進めていくうちに当てはまるものがあるかもしれませんし、すでに当てはまるものがあったかもしれません。

 

お金が必要な時に残らない理由

では、それをどうやっていくのか?と言う話ですが、残らない理由を分析するとこうなります。
当たり前のこともありますが、

☑収入と支出のバランスが不安定で、適切な貯蓄ができていないこと

☑思っている以上にお金を使ってしまっている

☑周りに合わせた生活をしている

☑貯蓄とは、余った額を銀行においておくこと、と言う結果になっている(意識と結果が違っている?)

☑時間の経過とともに、支出するものの単価が上がっている
(高いものを買うようになったと言うのもありますし、そもそも物価が上昇している)一例として、住宅価格は東京を中心に増加していますし、教育費は年々増加しています。

☑日本人はほとんど輸入で消費しています。他国の状況によって物価が変わることもあります。食料は約6割輸入ですし、エネルギーの代表である石油は9割以上輸入です。

(詳しくは面談時にお話ししていますが、細かい数字は知らなくても大丈夫です)

☑金利が超低金利状態にあると言うこと

☑買い物やローンを組む時、その先の支出が増える、と言うことを問題視していないこと

(毎月1万円増えるくらいなら大丈夫か?という考え方は私は安易だと思っています)

など挙げられますが、まだまだあるでしょう。

 

こう言う環境にいることを認識する必要はありますね。

ちょっと余談になるかもしれませんが、こう言う話をすると、

 

じゃあ、何にも買いたいものを我慢すると言うことですね、それは、いやです。なんか楽しくないですね。

とため息混じりでおっしゃる方も多いですが、
そんな意見を言いたくなるのも事実です。

かくいう

私もそういうのは嫌です。

それを避けるために何をするべきなのか?と言いますと、私ならこう考えます。

 

「欲しいものと必要なものは違う」

ここで必要な考え方は、
欲しいものと必要なものは違う、と思うことが重要。
もう一度いいます。

「欲しいものと必要なものは違う」

 

この2つのワードで分けるとしたらすべてのものが

この4つに分類されますよね。

①欲しいもの=必要なもの

②欲しいもの=必要じゃないもの

③欲しくないもの=必要なものは

④欲しくないもの=必要でないもの

こう分類すれば、誰しも
①と③は買うべきものであり、
②と④は買うべきでないと思うと思います。

 

つまり、

①欲しいもの=必要なもの・・・◯

②欲しいもの=必要じゃないもの・・・▲

③欲しくないもの=必要なものは・・・◯

④欲しくないもの=必要でないもの・・・☓

 

私たちの買い物は「衝動買い」という言葉もありますが、感情で買うか買わないか決めています。

この本にもそんなことが書いてあります。

『経済は感情で動く』

経済は感情で動く : はじめての行動経済学

新品価格
¥1,666から
(2017/8/2 16:51時点)


だからこそ、この4分類は認識しないといけないと考えます。
※欲しくないのに必要なものとは、おもに、あなたの将来に向けた自己投資というもので、ここにはおかねをかけるべきだとかんがえています。
例えば、本を読む、勉強会に行く、見聞を広げる、資格を取る、スキルを身につける、などなど(お金のかけすぎはダメですが、予算を決めて!)

 

今ある収入の中で、支出と貯蓄をどうするか考えるのが
ファイナンシャルプラン、ライフプランだと思い込んでいる専門家もいますが、
私はそうではないと考えています。

今ある収入の中で、と考えていいのは、「必要なもの」に限定します。

必要経費、という言葉あるように、必要なのだからその中でやって当然です。

それでも、どうしても

「欲しいもの」というのもあります。これは、必要なものを得、貯蓄をした上で、余った額をまたは、別のところから得た収入で買う

 

こういう風に考えることがその時の貯蓄を減らさず、また、

将来のお金を残す大きな要因となるでしょう。

そんなことどうやるの?

という話ですが、余分なお金を作るためには、

「収入を増やす」か「支出を減らすか」しかありません。

 

この期に及んで宝くじとかそういうのは一旦おいておきましょうね(笑)

 

プラスの収入を得る方法

プラスの収入を得る方法

 

支出については、別途話すとして、収入についてです。

昔はアルバイトする、くらいしか

でてきませんでしたが、今は違います。

ど素人でも、サラリーマンでも自分の持っているものを
使って収入を得ることは可能です。

一例ですが、今は、ど素人がものを販売できる仕組みやプラットフォームがたくさんあります。
たとえばそのひとつにメルカリがあります。
不要なものを販売して、収入を得て、おまけに部屋が片付く
これは、一石二鳥です。

これは、実はたくさんのスキルがあればあるほど、いいのですが、
これをおしえたら、翌月20万円くらいになった人もたくさんいます。

※詳しくは、「今すぐ50万円の貯蓄を作る方法」というレポートを用意していますので、ぜひ、ご連絡ください。個別相談の参加者にプレゼントしています。

 

ちょっとそれましたが、欲しいものは稼いで買う、必要なものはやりくりする方法を考える

これが、必要以上に支出をしないための私の考え方です。

 

何かを得たら何かを失う、位に思っておけば結構気軽に買う考えられると思います。

<補足>

プラスの収入を得る方法をピックアップしてみました。よかったら参考にして下さい。
・アルバイトをする(定期、不定期)派遣など
・不用品を販売する(不用品販売を手伝ってあげる)

<メルカリ>

会員登録時に招待コード「ZFDNDS」を入れると、最大10,000円分のポイントが当たるくじ付き
自己アフィリエイトをする(アフィリエイトをする)

 A8ネット、モバ8など
・覆面調査のアルバイトをする
・自分の持つスキルを販売する(ココナラ等)
クラウドソーシング「ランサーズ」 、クラウドワークス等で各種作業を代行する

などなど。

個別相談では、これらを活用して、長続きできる、はやりに惑わされない方法を「やる」と決めた方だけにお教えしています。

支出を減らす方法

 

支出を減らすという観点からいうと、

上に書いたような考え方とともに、当たり前に支払っているものの

お金の値段はほんとうにそうなのか?

とまずは自分に問うことから始めることも大切です。

保険の支出を減らす方法

たとえば、ですが、

ショッピングモールなどにかなずあって、無料相談している
「保険ショップ」というのが多くあります。
(当事務所にはそこでアドバイスを得たものは正しいですか?というセカンドオピニオンを受ける方が増加していますが、、、)

ここに行くだけで特定の保険に入っていた際は、支出削減には一応なります。

しかし、

保険は、

自分で自分を貧乏にする要因にもなれば、将来を幸せにする要因にもどちらにもなります。
私どもの相談時には保険の内容確認や特殊な分析がありますが、これらは必須です。

なぜなら、保険屋さんが保険を売る理由と、私が保険をライフプランに取り込む理由が全く違うからです。

保険は私どものカウンセリングを受けると、確実に支出を減らす仕事をします。アドバイスが支出を減らすのではなく、保険が支出を減らしたりもします。この話は相談時に詳しくやっていますが、今色んな所で見聞きする話はあまりあてにならない、という話です。

 

私どものところでは、
きちんと『お金が残る保険の入り方』と『今の保険をグレードアップさせる方法』が分かります

 

住宅費の支出を減らす方法

次に

住宅費。特に住宅ローンですが、
ネットで見ればわかりますが、住宅ローンで検索し、
各銀行の金利を見てみてください。どうしてここまで違うのか?

と。。。
そうなるはずです。

それと、ネットに比較サイト、ありますが、あれはほとんど役に立ちませんよ。
それはなぜか?

あれを書いているのは住宅ローンを販売している人ではないからです。じゃあ、誰ですか?ということで言えば、
「アフィリエイター」です。販売する人の代わりに、ネットから客引き(資料請求や面談など)をすることで、収入を得る人たちです。

 

本当にあなたにとって有利な銀行は実在します。しかしながら、
アフィリエイターはクリックやもうしこみで報酬が発生しますが、
そのアフィリエイターが紹介することができなければ
そのサイトからあなたに情報が届くはずがありません。

 

じゃ、ひとつひとつ銀行を訪ねますか?

大変ですよね。私どものところに来ればそれは、一発で検索が可能だったりしますよ。

そういう宣伝はおいておいて、ネットの情報は偏りがあったりするということを頭に入れておかないといけないです。

 

住宅ローン削減無料診断はこちら

 

お住いが賃貸の人もそうです。
10年間家賃が変わらない、なんておかしな話です
東京をを中心に住宅価格が上昇しているという話をしましたが、

地方はそんなことはありません。
すると、です。

アパートやマンションなど相続対策とか節税対策といって、
バンバンたてられています。

そんな中10年住んでいるあなたのマンションの値段が
上がっているわけもなく、むしろ、減っていて当然です。
ということは交渉の余地あり、ということです。

 

通信費の支出を減らす方法

次に、通信費。

実は、ということがたくさんあります。格安SIMなんていうのもそうですが、
「あー知ってる知ってる、、、」で終わらせてはいけません。
格安SIMで年金を作ることだってできたりします。
ご興味あれば聞いてください。

スマホ代削減無料診断はこちら

支出などは、ネットや巷の情報に惑わされてはダメだということです。

ネットの通信費も電話代も昔からすればかなり大きな金額になっているはずです。
これらは、時代の変化とともに、なんとなく変化してきただけであって、もう一度分析したりしてみると
結構色々対応することで支出の削減が可能だったりします。

 

支出の話のまとめ

支出の話を総括すると、
大きな支出は、仕組みで解決できます。そう私は思っています。
それ以外のものは、「習慣以外ありません」

 

特に、年収1000万円を超えていても貯蓄が増えない家庭の
多くの原因をここでおつたえしておきましょう。

「どうせなら」

「●●だとカッコ悪い」

こんなところから来ています。

もう一度あなたの身の回りのもの

「必要で買ったもの」

「欲しくて買ったもの」

に分けて確認してみてはいかがでしょうか?

ここまでほとんどが

支出に対する考え方のお話をしましたが、

続いて貯蓄という話と資産形成の考え方についてをお話ししていこうと思います。

 

スキルやテクニックはたくさんありますから、全てお教えします。ただし、本気の方だけですので、ちゃんとしたい!という方は遠慮なく聞いてくださいね!

 

さて、いよいよ、貯蓄や資産形成のお話に触れていきたいと思います。
セミナーや個別相談ではもう少し詳しく話す内容もありますので、お試し気分でお聞き下さい。

貯蓄ができない・・・

そういうお声はよく聞きますが、貯蓄ができる人はどうしてできるのか?

というと、

節約ができる人でも

収入が高い人

でもありません。

 

もちろんそういう人は貯蓄しやすいですが、

必ずしもそういうわけでもありません。

答えは二つです。

 

①貯蓄する理由が明確

②貯蓄の仕方が意思でなく作業で行なっていることの

 

私自身もまさにこの考え方でやって来ました。

理由がないことを一生懸命やることはまずありません。

目標や不安を持ちたくない、

これだけです。

お金が貯まる人は

毎月一定額を貯蓄することができ、

持っている貯蓄を簡単に切り崩しません。

 

決して投資でうまくいっている人ではないことを覚えていてほしいです。

全くそんなことはありませんので。

投資のはなしは別途お話ししますが、いまうまくいっていても将来うまくいくかどうかはわかりません。

確実に、着実にお金が残ることを最優先し、できれば、ちょっと増える、

くらいの考え方がちょうどいいのです。

 

貯蓄の最も重要なポイントは、繰り返しになりますが、

毎月一定額を貯蓄する習慣があり、

持っている貯蓄を簡単に切り崩さない人、になることです。

 

この考え方は、私が家を現金で買うことができた最も大きな理由と言えます。

とは言え、ただ貯金していればいいという話でもありません。

日本人の多くの方が、貯金は銀行においておくものだと思い込んでいます。

ただ、最近では、投資信託などだいぶ身近になって来たので、

そういうことも視野に入れる人も多いですが、

ほとんどの人が失敗しています。

理由はかんたん。

「増える」と思い込んでいるからです。

 

むしろ、「増える」に焦点を当てているうちはまず無理です。

二つ目に、長期的な視点がないのはもっとダメです。

いわゆる「一喜一憂」はもともお金を有利に形成していく上で敵といってもいいでしょう

じゃ、何をすればいいの?と怒られそうですが、

まずは、なんで銀行にお金を行い方がいいのか?

を認識しておくことですね。

銀行にお金を置かない方がいい理由

超低金利であること

これはもういいですよね。

先ほども長期の視点で見ましょうね、という話をしましたが、

長期の視点で見れば見るほど、リスクを伴うのです

銀行預金がリスクなのではなく、

銀行預金に置くことだけ、ということ自体がリスクです。

 

それはなぜか?と言いますと、

一度軽く触れていますが

私たちの買うものの多くが輸入品です。

食料品で言えば、6割が輸入品だそうです。

ほとんどのものが石油製品といってもいいのですが、その石油は

9割以上が輸入品です。

 

わたしたちの支出は世界の情勢に左右されてしまうということ。
そう考えると、実際に貯蓄している金額が価値を下げる可能性だってあります。

 

 

たとえば、石油で言えば(ガソリンも軽油も同じですが)

日本の石油会社はどの通貨を使ってかいがいから買うでしょうか?

円ですか?それとも?

ほとんどの場合において、「円」を使うことはないです。

たとえば、サムスンという会社とソニーが取引するとします。

サムスンは韓国の会社ですから、「ウォン」という通貨を用いています。

ソニーは日本の会社ですから「円」です。

実際の取引はどの通貨を使いますか?

というと、、、

ウォンでも円でもありません。

おそらく、「米ドル」を使うと思います。

 

同じように、石油会社も

サウジアラビアから石油を買おうが、イランから買おうが、

たいていの場合、「米ドル」を使用します。

このように、

日本は常に、ものを日本に持って来ようとする場合、他国の状況に値段が左右されるということです。

ということは、です。

車に乗る方であれば、

ガソリン価格は気になりますよね。

1ドル100円で1リットル100円だったとして、

1ドル120円になれば、1リットル120円になるのです。

(原油価格が変わっていないと仮定すれば)

 

円だけで持っているのはナンセンスな時代と言えます。

もうちょっと付け足します。

世界のお金を100とした場合、日本の円というのはどれだけの割合を占めるか?

というと、

約3%です。

ちなみにユーロは約25%くらい、米ドルは約66%です。

世界の通貨としては強い方ですが、それでも

ヨーロッパやアメリカの情勢にかなり左右される国、日本ということです。

ということは、世界中の物の値段が上がったり、日本円の価値が低くなった時、

日本円の価値は大きく下がることを意味します。

詳しくは面談時に私が毎日日記のようにつけている表と連動させながら

優しくお話ししますね。

それを知らずに、お金を増やしたいと投資を始めると、

間違えなく失敗します。

基本的にお金というのは

なんでも商売でも一緒ですが、

安く仕入れて高く売るから儲かるのであって、

そうでない場合は損をするようにできているからです。

日経平均株価連動の投資信託などあります。

日経平均株価がいまは約2万円前後ですいいしています。

これ、歴史的に見ると、かなり高い水準です。これは、どういうことを意味するのか?

わからないものに手を出してはいけないのです。

 

どうやって有利にお金を残したらいいか?

 

どうやって有利に増やせばいいのかという話をこれからして行きたいと思いますが、

よろしいでしょうか?

大事なのは必要な時にお金が残っていることです。

どんな商品を選ぶべきかという議論をする前に、

・毎月一定額を貯蓄する

・貯蓄を簡単に切り崩さない

 

これをまずは念頭に置いておいてください。

では始めますが、

大事なことは

「将来の受取金額が予測できる」

これが私は重要視します。

 

なぜなら、

お金のアドバイスをする上でも、自分のライフプランを考える上でも、

予測できないことほど不安なことはありません。

 

ですからまずはそこを重要視することです。

ただ、ですが、最低保障されている金融商品というのは、預金と債券以外ありません。

(債券は元本が保証される時期が限られています)文字だけですと、誤解を呼ぶ可能性もあるため、ここはセミナーや個別相談にいらした際にお話します。

 

実際には預金だけと思っておいたほうがいいです。

すると、元本が保証されていて、有利に貯蓄できる金融商品。

必然的にそんなものはない!ということになります。

あるにはありますが、あなたの身近にはありません。という話です。

 

そんな話をしていると話がどんどん個の部分に入って行きそうですので、

大きなところから金融商品を見て行きましょう。

 

3つの金融機関

 

日本には金融機関が大きく分けて3つあります。

ひとつが銀行、二つ目が証券会社、三つ目が保険会社です。

注釈を入れるとすると証券会社の扱う商品の幅が広すぎますので、

一般的な投資信託とでも思っておいてください。

この違いはこちらの動画でご覧ください

http://fp-1.info/archives/2746

 

動画内でもお話していますが、どれがよくてどれが悪い、そういう話ではありません。

あなたのライフプランに合わせて組み合わせることが必要ということになります。

ここは、今あなたが何をやっているのか?ということも大事ですが、
あなたの将来を考えて、0スタートでアドバイスする分野です。

 

お金を有利に残し、増やし、守るための方針がない中でやっていることは多くの場合、役立たないものであるケースが大変多いので、という意味です。

 

いろいろな情報が錯乱している時代ですが、資産形成のもっとも成功しやすい方法、のポイントをお話します。詳しくはお電話でもメールでもいいので、聞いて下さい。

①遠くから決めていく
②長期で考える
③お金にお金を稼がせようとしない
④1日1000円、貯金をする
⑤貯蓄を減らさない工夫をする

 

この5つです。私どもが話をする方法は、少し他と違います。
セミナー等に来てくれればわかりやすいことがたくさんあります。

出来ないことはプロに相談する

かなり長くなっていますが、

ここでは、考え方や価値観の話をしています。具体的な手法はここでは書けません。理由はあなたがどんな順番で、どんな考え方で実行していくことがあなたのためになるのか?ということが大切だと考えているからです。

今までお金で不安を抱えたり、将来に対する不安の取り除き方がわからない場合、それは、今までのあなたの周りに大切なことを教えてくれる人がいなかったから、
ただそれだけの理由です。

 

ですから、こういうことは「お金を払ってでも」自己投資だと思って、進めていくことをおすすめします。
私共は、あなたやあなたの家族だと思って真剣にアドバイスやフォローをしたいと思います。ときにはあなたと一緒にリスクを追うこともあります。是非ご相談の際は、あなたの悩みやあなたの得たい成果や夢や目標をシェアしてみてくださいね。

 

個別相談のステップは以下のとおりです

現状を知る

目標や不安を明確にし、問題点を発見する

解決策を一緒に考える

定期的フォロー

 

詳しくはこちらからもご確認いただけます。

お気軽にご相談下さい

これまで「硬い人たちだ」とか「話しづらい」とか「話が難しい」

など言われたことはありません。

難しいことをシンプルに!

安心・かんたん・長続き!

 

が当事務所のモットーです。お気軽にご相談くださればと思います。

最後になりますが、お申込みはお電話、または、WEB上の申し込みフォームよりお申込みが出来ます。
電話で軽く相談することも可能です。どんな方法でも結構ですので、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

お申込みはこちらから




サボりグセがついたら??

最近子供が夏休みに入ってから
どうもリズムが崩れています。

「サボり」グセがつきました。

 

基本的に午前中は、自宅で作業
することが多いですが、
毎日やることを
「できなくなっている」というか
「やらなく」なっています(笑)

基本的に毎日やるって決めてることは
3つだけなのですが、それを忘れる。

ということで、
必ず治る方法を実行しています。

 

毎日やることを紙に書くとか
手帳に書いておくとか
目に見えるところに張り紙をするとか

いろいろ言う人がいますが、
関心がなければ見なくなります。

なので、絶対やる方法はコレだ!
ということで、コレをやることにしました。

 

「子どもにお願いする」

子どもにやってもらうという意味ではありません(笑)
子どもに

「朝起きたら、◯◯を見て」って言ってくれる?
とお願いしただけです。

夏休みボケと言うか、サボり病が改善されてきました。

子どもに仕事してないと思われるのは
恥ずかしいですからね。

 

この人にサボっているって思われたくない!
って言う人にお願いしてみるのは
いい方法だと改めて思います(笑)

よかったら試してみてくださいね!




高額療養費制度という最強の保険が存在する

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

 

今日は高額療養費制度についてお話をしたいと思います。
『高額療養費制度』と言うのは聞いたことがありますか?あなたが加入している「健康保険」の機能で、
月に一定額以上の金額が医療費としてかかった場合、お金が返還されたり、支払い時に支払額が控除されるというものです。

詳しく説明していきます。

高額療養費制度って何?
医療機関等で支払った支払額がが、1ヶ月(1日~末日)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。(食費や差額ベッド代などは含まれないです)

上限額は、年齢や所得によって異なります

①70歳以上の方

②69歳以下の方

上記内容となっていますが、負担を更に軽減する仕組みも用意されています。

①世帯合算
一人1回分の窓口負担では上限額を超えない場合でも、複数の受診や、同じ世帯
にいる他の方(同じ医療保険に加入している方に限ります。)の受診について、窓口で
それぞれお支払いいただいた自己負担額を1か月単位で合算することができます。
その合算額が一定額を超えたときは、超えた分を高額療養費として支給します。
※ ただし、69歳以下の方の受診については、2万1千円以上の自己負担のみ合算されます。

②多数回該当
過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。

高額療養費制度とは、こういう制度で、病気やケガで医療機関を受診したり、した場合の補助的な機能として使うことが出来ます。
基本的に医療機関で案内はされるはずですが、知っておくだけで、病気やケガで医療機関を利用する際に安心して受診することができるでしょう。

是非参考にしてくださいね。

尚、人によっては、医療保険に加入しすぎ、、、なんて方やそう感じている方は、
この制度のことも確認しておくことをおすすめします。

詳しくはお問い合わせくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




「医療保険は必要ない」という保険屋さんへの反論

よくこんな言葉をよく聞きます。
「医療保険は必要ない・・・」と。。。
もしくは、最低限でいい。と。。。

 

どうしてこういう話になるかというと、話ですが、以下の通りです。

✅医療保険は掛け捨て
✅保険料を掛け捨てるくらいなら貯蓄したほうがいい
✅高額療養費制度制度があるので、それほど保険は必要ないのではないか?
✅いざとなれば貯蓄を切り崩せばいい

 

こんなところだと思います。

ここに一切出てこない話があります。
それは
「実際にこういうことが起こった時の話」

です。

何もない前提であればこの論議自体必要ないと思いますが、
もしも、ということであれば、その時に備える必要は確実にあります

私はその理由をこうかんがえています。
<医療保険は掛け捨て>
医療保険は掛け捨て、といっても、そう言ってさいていげんはいりましょう
といって加入している人たちの保険料よりも保険料を削減する方法だってあります。
つまり、これは、矛盾がるということですね。

<掛け捨ての保険料を払うくらいなら貯蓄したほうがいい>

そもそも、の話ですが、
何のために貯蓄をしているのでしょうか?

病気になって復活した後にだって、夢や希望やお金の使い道はあるはずです。
私個人的には、入院や治療に備えることも「資産形成」の一つと考えていいと思っています。

もしもあなたが、医療保険に入るくらいなら貯蓄しておいたほうがいい
そう思っているのなら、質問があります。

「病気になった時のために貯蓄しているのですか?」

 

<高額療養費制度>
あなたは今何歳でしょうか?私は2017年今年で40歳です。
残り何年の人生があるのかは誰にもわからないことですが、
総務省の統計でこんなデータがあります。

 

同じ年に生まれた人の人数を0歳の時を100とすると、
その100が50になる年齢は男性で89歳、女性で93歳くらいだそうです。

果たしてあなたの周りの人が病院に入院したり、病気がちになりやすい年齢に達した時の高額療養費制度、どんな制度になっているでしょうか?

 

自分でできることは自分でやっておく、これも将来の自身の生活に備えることに繋がると思います。

ただ、勘違いして欲しくないのですが、何も高い医療保険に入りましょうと言っているわけではありません。

必要ないとか、最低限でいいと言っている保険屋さんはあなたがいざという時助けてくれない、タダそれだけです。

しかも、意見としては、極めて乱暴だと思います。
実はあなたが思っている以上に保険という仕組みを活用すると
人生を豊かな発想で生きることができる仕組みをたくさん持っています。

じゃあ、どうやって医療保険を選んだらいいのか?

これをこれからお話しして行きたいと思いますので、ご興味あれば
先を読み進めてみてくださいね。

 

ちなみに、、、
保険会社、保険期間、保険料払込期間によって保険料は大きく変わりますし、払った保険料が後々結果的に全部戻ってくる医療保険も存在します。教育資金や老後資金のみならず、相続対策にもなったりします。

少し長い視点を持って、読んでみると、今までであった生命保険営業マンの人から聞いた話とちょっと違いを感じてもらえるかもしれません。

もし疑問点や感想などありましたら、お問い合わせよりご意見いただければ幸いです。

 




保険屋さんも知らない生命保険の活用方法と入り方

生命保険見直し大百科PART1はこちらからダウンロードできます。

 

その先の細かいところも含めて、

このページでできる限り公開します!
わからないなら聞いたほうが早いです。でも、
わかっていない人に相談すると大きな損失を被ることになります。

できる限りあなたが判断できる材料をここに記していきたいと思います。
しかしながら、「保険業法」という法律の関係上、細かい内容や誤解を与えやすい文言等、
つまり、保険会社名や商品名などは掲載できません。
個別面談やセミナー等で誤解の内容に解説することはできますので、
詳しくはそちらをご活用ください。

 

なお、遠方の方については、スカイプ面談を実施しています。
全国どこの方でもあなたのための情報を得ることができますので、詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

それでは、一つ一つわかりやすい言葉でお話していきたいと思いますので、
お時間許す限りご覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

なお、メールでこれらの情報を受け取りたい方は、
こちらから。

それでは始めたいと思いますが、その前に、
保険見直し大百科PART1をこちらから請求すると、より理解が深まります。

 

下記準備中

 

<目次>
<生命保険の入り方でこんなにも差がつく>という事例

<医療保険編>
「医療保険は必要ない」という保険屋さんへの反論
医療保険の「継続入院」意味が違う(○○型)
高額療養費制度という最強の保険が存在する
医療保険の入り方
●どれだけの保障をいつまで、いくらで準備するのか?
●入院短期化時代のほんとと嘘
●やっぱり入院後の通院は増えている!?
●入院しなかったら損じゃないか!?
●いつの間にか入っていた無駄の多い医療保険
●払込方法で得する方法
●病気になって、保険料が払えない!?
●がん治療の現状とがん保険の入り方
●まずは現状を確認しておきたい方はご連絡ください。
●セミナーで!
●医療保険のチェックポイント
 
<生命保険編>
●本当は保険料は払いたくない!と思っていませんか?
●あなたが生命保険に加入する理由
●保障額ってどういうこと?
●必要保障額から貯蓄を引く
保険で保険を安くする方法
●銀行にある1000万円を2000万円にする方法
 
<保険を使って貯蓄する3つのメリット・デメリット>
●保険で貯蓄している人の大半が損をしている
3つの金融機関
●短く払って長く寝かせる
●10年以上先の貯蓄は「保険を使う」
 
<安心・安全な貯蓄戦略3つの方法>
●生命保険を活用する方法
●IDECOを活用する方法
●NISAを活用する方法
●その他を活用する方法

<よくある質問>

保険と貯蓄は分けたほうがいいですか?
●うちは保険に入りすぎですか?
 



医療保険の継続入院の意味は少し違う

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

 

家計のカウンセリングをしていると、
保険や医療保険と言った話になることがよくあります。

幾つか質問したりするのですが、殆どの人が

 

説明を受けていない、
または、
覚えていない

 

というのが○○日型と言うものです。

あなたが医療保険に加入していれば、
証券を見ると必ず書いてあります。

主契約○○日型

 

と書いて有ることでしょう。

この意味は何か?という話を少しだけします。

例えば、
60日型と言うものを選んで加入していたとしましょう。

私が

どうして60日型を選んだのですか?と言った質問をすると、

「今は入院も減っていると言うし、60日も入院するなんてことないでしょう」

こんな風に考える方は結構多いです。

 

この意見に、「良い」「悪い」はありませんが、
この意味を理解しておいたほうがいいと私は思います。

 

この意味とは?
継続入院が60日以内なら支払います、60日を超えたら、支払いできません。
その場合、180日間間が空いたら支払いますよ。

というお話です。図で表すと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やばい話かもしれませんが、結構保険会社の人も知らない人多いみたいです。
せっかくの保険、
出ないな事になったら意味がありませんからね。

医療保険における継続入院とは?

普通に思っている継続入院は、続けて入院から退院、
退院したら継続していないということが普通ですが、

医療保険においては、
退院の翌日から180日間経過しない場合、入院すると継続入院に追加されるということです。

コレを知っているか知らないか、結構大事だと思います。

ぜひ覚えておいてくださいね!

 

また、今は入院も短期化していると言われています。その分
通院したり、再入院したり、ということは増加傾向にありますので、
そのあたりも別記事に記載していますので、参考にしてみて下さい。

ここまで読んでくれてありがとうございます!




法人と個人の支出を1円も変えずに社会保険料だけ劇的に削減する方法

社会保険料の負担で悩む経営者必見です!
法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけをws000000
「ガツン」と削減できるまだ誰も知らない
【社会保険料削減方法】を、あなたにお教えします。

 

はじめまして、埼玉社会保険料削減相談センター代表の阿久津和宏と申します。
中小企業の「社会保険料」の削減を通じて経営改善のお手伝いしております。

ストレートにお話します。
今からご紹介するのはオーナー企業の社会保険料を「ガツン!」と削減するスキームです。

間違いなく、あなたも「何それ?詳しく聞かせてよ!」と前のめりになってくれるでしょう。

 

なぜなら、このスキームは次の7つをお約束するものだからです。

メリット|決算期に関係なしで導入できる
→ 決算月などに影響されず、すぐにでも実行可能なスキームです。

メリット|面倒な手続きは不要である
→ 面倒な手続きは不要です。賃金台帳の記載方法を変更するだけです。

メリット|財務状況は関係なし
→ 黒字でも赤字でも財務状況に関係なく効果の出るスキームです。

メリット|合法プランである
→ コンプライアンスに抵触する違法・脱法スキームではございません。

メリット|オーナー企業に大きな経済メリットを提供できる
→ 小規模零細企業でも数年で8桁の手元キャッシュ増加が可能です。

メリット|法人と個人の支出は1円も変えず実現可能である
→ 導入にあたっては法人・個人ともに1円もキャッシュアウトすることなく実行可能です。

なぜ2人の社長はこんなに保険料が違うのか?

以下は報酬別・社会保険料額の一例です。結局、オーナー社長は法人負担分も自分のサイフから払っているのと同義ですから、ここには法人負担分の社会保険料も含まれています。 ご覧のとおり、報酬に比例して社会保険料も高額になっていきます。ここに個人の所得税と住民税が加えたものが“手取り”と考えると、「稼いでもお金が残らない」という理由が見えてくるのではないでしょうか。

報酬別・社会保険料額
年間社会保険料 600万円 900万円 1,200万円
約176.2万円 約236.5万円 約268.4万円

※東京都協会けんぽの場合/介護保険料を含めた場合で計算

次に2人のオーナー社長のケースを見てみましょう。2人は東京で事業を営むオーナー経営者で、売上も同程度、年齢も同じ、年収も同じでした。ところが、ひとつだけ違っている点があったのです。 それが社会保険料です。A社長は約268.4万円の負担。B社長は約176.2万円の負担だったのです。

社会保険 A社長 B社長
年齢 45歳 45歳
性別 男性 男性
業種 製造業 製造業
会社所在地 東京都 東京都
年収 1,200万円 1,200万円
年間社会保険料 約268.4万円 約176.2万円

ご覧のとおり、法人負担を含めてA社長とB社長の社会保険料は「約92万円」も違います。社会保険料以外はA社長もB社長も同じ条件なのに社会保険料だけ大きな差が出ています。

「なぜこれほどまで差が出るのか?」

それはB社長が私どもの『社会保険料劇的削減スキーム』を実行したからです。もちろん、A社長もこのスキームを実行するとB社長のように「約92万円」の保険料を削減できます。ここでのケースでいうと、年収を変えたわけでも、社長を退任したわけでもありません。経営環境や法律が変わったわけでも、売上が伸びたわけでもありません。しかし、これだけの差がでるのです。

いかがでしょうか?
少しは興味を持っていただけたでしょうか。通常の社会保険料削減策といえば、その効果も限定的で、ある程度の規模の会社(従業員数が多い)でないと、企業のキャッシュフローに劇的なインパクトを生み出せず、それでいて実行するのが面倒なものばかり、というのが実情です。例えば、市販されている社会保険料削減のノウハウ本には次のような方法が書かれています。

昇給月を見直す    残業代を固定給にする    退職日を末日の前日にする
年棒制を導入する    交通費の支払い方法を工夫する    給与を報酬等級の右端に揃える
借り上げ社宅制度を導入する    常勤役員を非常勤役員にする    パート社員を活用する
業務請負契約の導入    …etc

正直、これらの対策ではなかなか触手は動かないのではないでしょうか。たしかに、ひとつひとつを実行すれば、多少の社会保険料の削減につながるでしょう。しかし、たいていの経営者は実行に移すことはないはずです。なぜなら、経営者という生き物はいつだって得ら「効果」と「時間・労力」を両天秤にかけているからです。

ところが、私どもがお教えする『社会保険料劇的削減スキーム』はそうした削減策とは大きく一線を画すものです。なぜなら、私どものスキームは、“法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減し、法人と個人の手元キャッシュを最大8桁増やせる独自のノウハウ”だからです。

平成29年の9月分[10月納付]からの労働保険・社会保険料額表
社会保険 会社負担 個人負担 労使合計
健康保険 4.985% 4.985% 9.970%
厚生年金 9.150% 9.150% 18.300%
介護保険 0.790% 0.790% 1.580%
労災保険 0.300% 0.300%
雇用保険 0.850% 0.500% 1.350%
合 計 16.075% 15.425% 31.500%

ということは、このまま何の対策も講じなければ、仮に売上がこれまでと同じでも、残る利益の額(手元に残るキャッシュ)は年々逓減し続けてしまうわけです。これでは日頃の経営努力も報われません。

さらに、厚生労働省の推計によると、厚生年金や医療費などが膨らみ、今後は社会保険料が大きく上昇する見通しだというのです。2025年度の社会保険料は現在より15%強も増え、個人負担で30%を超えると予測されています。負担増が話題になる「増税」と異なり、社会保険料の上昇は「見えない増税」です。このような状況の中で、あなたはまだ、、、

「このまま何の対策も打たず、社会保険料を払い続けますか?」

というのが私どもの出発点です。率直に申し上げて、現行の社会保険は保険料を払えば払うほど“割を食う仕組み”になっています。民間の保険商品なら保険料に見合う給付内容を受けられます。しかし、社会保険は真逆の事態になっているのです。つまり、「保険料料の負担が大きいほど、それに見合う給付内容が受けられない!」という制度矛盾です。従って、会社のキャッシュフロー改善のためにも、保険料負担に見合う給付内容を受けられない本人のためにも、社会保険料対策は急務の課題といえるのです。

そこで急遽、私どもでは、まだ誰も知らない【社会保険料削減方法】について解説した小冊子を作成することにいたしました。本来、この小冊子は私どもの取引先に差し上げていたのですが、若干の余りが出ました。そこで急遽、まだ私どもとお付き合いのない企業様にも在庫限りで「無料進呈」することにいたしました。

無料小冊子を手に入れるのは簡単です!

右上のお申込みフォームに必要事項を入力いただくだけ。お申込みの受付後、2営業日程度で小冊子をあなたのお手元に発送いたします。社会保険料削減の無料診断サービスもご提供しております。ご希望の方はコチラからお申込みください。小冊子に付属されている『事前診断シート』をFAX返信いただいてもけっこうです。「御社の場合はいくら削減できるのか?」をシミュレーションして削減見込み額をご報告いたします。なお、お申込み後に、私どもから訪問などして営業することはございません。その点はご安心ください。

それではあなたからのお申込みを、こころよりお待ちしております。

 

 

 

個人情報保護方針はこちら

 

自営業者の方の国保削減方法はこちら

国民健康保険・国民年金の負担で頭が痛い事業主の方、

社会保険未加入で以降が心配なオーナー社長は下記より

無料診断にお申し込みいただけます。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

下記より「とりあえず」申し込めます。

%e7%84%a1%e6%96%99%e8%a8%ba%e6%96%ad

 

詳しくは動画をご覧ください!

 

 

著者プロフィール

社会保険料削減相談センター
あくつFP事務所
代表 阿久津和宏
%e8%87%aa%e5%88%86%e5%86%99%e7%9c%9f
栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。群馬県の高崎経済大学を卒業後、株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「評論家でなく実務家たれ」が会社のモットーで今も受け継いでいる。入社7年目に、3商材でセブンイレブン経営指導員1500人の頂点となるも、同時期に、売上順調な加盟店の資金繰り問題が発覚。売上が上がっても手取が存分にないなんておかしい!という嘆きをきっかけに、ファイナンシャルプランナー
の勉強を始め、セブンイレブン在籍時にFP3級を受験。その後、ご縁あって、国内大手金融機関に転職を経て、
独立。独立系ファイナンシャルプランナーとして、売上はあるけどお金が残らない中小企業経営者・高齢化の中で、にわかに頭を悩まされている人が急増中の相続、なかなかお金が貯まらない・・・という会社員・OL向けに、『役立つ』でなく『今すぐ使える』に焦点を当てたセミナー、カウンセリング活動を展開。各分野で高評価を得ている。営業やカウンセリング業務の経験を活かし、学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評。
セミナー開催回数:159回(2016年8月1日時点)

 

トップ-事前診断-お問い合わせ個人情報保護方針




稼ぐ社長の本棚にある本

GOETHE(ゲーテ)

幻冬舎が2006年から発行している
人気のビジネス雑誌。

この編集者が
あることを発見したそうです。

彼は仕事柄、経営者の部屋を訪れ
取材をする機会が多かったのですが

うまくいっている経営者の本棚には
必ずと言っていいほど

ある人の本があったそうです。

それは

「原田隆史」

原田隆史さんは
大阪の荒れた中学校の陸上部を
7年間で13回日本一を達成した
カリスマ教師。

しかし、なぜ教師である原田さんの本が
経営者の本棚にあるのか?

それは、
うまくいっている経営者ほど抱える
ある問題(しかも深刻な)を解決するからです。

それは何か?

詳しくはこちら

http://directlink.jp/tracking/af/1463257/AK3nBlwl/




入院日数はどれくらい?通院は必要?

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

医療保険の継続入院は違う」という記事を書きましたが、
実際にどれくらいの入院をする人が多いのか?
と気になる方も多いと思います。

病気や病状によって違います。

病気別の状況やその他情報をここではお伝えしておこうと思います。

★入院日数について

主な病気と性別・年齢別に日数を書いた表となります。
年齢が上がれば上がるほど入院日数は増え、病気によってはかなり長い入院日数になることがわかりますね。

 

★入院日数は短縮傾向?

30年間の推移を見ると、入院は短縮化しています。よく言われているお話ですね。

これは本当なのでしょうか?

 

★再入院が増えている?

下記のグラフは全病院のデータではありませんが、全日本病院協会で調査しているもので、
協力病院における調査の状況で、6週間以内に再入院が会った比率を表しているものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記載されている病気の中で入院されていた方の1割の方が再入院をしているそうです。
コレが多いのか少ないのか?ということはありますが、10人に1人は6週間以内に再入院しているそうです。
ちなみに、ですが、「医療保険の継続入院は違う」の記事で書いていますが、
医療保険においては、「180日以内」の再入院は継続入院です。そう考えると「医療保険」に置き換えて再入院を考えたらもっと多いかもしれませんね。(減ることはないと思います^^;)

 

★入院後、通院する人は増えている??

増えているとか減っているとか言う話題が多いのですが、入院が短縮化している分、
通院でそれを補ったり、経過観察したりするケースは増えているという声を耳にしますが、
実際にはどうなのでしょうか?

厚生労働省の「通院者の状況」によると下記のようになります。
人口1000人あたりの数字ということで、下記をご覧ください。

上記のデータからも通院する人は増え、とkに、高齢者ほど、多くなっている傾向にありますね。

全体的に見ると、
○入院は短縮化
○再入院もあり(ここは多いか少ないかは不明ですが)
○通院が増加中

ということになります。

 

 

★まとめ

このお話から、医療保険の選び方や見直し方、という点でいえば以下の点は確認しておく必要はありますね。
・通院時の保障はあるか?
・○○日型はなるべく長い方がいい
ということですね。

是非参考にしてみてくださいね。

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちら




貯蓄と保険は分けて方がいい?

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

 

よく聞く質問で
「保険と貯蓄は分けたほうがいいですよ、って言われたんですが・・・」

コレよくあります

 

どういうことかというと、
保険には結果的に貯蓄機能を持っているものがあります。

保険にある貯蓄機能を「貯蓄」や「資産形成」として活用していると損しますよ、
うまく行きませんよ、

って言っている人がいる
ということです。

 

事例を用いながら、解説していきたいと思います。

★貯蓄性の保険とはどういうものか?

保険には3つの種類があって、、、
という話は聞いたことがありますか?
・いわゆる掛け捨ての保険(決められた期間だけ保障される)定期保険

・決められた期間だけ保障し、保障が終わったら大体払ったお金が戻ってくる、養老保険

・一生が保障する終身保険
と3つあります。

そのうちの、養老保険や終身保険がその今話している「貯蓄機能」がある、
と言われています。

○例えば終身保険はどういうものか?少しだけシンプルにお話します。
死亡保障額:1000万円、払込期間20年、保険料3万円だった場合、
総額720万円支払うことになります。
払込期間であっても、払込が終わった後であっても、この保険を解約・減額などしない限り
一生涯1000万円が保障されます。

払った掛け金はどうなるのか?というと、年齢や性別によりますが、
多少少なくなったり、期間によっては、増えたりすることもあります。

これが終身保険のもつ機能です。

毎月でなくても例えば、貯蓄が1000万円ある、という場合は、コレを
終身保険に一括で保険料を払って保険を持つ、なんてことも出来ます。

そうすると、1000万円払うと、それ以上の保障額を得ることが出来たりします。

★保険の貯蓄はどういうところで得するのか?

例えばAさんとBさんのお話をしたいと思います。
ふたりとも40歳で、1000万円の保険に加入しています。

例として話しているので、コレと同じ保険は存在しないと思いますので、その点はまずご了承下さい。

 

Aさんの加入内容は、、、
保障額:1000万円、保険料払込期間:60歳まで(20年)
保険の種類:定期保険
保険料:5000円

Bさんの加入内容は、、、
保障額:1000万円、保険料払込期間:60歳まで(20年)
保険の種類:終身保険
保険料:20,000円

 

こんな二人がいたとします。
Aさんは、Bさんと同じように、20000円の予算でいましたが、保険にはお金をかけたくないので、
15000円は銀行で貯金をすることにしました。

このお二人は、60歳になったときの手取りはどうなったでしょうか?
というお話ですね。(前置きが長くなりました。)

 

Aさんは、、、
保険料の総額・・・5000円×12ヶ月×20年間=120万円
貯蓄の総額 ・・・15000円×12ヶ月×20年間=360万円

保険料+貯蓄額合計・・・480万円
60歳の時に受け取った金額・・・360万円
Aさんは、480万円払って360万円帰ってきた、ということになります。
(貯蓄を払ってと言うかどうかはわかりませんが、Bさんと比較するためにそう言っています)

では、比較相手のBさん
保険料の総額・・・20000円×12ヶ月×20年間=480万円
60歳で受け取った金額・・・480万円
※終身保険は必ず払った額が保障されるわけではありませんが、大体こんな感じ、と思っておいて下さい。

すると、Bさんは、
480万円払って、480万円

AさんとBさんを比較すると、Aさんが480万円を手にするには、あと5000円貯蓄しないと手に入らない、ということになりますね。

ここで、全員保険で貯蓄したらいいですね、という話ではなく、
これを否定していい人がいます。

それは、、、
今の超低金利の時代ですが、20年間15000円ずつ貯蓄して、総額360万円になりますが、
その360万円を480万円にくらい、ラクラクできる・・・

そういう場合は、保険と貯蓄は分けておいたほうがいいかもしれません。
でも、、、
ちゃんと節約しながら、お金を結果的に残しておきたい、リスクはあまり負いたくない・・・

そういう方は、この方法があなたにとって最適かもしれません。
あなたはどちらでしょうか?

もう一つついでに、
貯蓄を保険に移して節約する方法をお話したいと思います。

★今ある貯蓄を保険に移したら節約できた方法

たとえば、
5000万円の掛け捨ての保険に加入していたとします。
保険料は10000円です。
ところが、貯蓄で700万円ほど、動かす予定のない貯蓄があったとします。

そういう場合のお話です。

その貯蓄を終身保険に変えようとすると、
保険料700万円で、年齢にもよりますが、1000万円くらいになることがあります。
つまり、
保障額:1000万円
保障期間:一生
保険料:一時払い700万円

そうすると、この方、1000万円の保険を手にしたわけです。しかも今後動かす予定はない。

そうした場合、掛け捨てで持っている保険にプラスして、1000万円分の保障額が増えたということになります。
ここに何かのメリットがあれば、特に損も得もすることはありませんが、

なら掛け捨ての1000万円分は、解約(減額)しよう
こういう発送になっていいということになります。

すると、単純計算で、
保障額5000万円の保険を4000万円に減額すると、保険料は約2000円ほど安くなります。
保険期間があと10年間あったとして、
2000円×12ヶ月×10年間=240,000円
24万円の節約効果があります。

ここでは、保険の解約金の増え方自体はそれほどない過程で生きましたが、
商品や選び方、加入方法によっては、有利にできることも多々有ります。

もしご興味あれば、この方法を検討してみるとあなたのご家庭の節約と資産形成の一女になるかもしれませんね。

★まとめ

こんな方は、保険と貯蓄は一緒に考えておいたほうがいいです。
・あまりリスクを取ってお金を運用したくない・・・
・節約できる方法は取り入れたい・・・
・保険の見直し、資産形成方法を見直したい・・・

もしご興味あれば、お気軽にご連絡下さい。
おそらく多くの場合で効果が出そうです。あなたの場合はどうなのか?
お気軽にお問い合わせ下さい。ものの10分~15分で診断できますので、下記よりどうぞ!

 

お問い合わせはこちらから




医療保険の加入方法

医療保険の加入方法ですが、
選び方というか保険料の決まり方や注意しておきたい点をここでは解説します。

保険はどんなものもそうですが、
ポイントは3つです。

・どこまで保障するのか?
・いつまで保障するのか?
・いつまで保険料を払うのか?
・保険料がいくらか?

 

★どこまで保障するのか?
基本的に医療保険は、主契約と特約で成り立ちます。
主契約って何?と言うと、本体と言いますか、必ずついてくる保障内容で、
特約は、保障するようにもできるし、そうでなくても良いということです。

「先進医療特約」とか「ガン診断特約」とか聞いたことありませんか?
そういうやつですね。

で、主契約というのは主にどんなものか?というと、
「入院」と「手術」になります。

ちょっと前の保険は、手術の部分でいろんな条件がありましたが、最近では
健康保険を使うものなら大体出る、と言うものが多いです。
※手術の要件などは、違いがありますので、気になるようでしたら確認しておくことをおすすめします。

 

★いつまで保障するのか?

基本的には、年齢が上がれば上がるほど、入院などのリスクが高まったり、老後収入が減っていることは予測されますので、「終身」というものを選んだほうがいいと私は個人的に思います。

一部、の保険会社の外交員の方は、10年更新などおすすめされているようですが、
それはそれで意味があるのであれば問題ないと思いますが、ただたんに安いから・・・
などの理由だったとしたら、一生で考えた場合非常に割高になる可能性もありますので、確認は必要ですね。

★いつまで保険料を払うのか?

じつは、ここが最も大切になります。
月々の保険料と総額の保険料はまったく、イメージが変わります。

どういうことかといえば、同じ一生続く保険であっても払込期間によって月々の保険料や総額の保険料は変わるからです。では、どんなものがあるのか?少しだけ触れておきたいと思います。

終身払(全期払い)・・・一生払っている限り保険が続きます、という内容です。あなたの平均寿命は男女平均して83歳位だと思いますが、払うことができなくなった場合、給付金を受け取ることはできなくなる、
ということです。
これから話す払い方と比べると、月々の保険料は安くなりますが、総額の保険料は長生きすればするほど高くなる傾向になります。

 

短期払

・・・短期払ということばはないですが、終身払に対して、年数や年齢を決めて支払いをし、その後は一円も払うこと無く、一生保険が続く、と言うものです。
終身払に比べると、月々の保険料は高くなる傾向にありますが、総額の保険料は安くなる傾向にあります。
こういうことを一切考えずに、月々の保険料のことだけで保険に加入している方は、数年たっても
見直してみると以外に保険料はそのままで、保険料払込期間だけ変えることが出来たりします。

 

お気軽にご相談くださいね。

 

★いつまで保険料をいくらか?

上のところで保険料の話も書いていますが、私の個人的な考えとしては、なるべく引退後に保険料や支払いはないようにしておいた方がいい、と私は思います。

理由は、この年金不安の時代に、収入が減って支出は一定、ということですと、老後の生活に支障をきたす可能性も十分にあるからです。

ただ、終身払で月々の保険料を安くしておく、メリットは、
医療保険は日進月歩、新しく変わっている傾向がある、という事実もあります。そういった中で、新しいものに時代の変化に応じて変化させていくということであれば、それも一つの方法といえますね。

結構奥が深いですね、、、

とおっしゃる方も多いですが、内容と、この払い方だけです。保険会社は比較するといっても数年後はこの苦労もあまり意味のないものになったりします。たくさん変わりますから。

アフターサービスや今時、診断書無しで給付金を請求できたりという会社も増えてはいます。
まずはこの基本を知った上で、あなたにとって有利な医療保険を選ぶことが一番だと思いますね。

医療保険の診断の依頼やちょっとしたお問い合わせは下記より。

お気軽にお問い合わせくださいね!

お問い合わせはこちらから




メルマガテンプレート

style=”font-size: 14pt;”>━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎週日曜日定期開催(勉強会)
詳しくはこちらから→https://m.me/fpakutsu192
━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性ひとりでも参加しやすいランチ会
~https://m.me/yasashiilunchkai
━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。あくつかずひろです。
メールを開いてくれてありがとうございます。

このメールを迷惑メールボックスで発見した方は必見です。

昨年末からメルマガを書いているのですが、
アドレスを一度変えて送信したり、
配信スタンドのサーバーを使ったりしたら、
急にメールが届かなくなりました。
正確には、クリック率が異様に落ちました。

「届かないのですが、、、」
という問い合わせも
結構多くあったりして嬉しい話でもありますが、
届かないというのは困った話です。

簡単ですが、「gmail」の方向けの手順を説明します。

続きはこちら
→http://fp-1.info/archives/3199

━━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━
『チャージアップ元気セミナー』
自分だけで、自分のモチベーションを上げる方法を
知っていますか?
それがわずか1時間半でわかるセミナーが
ここにあります。

詳しくはこちらから
→https://ex-pa.jp/s/chargeup

━━━━━━━━━━━━━━━━━
おすすめ書籍
━━━━━━━━━━━━━━━━━
脳科学マーケティング100の心理技術 (著者:ロジャー・ドゥーリー)
→http://directlink.jp/tracking/af/1463257/Lcij7go5/

━━━━━━━━━━━━━━━━━
目立たないニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━
“キレる大人”嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学
→https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170801-00022683-president-life.view-000

へ~って思ったらこちらをクリック♪
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/81261

━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金のマメ知識
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「硬貨」ですが、こちらは
「造幣局」という所で作られています。
大阪に本局があり、東京と広島に支局があります。

へ~って思ったらこちらをクリック♪
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/101262

━━━━━━━━━━━━━━━━━
明日の運勢
━━━━━━━━━━━━━━━━━
明日の運勢はこちらから
→http://suimei.org/unsei-sm.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちょっとした雑学
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■地図の海岸線
国土地理院で作られている地図は、満潮時の海岸線で示されている。
なので、有明海の干潟など干潮時にあらわれるものは、地図ではすべて海として描かれている。
■補足
波の打ち寄せぐあいについては、何枚も航空写真をとって、その平均を求めているようです。

へ~って思ったらこちらをクリック♪
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/101262

この記事が、
役に立った、と思ったらこちらをクリック♪
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/121262

━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行発任者:阿久津和宏(あくつかずひろ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ・ご感想はこちらから
→ [link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/131262
公式プログ
→ [link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/141262
住宅ローン借り換えネット
→ [link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/151262
女性ひとりでも参加しやすいランチ会(セミナー付き)
→ https://ex-pa.jp/s/nfVLu82S
マネーセミナー情報
→ http://fp-1.info
スマホ代が980円~(格安スマホ)
→https://ex-pa.jp/et/94r/J

<各種SNSでもお気軽にご連絡ください>
LINE
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/181262
公式Facebookページ
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/191262
ツイッター
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/201262
インスタグラム
→[link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/211262
━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【ご注意!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールの『無断引用、無断転載』 は、自由自在です。

 友人や会社の人たちに勧めていただくとウレシイです。
 積極的に勧めるとあなたは、きっと感謝されるでしょう。

※メルマガ希望の紹介最高です。ジャンジャンお願いします。
※メルマガ登録は → [link]http://simmer-ex.com/L34871/ca184/251262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールが不要の方は
こちらから解除できます。
%%Delpage%%

<span




必要なメールを迷惑メールに入らなくする方法

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

 

昨年末からメルマガを書いているのですが、
アドレスを一度変えて送信したり、
配信スタンドのサーバーを使ったりしたら、
急にメールが届かなくなりました。

正確には、クリック率が異様に落ちました。

 

「届かないのですが、、、」

という問い合わせも

結構多くあったりして嬉しい話でもありますが、
届かないというのは困った話です。

メルマガはやっぱり厳しいかもしれませんね。

とはいっても、求めている方もいるので、
頑張っていこうと思います(笑)

私が悪いのですが、少しずつ改善したいのですが、
コレ(この記事で書くこと)をしてもらうのが一番と思い

これからLINE@やフェイスブック等で
お知らせしていこうと思います。

基本的には、gmailを使っている方であれば、
これで迷惑メールには入らなくなるはずです。

 

簡単ですが、「gmail」の方向けの手順を説明します。
(他の受取法でも似たような機能はあると思いますが、まずはここから)

 

受信メールを開いた状態です。
(迷惑メールフォルダから開いても同じ)

赤枠の▼をクリックして下さい

 

次の画面

次に赤枠の
「この検索条件でフィルタを作成」をクリックして下さい

 

「迷惑メールにしない」にチェックを入れる

または、「ラベルをつける」を選べばOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ラベルを付ける」方法

「ラベルをつける」をクリックし、「新しいラベル」を選択します。

(図が無くてすみません)

次にラベル名を記入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

作成をクリックすれば完了です。

 

是非この方法を活用して下さい。

 

お役に立ちましたでしょうか?

あ、そうそう、メルマガ登録はこちらからです。

3つの無料プレゼントはこちらから受け取れます

 

 

ちなみに、、、

ですが、たまに、配信解除しても配信が止まらないメルマガとかあります。
コレは違反ですが、迷惑メールに入れてもはいってきてしまうこともあります。
そういう場合は、
「メール振り分け設定」から
ゴミ箱に振り分ける設定にすることで、受信ボックスにも迷惑メールボックスにも入らなくなりますので、
よかったらお試しください!