Chat with us, powered by LiveChat

「お金を手に入れる方法」というテーマで連想ゲーム・・・

お金に関する連想ゲームをしてみました。

セミナーと小冊子のネタを考案中に、思いついたことをメモしているのですが、

そのメモをつなげたら連想ゲームのようになったので、ブログに残しておこうと思います。

ちなみに、ゴールはこの時点では確定していませんので、どこに行きつくかはあなたの創造力次第です。

 

(注)

ただ書いているだけなのでつまらないかもしれませんが、よろしければお付き合いください。

 

まずはじめに、お金をそもそも自分の手元に置くためにはどうしたら良いのでしょうか?

選択肢は下記の④つではないかと思います。

お金を手に入れる方法

通貨, ファイナンス, 富, 貯蓄, ピラミッド, セーフティ ボックス, アメリカ合衆国, 紙, 支払う

 

①稼ぐ

②盗む

③拾う

④もらう

 

これらは枝分かれしていくと思うのですが、大きく分ければ4つだと思います。
(以前、生命保険会社に所属していた際に上司が言っていた言葉です。私の考えたことではないですが・・・)

何を目的にこの話があったのかは、全く覚えていません。
おそらくお気に入りのネタだったのでしょう・・・^^;
おそらく、ご家族に万一のことがあったときに、4つしか方法がないから、生命保険が大事だ、位の話だったのだと思います。

「は?」って思った方、あなたは正常です。

 

さて、それぞれ解説とまでは行きませんが、補足すると・・・

 

①は、稼ぐといっても色んな方法があります。ちなみに「稼ぐ」は給料に限らないです。サザエさんを見ているとカツオがよくお駄賃をもらっています。(要求しています笑)あれも稼ぐ、ですし、他人の困りごとを解消してあげることで収入になることもありますし、、、

長くなりそうなので、ここではここまで。

②は、犯罪です。

③は、拾っただけでは自分のものになりません。警察に届けて、一定期間持ち主が現れないときに初めて自分のものになります。

④は、すぐに自分のものになります。主に、相続とか贈与などなのでしょうか?

 

 

「稼ぐ」から連想する

お金を稼ぐ, オンラインでお金を稼ぐ, お金, オンライン, インターネット

いろいろ思いつきますので、列挙していきます。ここでは最初に定義していなかったですが、なにもないところからお金を得る、という意味で書いているということで、御覧ください。おそらく徐々にかわってくるとおもいますが・・・^^;

  • 労働の対価として給料をもらう
  • 誰かの代わりにものを販売し手数料を得る(例:代理店)
    • それを更に誰かに売ってもらって報酬を分配する(例:代理店の従業員または、委託販売)
  • 情報を販売してお金を得る(例:情報商材・ビジネス書・ノウハウ本等)
    • 書籍やPDF等の形にして
    • 動画で・・・
    • 対面で・・・
  • 相談の対価として報酬をもらう(例:コンサルティング)
  • モノを仕入れて売る(例:お店・転売)
  • 持っているものを売ってお金に変える(例:ヤフオク・メルカリ)
    • 持っているものに付け加えてお金を売る
  • 持っているものを貸して賃料をもらう(賃貸)
    • 借りたものを又貸しして賃料を得る(転貸)
  • モノを買って、それを貸して賃料を得る(例:不動産投資)・・・これはお金がないとできないですね、、、
  • 買うためにお金を借りて物を買い、それを貸して賃料を得る
  • 買うためにお金を借りて物を買い、買ったものをそのまま売る(転売)
  • 持っているお金を運用してもらう
    • 株式・債券などの投資(たくさんの投資先があるのでこれ以外は割愛)

もっともっといろいろ考えつくでしょうが、ここではこれくらいに。。。他にあったら教えてください。

 

では、稼いだお金はどうなるか?

①使う

②貯金する

「①使う」って?

  • 生活費全般
  • お小遣い
  • 自己投資
  • ②の貯金?

くらいですか。。。

 

「使う」を私の感覚的なもので分けると・・・

①今必要なものに使う

②不要なものに使う(無駄遣い)

③将来必要なもののために使う

なのですが、これを読んでくれているあなたはいかがですか?

②に、無駄遣いと書きましたが、それが実際には③になることもあると思いますが・・・これはだれにもわかりません。。。

では、次に「③将来必要なもの」に焦点をあてて行きましょう。

将来必要なものって?

ざっくりしすぎていますが、主に

  • 収入を得るため
  • 支出を減らすため
  • 蓄えを増やすため

    が多いのではないでしょうか?

 

此処から先はかなりエンドレスになる可能性があるので、このあたりでまとめておきたいと思います。

将来必要なものを得るための対処法

ペア, 高齢者, 年金受給者, 年齢, シルエット, 昔の恋, 人間, 個人, ハーモニー, カップル

収入を得るため、支出を減らすため、蓄えを増やすためということを一言で言うならば、

「必要なときに、必要なお金が、必要なだけある」

ための準備というところに行き着くということだと思います。

そのために、誰でもそれほど苦労せずにできることを表にまとめてみました。

これも無限にありますが、できる限り私の仕事の範囲内で、ということで書いてみました。

他にもあるよ、ということがあれば、教えてください!

収入を得るために必要なこと

お金, ファイナンス, ビジネス, 成功, Exchange, 金融, 現金

  • 長く収入を得るための対処
    • 資格を取る
    • ITの技術を磨く
    • 発想を豊かにする
  • 長く収入を得続けるための対処法
    • 仕組みを作る(例:会員制の仕組み)
    • 不動産投資をはじめる(知識なくはじめるべきではない)
    • 上記準備をする
    • 様々なことに関心を持つ
  • 持っているお金から収入を得る
    • 投資をしてお金を更に生み出す、など
  • 困っている人の役に立つ商品やサービスを作る、または、持っている人を探す

などなどアイデアは無数ですね。老後の年金の受取額は増えるのか減るのかもわかりませんが、自己防衛のためにも、なにかできることはやってみてもよいのではないでしょうか?

 

支出を減らすために必要なこと

ショッピング, 支出, スリップをまで, 購入, 小売, ショップ, 顧客

  • 医療費を削減するために必要なこと
    • 健康に気をつける
    • 心地よい環境に身を置く
    • 笑顔
    • 味噌汁を食べる
    • 納豆を食べる
    • 体重計に乗る
    • 健康診断をする
      持論が多すぎて入ってこない人も多いと思いますが^^;・・・
  • 住宅費も重要です
    • 住宅ローンをできる限り早く終わらせる
  • 老後の生命保険
    • ほんとに必要か?と払えるか?と死亡後は?の3つを考える
  • ランニングコストを見直しておく

などなど

若いときはあまり意識しなかったことも、年金中心の収入になったとき、負担になることは多いです。もし早くに対処していたら・・・

という話は色んな所で耳にします。

できるときできることはやっておきたいものですが、忙しくてできない方は、そんなこともあるんだな~

とたまに考えておくようにしましょう!

蓄えを増やすために必要なこと

達成, バー, ビジネス, グラフ, コイン, 図, 収益, ファイナンス, 利得, 成長, 金利, お金

蓄えを増やすためには、これが大事!と思うこと(持論)を列挙します。

  • お金を手元に置かない
    (あれば使うから)
  • お金を大切にする
    (そっと優しく)
  • お金の扱いに頑固にならない
  • お金のことは丁寧に考える
  • プロの意見を聞く
  • 聞いた意見を把握する
  • うじうじ考えない
  • お金の価値は一緒ではない
  • 節約や節税はお金を手元に残して初めて蓄えが増える
  • お金は必要なときに必要な額が、必要なだけあれば良いと考える
  • 欲を出さない
  • もったいないと思う

 

※どこかの統計で見たのですが、
お年寄りあお金があるとよく言われますが、あるところにはあるのですが、
一般的に75歳くらいから、状況は変わってくるそうです。

実際に、生命保険を見直したい人や解約したいという話もよくあります。

 

必要なときに必要なお金がきちんとあって、安心していられるためにはどうしたらいいのかな~?

 

というのをざっくりとでいいので考えておくことがたいせつかな、、、と思います。

 

参考になりそうなことがもしもありましたら、活用してみてくだされば幸いです!

【メディア掲載】「借入のすべて」にて”自営業・個人事業主の「節税」と「手取りUP」の方法を公開!”が掲載されました。

【メディア掲載】「借入のすべて」にて”自営業・個人事業主の「節税」と「手取りUP」の方法を公開!”が掲載されました。

 

自営業・個人事業主の「節税」と「手取りUP」の方法を公開

 

自営業・個人事業主が、節税と手取りアップができる方法をお伝えしていきたいと思います。

ところで、これを読んでいあるあなたは、自営業・個人事業主が4,056,000円は自ら経費または所得控除に計上して、節税できることをご存知でしょうか?

節税して手取りアップに役立てる方法をこれからお話していきたいと思います。

今回は4,056,000円×税率分を節税する方法として、3つの方法をお伝えしたいと思います。

続きはこちらから

 

【メディア掲載】ほけんROOMに掲載。「理想の年間貯蓄額」と「貯蓄する額を捻出する」方法

「理想の年間貯蓄額」と「貯蓄する額を捻出する」方法

 

よくある質問

 

「大体いくら貯蓄したら良いですか?」「みんなどれくらい貯金していますか?」

個別相談のお客様の3人に1人はこの質問をしてきます。
というわけで、この話題で少しざっくりはしていますが、記事を書きましたのでご紹介させていただきます。

ほけんROOMというサイトに記事を掲載していただきました。

ほけんROOMはこちらです。

この記事の内容とは関係ありませんが、約6000文字でした。最初に書いたときは1万字を超えましたが、さすがにやりすぎかと思い、削りに削って、ですが、
結構網羅している気はします。

よろしければご覧くださいませ。

関連記事もよろしければどうぞ!

 

他にも私以外のFPの方々が書いた記事が沢山掲載されていますので、よろしければご覧ください。

ほけんROOMで記事を読む

 

 

 

他の記事はこちら

 

「理想の年間貯蓄額」と「貯蓄する額を捻出する」方法の目次

目次

 

ほけんROOMで記事を読む

 

オーナー社長の手取りが増える『端数』をチェック!

新年を迎えたばかりと思ったら、すでにもう一ヶ月が過ぎようとしています。皆様いかがお過ごしですか?

オーナー社長・1人社長が手取りを増やすためには、という話を良くしているのですが、
結局のところ

『ちりも積もれば山となる!』

だと感じています。

 

その『ちり』といったらお金に怒られてしまいますが、その話を少し動画にまとめましたので、

よろしければご視聴下さい。

 

 

全部見て、無料診断又は、お問い合わせをしてくださった方には、

『セミナー無料招待』(遠方の方はセミナー動画)

をプレゼントします。

そのセミナーの内容はこちら

 

※今は便利な時代なので、日本全国どこでもリアルタイムで情報を提供、受けることができます。そのため、当事務所では全国対応ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 

ガソリン給油「リッター単位」と「1,000円単位」どっちがお得?(マネーの達人)

マネーの達人にアップした記事をご紹介します。

「ドルコスト平均法」という言葉を聞いたことがありますか?

ドルコスト平均法とは、

値動きのある金融商品を購入する場合に、毎月(定期的に)一定の金額ずつ購入することにより、毎月(定期的に)一定の数量ずつ購入する場合よりも有利な取得価額に分散をすることができるという投資法です。

実際に言葉は聞いたことがあるけど、「ピン」とこない…

そんな方も多いのではないでしょうか?

実はこのことは、「ガソリン代の節約」にも関係してきます。

続きはこちら

 

動画でも解説しています。

 

 

その他掲載記事は下記より見ることができます

その他お問い合わせはこちらから

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。

国民健康保険料を劇的に削減する方法

国民健康保険料が高いと感じる個人事業主、必見!

ストレートにお話します。

これは個人事業主の国健康保険料・国民年金保険料を「ガツン!」と削減し、可処分所得を最大化するスキームです。おそらくはあなたがはじめて耳にするスキームでしょう。このスキームにはたくさんのメリットがありますが、そのうち導入時点で確定する5つのメリットをご紹介しますと・・・

国民健康保険料が最大69万円安くなる!

⇒ 現在、国民健康保険料の上限額は年間77万円です。しかし、このスキーム導入後は年間約8万円の負担になります。
よって、その差額は69万円 ―― これだけの保険料を削減できます。

国民年金保険料も最大16万円安くなる!

⇒ 個人事業主に配偶者(奥様)がいた場合は国民年金保険料の年間合計36.6万円(毎月15,250円×12ヶ月×2人分)です。一方、このスキーム導入後は年間約20万円になります。
よって、その差額は16万円 ―― これだけの保険料を削減できます。

さらに、所得税・住民税が最低9.75万円安くなる!

⇒ さらに、このスキームの削減効果は社会保険料(「国民健康保険料」「国民年金保険料」)だけではありません。
節税メリットもあります!今よりも所得税・住民税が最低でも9.75万円安くなります。

そのうえ、給付内容がグレードアップする!

 

⇒ そのうえ、「国民健康保険」も、「国民年金」もその給付内容が少しグレードアップします。
いずれも保険料は劇的に下がったのに、です。

おまけに、持出し0円で“可処分所得”を最大化できます!要チェック

⇒ おまけに、このスキーム導入後は“持出し0円”で現在の“可処分所得”を増やせます。
もちろん、これは~とは「別枠」で手に入るメリットです。

「そんなウマイ話があるわけない!」とお思いでしょうか。でも、あるのです!

もちろん、1ミリの違法性もありません。完全に、合法的に、安心して、導入できる「合法的なスキーム」です。

国税庁統計年報(申告所得税・平成24年度)によると、我が国の事業所得者は3,788,666人(うち青色申告承認数:2,097,924人)にものぼり、その大多数の個人事業主は国民健康保険の重い負担で悩んでいます。例えば、、、

 

《自営業者Aさんからの相談 》

40歳の自営業で国民健康保険に加入しています。
家族4人で申告所得350万円程度。国民健康保険料が年間約66万円で衝撃を受けています。私と嫁の国民年金保険料を併せると、年間約103万円の支払いです。正直めちゃくちゃ厳しいです。もうすぐ3人目が生まれるのですが、さらに高くなるかと思うと恐ろしいです。
未納者や高齢者の医療費増加がその原因なのでしょうが、背に腹は代えられません…
バカ高い国民健康保険料、何とかならないものでしょうか?

 

では、年103万円の負担を、年29万円(▲74万円)に激減できたら?

いかがでしょうか?
少しはご興味を持っていただけたのではないでしょうか?

国民健康保険の負担にまつわる悩みなど一瞬で解消されるはずです。その悩みを一瞬で解消し、そこからさらに可処分所得を最大化する。―― それが今回あなたにご提案する『国民健康保険料劇的削減スキーム』です。どうかこの続きをお読みください!⇒

まずは国民健康保険制度について簡単にご説明いたします。

国民年金保険料は全国統一(15,250円〈平成26年度〉)ですが、国民健康保険料は最高限度額「77万円」のみが決まっており、最高限度額までは市町村(自治体)によって計算方法が異なります。共通するのは被保険者が納める国民健康保険料には「医療分保険料」「支援分保険料」「介護分保険料」という3つの区分があり、それぞれに「所得割額」(所得に応じて算定)と「均等割額」(世帯人数に応じて算定)といった金額をプラスして計算されるということです。(※ここにさらに「資産割額」〈保有資産に対して算定〉、「平等割額」〈世帯ごとに一律算定〉などの計算項目が追加される市町村もあります)

(例)横浜市の国民健康保険料計算方法

★基準総所得金額=総所得金額等-市民税の基礎控除額(33万円)

端的にいうと、国民健康保険はどこの市町村でも、所得が多ければ多いほど、また世帯加入者数が多ければ多いほど保険料が高額になります。しかし、その保険料は市町村によって「大きな差」があるという“おかしな制度”になっています。

ではなぜ各市町村によって計算方法が違うのか?
どこの市町村でも国民健康保険料には「医療分保険料」「支援分保険料」「介護分保険料」という3つの区分あるという点は同じですが、「所得割額」、「均等割額」(「資産割額」、「平等割額」)といった金額が市町村によってかなり異なってくるからです。その結果、国民健康保険では次のような“おかしな現象”が往々にして起こってしまいます。

下記の表をご覧ください。これは市町村によって保険料の違いを抜粋したものですが、これだけの格差があるのです!

市町村によって保険料がこんなに違う!

【前提】課税所得350万円 家族4人(夫40歳:個人事業主/妻40歳:専業主婦/子5歳/子3歳)
埼玉県さいたま市
(年)559,350円
滋賀県大津市
(年)569,300円
千葉県千葉市
(年)494,580円
京都府京都市
(年)699,060円
東京都中央区
(年)524,600円
大阪府大阪市
(年)647,600円
神奈川県横浜市
(年)659,110円
兵庫県神戸市
(年)770,000円
【参考】 東京都内、大阪府内の保険料格差
東京都葛飾区
(年)552,600円
大阪府守口市
(年)720,950円
東京都国立市
(年)365,650円
大阪府摂津市
(年)537,760円

ご覧のとおり、「神戸市」と「国立市」を比べると、その格差は“倍”以上です。同じ制度なのに「(年)40万円」も保険料が違うのです!

おかしなところはまだあります。国民健康保険制度ではその変な計算方法から課税所得が「倍」になったとしても、最高限度額があるので“大して保険料は変わらない”という点です。例えば、前提条件の課税所得が350万円→700万円になると、こうなります。

課税所得が倍になっても保険料は大して変わらない!

【前提】課税所得700万円 家族4人(夫40歳:個人事業主/妻40歳:専業主婦/子5歳/子3歳)
埼玉県さいたま市
(年)730,000円
滋賀県大津市
(年)770,000円
千葉県千葉市
(年)752,980円
京都府京都市
(年)770,000円
東京都中央区
(年)752,800円
大阪府大阪市
(年)770,000円
神奈川県横浜市
(年)770,000円
兵庫県神戸市
(年)770,000円
つまり、取れるところからはより多く取るではなくて、取れないところからからより多く取る。
―― 現行の国民健康保険制度は所得が低い人ほど負担割合が大きくなるという「逆進性」があるのです。これもまた国の社会保障としては「おかしいだろ!」と思うわけです。

すでにご承知のとおり、国民健康保険制度は慢性的な赤字構造になっていて、平成24年度の国民健康保険の財政赤字は3,055億円。しかも全国1,717の保険者(市町村)の実に47.7%(819の市町村)が赤字という状況です。

では今後それは改善の見込みがあるのかというと、少子高齢化でますます悪化していくことが確実なわけです。遅かれ早かれ、国民健康保険料の値上げということになるでしょう。(実際、ここ数年で多くの市町村が値上げしていて、テレビや新聞で報道されてますよね。)

ここで冒頭の自営業者Aさんに登場してもらいましょう。

現在、Aさんの国民健康保険料は世帯合計で年間約65.9万円(1ヶ月あたり約5.5万円)です。
ここにAさんと奥さんの国民年金保険料(毎月15,250円)それぞれ36.6万円(年間18.3万円×2人分)がプラスされると、社会保険料の年間合計は約103万円になります。

そこで、Aさんに『国民健康保険料劇的削減スキーム』を導入してみると、どうなるか?

横浜市在住、Aさんの場合

【前提】課税所得700万円 家族4人(夫40歳:個人事業主/妻40歳:専業主婦/子5歳/子3歳)

『国民年金劇的削減スキーム』導入前

『国民健康保険料劇的削減スキーム』導入後

年103万円の負担が年29万円(▲74万円)に激減!

いかがでしょうか?
少し興味を持っていただけましたでしょうか?厚生労働省は自営業者や年金生活者が加入する国民健康保険の年間上限額を引き上げる方針です。個人事業主にとって、国民健康保険料は今でもかなりの負担になているはずですが、今後はさらに負担が大きくなることが予想されます。
これまで負担が大きく何とかしたいと思っていても、国の制度だから仕方なく国民健康保険料や国民年金という社会保険料を払ってきたかと思います。しかし社会保険料の削減は決して「聖域」ではありません。

『国民健康保険料劇的削減スキーム』は「国民健康保険料の負担を何とかしたい・・・」と苦しむ個人事業主のために開発したものです。私どもは『国民健康保険料劇的削減スキーム』で個人事業主に重くのしかかる社会保険料を「ガツン!」と削減するお手伝いをしたいと考えています。

ダウンロード希望の方は下記より

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。

 

【無料レポート】元本確保型の厳選!”13商品”を公開

 

もしあなたが、

元本を減らしたくないけど、有利に貯金したい

そう思うなら、これはあなたのお金の不安はかなりなくなることでしょう。

こちらのレポートを読むとあなたの将来設計に役立ちます。

こんな方におすすめです!

✔ 銀行より有利にお金を増やしたい

✔ 元本が確保されているのは安心

✔ できれば増えたらいいな、と思う

✔ まとまった資金を安全・着実に増やして老後に備えたい

✔ 学資保険よりも有利に貯蓄できる方法があるなら導入したい

✔ 年金保険やその他保険の払込期間が長いな~と少し不満

✔ 将来に向けて教育や老後などに安全かつ有利にお金をためたい

 

このすべての願いが叶う、そんな方法を知りたくないですか?

 

このレポートの目次は以下のとおりです。

 

   INDEX

  • みんなどうしているのか?
  • 元本確保型●●とは?
  • 事例① 7年後100%保証
  • 事例② 13年後90%保証
  • 事例③ 3年・5年100%+金利保証
  • 事例④ 140%元本確保型●●
  • 事例⑤ 100%元本確保型●●
  • 事例⑥ 160%元本確保型●●
  • 事例⑦ 10年以降100%条件付き
  • 事例⑧ 15年後100%確定保証
  • 事例⑨ 払込期間終了後確定保証
  • 事例⑩ 払込期間終了後確定保証
  • 事例⑪ 10年払込期間終了後確定保証
  • 事例⑫ 払込金額が全部返ってくる●●●●
  • 事例⑬ 入金とともに3・5・7・10年後の受取額が確定する●●●●
  • 事例その他
  • レポート入手者限定特典のご案内

これらはほんの一部ですが、これらを上手にライフプランに組み込むことで、あなたの将来の状態は今思っているものとは180度変わることでしょう。

 

なにも3年で3倍になるとか、1年で100万が200万円になるとか、
そういう話ではありません。

一般人で、かつ投資とかお金のことがよくわからなくても、これらの手法や使い方を上手に使いこなすことで、実現できる未来、

老後の資金1億円だって全然夢ではないです。

 

是非、請求して、印刷して、じっくり読んで自分のものにして下さい!

あなたの第一歩を応援しています!

 

ダウンロードはこちらから

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。

 

 

お問い合わせもお気軽に!

下記よりお願いします

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。

 

メルマガ講座

 

全損保険による節税と発展資金確保の方法をご紹介します。

個人の保障、資産運用のための保険ではなく、完全に法人のための保険となります。それも利益の出ている法人に限ったものですので、個人の方、利益の出ていない法人の経営者は読みとばしてください。法人保険で節税がしにくくなった今だから今後の対策として見逃せない方法です。

ご興味ありましたらこの先ご覧ください。

 

では、利益の出ている法人のための「海外全損保険」です。3つの用途があります。

 

1)全額損金による利益圧縮

2)海外への資産移転

3)資産承継(相続対策)

4)リスク対策

 

です。

 

1)全額損金による利益圧縮

 

まず、今期5000万円以上の利益が出ている法人はこの「海外全損保険」を使うことによって、ご希望の金額をそのまま全額損金にして、資金を留保しておくことができます。日本の全損・半損保険に入って利益を繰り延べしたものの、”出口”で困っていたり、「税金を払うくらいなら」と、無駄な経費や設備投資をしている場合などは、それを止めてこの「海外全損保険」をすることができます。

 

なお、翌年も同じ金額で継続するのか、金額を変えるのか、止めるのか、自由に設定することが可能です。損金の保険のように、数年支払ってメリットが出るようなものではないことも「海外全損保険」を使う魅力のひとつです。

 

続きを読みたい方は下記よりお申し込みください。


希望する希望しない

Copyright (C) あくつFP事務所 All Rights Reserved.