2.老後の年金の受取額を増やす方法(3つのポイント)

老後の年金の受取額を増やす方法を大まかにご説明します。

これから細かく何をやればいいのか話していきますので、

まずはこちらをお読みください。

 

3つのポイントをしる

やることは3つ、年金の受取額を増やすには3つやることがあります。

1.現状を知る

2.将来必要なお金やライフスタイルを明確にする

3.今やるべきこと、これからやるべきことを明確にする

この3つです。

 

これらの概要をお話していきます。

 

1.現状を知る

これは、今の家計を知るということ、になります。

収入・支出・貯蓄の中身を知っておくということ。

次の質問にまずは答えて、メモしておきましょう。

 

①あなたの収入はいくらですか?

収入と言っても、たくさんあります。

『会社からの給料』『国や市町村からもらえる手当等』『副業で得た収入』

『相続や贈与』などなど

これらを項目と一緒に金額をメモしておきましょう。

 

②あなたは毎月(そして年間)いくら支出していますか?

まずは、大雑把に、確認してみましょう。

1年分を月ごとにやるとわかりやすいですが、(毎月も年間もわかる)

月によって支出が違う場合もあるので、こうするとベターですが、次のものを

計算して、月あたりに落とし込むのもいいです。

次の表を見ながら、埋めてみてください。

 

  毎月 年間合計 その他
住宅費      
     
保険      
貯蓄      
それ以外      

 

まずはコレでいいです。ざっくりですが、コレが一番です。

これで終わりではありませんが、ココで確認できることは、

・支出が収入を上回っていないか?

・減らせるものはないか?

 

です。はっきりいいます。

『住宅費』『保険』『車の経費』『通信費』

はほぼ半分以上の確率で削減が可能です。

 

まずは、それをココでは知っておいてくれればいいと思います。

 

③あなたは年間いくらの貯蓄をしましたか?

貯蓄の話です。

年間貯蓄額はいくらですか?銀行預金だけでなくてもいいです。

その他の貯蓄法で、(あなたが貯蓄したと思っている方法で)貯蓄した金額も

ココに入れてみてください。ここでは評価額はどうでもいいです。

 

そして、毎月決まって貯蓄している(貯蓄しようとしている)金額はいくらか?

もメモしておきましょう。

 

これで、ある程度の現状を知ることができました。

 

2.将来必要なお金やライフスタイルを明確にする

数字と思い、を明確にするパートになります。

いわゆる『ライフプラン』です。1,では現状を把握しましたが、

これからどうしたいか?そのために、今を続けた場合何が足りないか?何が足りているか?

のギャップをしるパートになります。

 

ここで一つ質問です。

 

こうなりたいとなりたくないを明確にしてありますか?

コレを是非、明確にしておいてほしいです。

こうなりたい、はもしかしたら、多くの方がイメージしているかと思いますが、

こうなりたくない、もまた、すごく重要です。

 

なりたい、と、なりたくない

を出来る限り鮮明にイメージして紙に書き留めておいてください。

 

あとでじっくりやりたいと思いますが、コレができれば

『2』のパートはできたようなものです。

 

そして、将来必要になりそうな資金や、環境変化でどんなことが起こるのか?

を学びながら、今と将来のギャップを数字を入れながら確認していきます。

 

ここは一つ一つやっていくことが大切です。

まずは、大事なところを『なりたいとなりたくない』を明確にしておいてください。

 

ここでやらずに次に進まない方が良いですよ。

 

あなたの思い通りのライフスタイルと人生を持つためには、

『今すぐやる』ことがとても重要ですので、覚えておいてくださいね!

 

3.今やるべきこと、これからやるべきことを明確にする

ここでは、具体的に何が必要か?ワークをしていないので、わかりません。

しかしコレだけは度の話の中でも共通なので覚えておいてください。

 

それは、

『すぐやること』です。

 

なぜこんなことが言えるのかといいますと、

ハーバード大学が卒業生を40年間に渡って追跡調査したそうです。

そして、40年後、世界一流の大学卒業生に大きな差が生まれたそうです。

 

その中の3%の人は、

一生苦労しない老後資金を準備していたそうです。

 

その中の10%は

一生かどうかわからないけど、まあまあ15年分か20年分、

平均的に生きる年齢までは準備できていたそうです。

 

その中の60%の人は

5年分くらいの老後資金を準備し、

何かで生計を立てることができれば,大丈夫かな・・・??

 

27%は

無貯蓄、無対策。

 

だったそうです。

 

 

世界トップの大学卒業生でも3割弱は『ホームレス予備軍』だったのです。

 

 

この違いは何か?

私なりの解釈ですが、

(日本や世界の著名人の話を集約すると)

・偏見のない目で物事を見られたか?

・やるかやらないか?迷ったら「やる」を選択してきたか?

・即決断しながら生きてきたか?

 

ではないでしょうか?

 

 

『すぐやること』がいかにその後の暮らしを裕福にするのか?

ということが一目瞭然です。

 

しかしながら、これを経験したことのない人は不安です。

それを払拭するためには、

経験することです。はじめは怖いけど、やればそれほどでもないことがわかります。

 

ここでは「やりながら実践する」をテーマに生きたいと思いますので、

ぜひついてきてくださいね!

 

それでは、今日はここまで。

これからどんどん具体的なところに入っていきますので、

楽しみにしていてくださいね!

 

創造力を膨らませて!またお会いしましょう。




子育て・教育費に関するデータ集

子供の教育にいくらお金がかかるの?

ざっくり1000万円とか2000万円とか言われていますが、
実際のデータやアンケート結果をまとめたデータ集を集めてみましたので、
ご参考にしてみて下さい!

 

子育てに関する費

 

 

 

 

内閣府の調査報告によると、上記のようなデータとなっているようで
幼稚園や保育園に入る前の小さなお子様でも年間100万円近くの出費があることがわかります。

待機児童の問題もありますので、事前に手が打てる方や準備できる場合は、しておいたほうがいいですね。

 

育児休業取得率

 

 

 

女性であっても2割近い方が育児休業を取れずにいたり、するということは、仕事を辞めてしまっているのか?
誰かに預けて仕事をしているのか?ということになります。

いずれにしてもお金やその他の対策は事前に打っておく必要はありそうです。

 

小学校から高校までの教育費

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文部科学省の調査ですが、エクセル等で欲しい方はお問い合わせ欄よりご連絡下さい。
ライフプランをつくる際には参考にしたいものです。

ポイントは、FP的な視点で言うと、いきなり出費が増える時、どういう生活をするのか?
何を頼りに生活するのか?ということがポイントになります。

 

大学の費用

 

 

 

 

自宅から通うか?下宿するのか?かなりの違いが出ますが、お子様の進路です。
どうなってもいいように、しておくことがベスト、それが厳しいときのために
その他の対策も今から売っておく必要はあります。

・備えの仕方(貯蓄・投資)
・仕事、収入
・奨学金

など

エクセルシートの請求はお問い合わせから

これらのエクセル版を配布しています。
お問い合わせより欲しい、とコメント下さい。

お問い合わせは下記より

個人情報保護方針に同意する

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。




「ケチな人」と「倹約家」の違いって?

熊谷市のファイナンシャルプランナー阿久津和宏です。

「ケチな人」と「倹約家」って似てるようですが、どんな違いがあるのでしょう。
そのあたりを書いていきたいと思います!

 

 

「ケチ」と「倹約家」には違いがあります。

ある日、仕事終わりに飲みに行きました。

お店を探しているときに、

おねえさんやおにいさんが一生懸命

声をかけてきてくれます。

 

飲み放題◯◯円です。

みたいに。

 

そのときに、何か違和感を感じました。

これ、実話ですので、自分のことかな?

と思うかもしれませんが(あなたのことではありません)

 

Aさんが値段交渉するときと

Bさんが値段交渉をする時。

 

何かが違います。

 

コレをきっかけに、

ググったり、今までの知人やおつきあいした人、家族を

参考に、

私の主観満載でまとめてみました(笑)ので、

ご覧いただければとおもいます。

 

「ケチな人」と「倹約家」の違い・・・

唐突ですが、
「ケチな人」と言われる人と
「倹約家」と言われる人がいますよね。

なんとなく、
違いを考えてみました。

ふと思ったのでですが、
ググってみたら(笑)

たくさんヒットしました。

 

で、色々見た結果と
身の回りの人たちで見た結果、

わかったことは、

凄くシンプルでした。
(あくまで私の考えです・・・)

結構面白いです。

 

ケチは悪口、倹約家は褒め言葉

ケチも倹約家も

「あまり無駄遣いをしない」

という点では似ている気もしますが、

 

自分の身の回りの人や出会った人を見ていくと

意外と違うな~と思うことが多いです。

 

「ケチ」っていうと、

出し惜しみする、感じを受けませんか?

 

・大事なところで出さない。

・みんな公平に出すのに文句をつけてくる

 

みたいなところがありますが、

その反面、

「倹約家」は、

 

・大事なところではお金を出すが、あまり重要でない、場合はセーブする

・人が絡むところではあまりこだわっていない

・普段からお金の大切さを意識している人

 

みたいなところがありますね。

 

特に定義とかはないと思うのですが、

こんなイメージがあります。

 

あなたはどう思いますか?

 

私のところに来る新規の問い合わせは

たいてい

「ライフプラン」という話で、

 

今の家計などにリンクする事が多いので、

「支出」や「節約」という話に

なります。

 

だれがどう、というわけでないのですが、

 

ここにも現れている気がします。

(個人差がかなりありますので私の主観です・・・)

 

ケチは

小さいところから支出を削りたがる

倹約家は

全体から見て大切なところの支出を確認する

 

というわけで、

私もライフプランのカウンセリングは

普通の

ファイナンシャルプランナーや保険屋さんよりは

していると思うのですが、

(メールやスカイプもありますからね)

 

これ、大体あっています。

 

例えば、

家計支出を確認する際に、

・ケチは「食費」から入る

・倹約家は「住宅費」から入る

 

短期的な視点を持っているか、長期的な視点を持っているか?

に差がある気もします。

 

将来に渡って、お金に困らない人は

「長期的な視点を持っている人」

 

であることはだれでもわかると思います。

もし心当たりある人は、ちょっと

振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

それ以外の違い

あと、こんなこともあります。

あまりこれまでの行いが悪いと認識されている場合

「ケチ」

と言われ、

 

周りの評価が高い人は

「倹約家」

と言われていたりしませんか?

 

これはおそらくですが

 

他の人の気持が分かる人と、自分のことだけ考えている人、

となると思います。

 

悪い意味になるときはたいてい、

こんな感じですよね。

 

徐々に深いところまで来て

かつ

ドツボにはまりそうなので、

 

この辺にしたいと思います。

 

大切なのは、

「長期的に物事を見る視点」

「全体から、個を見る」(マクロからミクロへ、なんて言ったりします)

 

もし、「ケチ」って

言われたくなかったり、、そういう人嫌いだったら、

参考にしてみてくださいね~。

 

 

今日もここまで読んでくれてありがとうございます。

まだ寒い日もありますので、

お身体に気をつけてお過ごしください!