『社長と会社の手取り最大化』相談

はじめまして、

小規模事業主専門ファイナンシャル・アドバイザーの阿久津和宏です。

法人と個人の支出を1円も変えずに、手取りを倍増する方法がここにあります。

手取り最大化相談のお申込みはこちら

もしあなたが、こんな事を少しでもお考えなら、お役に立てるかもしれません。

✔ 稼いでいるのに手取りが増えない

✔ なかなかお金が残らない

✔ どうせならもっとお金を残したい

✔ 住民税の負担を減らしたい

✔ 国保の負担を減らしたい

✔ 社会保険料の負担を減らしたい(個人と会社)

✔ 従業員数20名未満の会社を経営している

✔ 役員報酬の適正額も知りたい

✔ 年金事務所から社保加入の催促を受けている

✔ 現在個人事業主で法人成りを検討している

もし、上記に1つでも当てはまるなら、この先を読み進めてみて下さい

実は手取りを増やすことも、税金や社会保険料を軽減することもそれほど難しいことではありません。

手続きのみで、手取りを増やすことができます。ではどうやって?という話は、ここでは書ききれないので割愛しますが、

手続きのみ、です。

一般的にご案内している手法としては、「22」ありますが、1つでも実行するだけで、手取りが年間100万年単位で増えた、という事例は後を絶ちません。

具体的にどういったことで、手取りが増加するのかといえば、

それは、

シンプルにいいますと、

会社としては、「法人税」「社会保険料」「消費税」

社長としては、「所得税」「住民税」「社会保険料」

となるでしょう。

会社をお持ちでない、「個人事業主の方」であれば、

上記の「法人税」を除いたすべて

ということになります。

実はこんなネットのニュースでこんなデータが有りました。
年収700万円の給与所得の人の手取り収入を現在から過去に渡って、調べてみると、
手取りは「15年連続減少」

となっているそうです。私どもからすれば当たり前のことですが、

これこそが、

「なかなか手取りが増えない」

「なぜかお金が残らない」

といったお話の現況ではないでしょうか?

理由は簡単です。

「所得税」は増税傾向、「社会保険料」の負担も増加傾向

だからです。

なぜ私どもがアドバイスできるのか?

ではなぜ私どもが、小規模事業主・中小企業のお金のアドバイスができるのか?といえば、それはこれらに精通する専門家であり、「お金を残す」にフォーカスした専門家として活動しているからです。

一例ですが、私どもは長い間、「社会保険料削減」についてのアドバイスを実施してきていますが、

「その話知っていましたし、現にやっています」

という声を聞いたことは1度としてありません。過去にご相談する機会のあった、391者の中から一度もです。

手取りを増やすためのツールを活用しますが、このツール自体は、あなたのお住まいや会社の近くの「銀行」でも準備できますが、銀行員はこのことをおそらく知らないですし、「面倒だ」と思っているかもしれません。

また、こうしているうちにも、私どものクライアント様からも情報が入ってきたり、常に情報と手法をアップデートし続けているから、にほかなりません。

どうやったらもっと手取りが増えるのですか?

では、どうやったら手取りが増えたり、経費が減ったりするのですか?という質問は多いですが、答えは、「本業に専念すること」がもっとも効果が高いです。

もちろん、事業主サポートをする人間として、私どもがアドバイスできることの中に「売上を伸ばすこと」「顧客を増やすこと」も当然含まれてはいますが、手取りを増やすことに関してはそれほど時間を掛けることでもありません。

それはなにか?

・報酬の受け取り方を変えること

であったり

・1円にこだわること

であったり、

・会社の器を活用すること

であったり、

ごく当たり前の手法を体系立てるお手伝いができますよ、ということです。

もちろん、お話をお聞きになってご自身で実践していただいても構いません。

あなたの会社と個人に効果的にお金を残す手法を体験されたい方は、1度個別相談にお申し込み下さい。

具体的には、一部ご紹介したいと思います。

手法1:個人事業主が年間69万円の経費を減らす方法
手法2:「●●区分」を変えて、社長の手取りを増やす方法
手法3:「規定」を作って、社長手取りを増やす方法
手法4:「住まい」を使って、社長の手取りを増やす方法
手法5:「●●」を整理して、社長の手取りを増やす方法
手法6:「●●変更」をして、社長の手取りを増やす方法
手法7:「●●名目」を変えるだけで、社長の手取りを増やす方法
手法8:「○○枠」を最大利用して、社長の手取りを増やす方法
手法9:「端数」に着目して、社長の手取りを増やす方法
手法10:「○○○」を受け取って、社長の手取りを増やす方法
手法11:「○○」に非該当のものを使って、社長の手取りを増やす方法
手法12:「事業」を仕分けして、社長の手取りを増やす方法
手法13:「○○」を変更して、社長の手取りを増やす方法
手法14:「○○化」して、社長の手取りを増やす方法
手法15:「自家用車」を○○して、社長の手取りを増やす方法
手法16:「節税項目」の漏れをなくして、社長の手取りを増やす方法
手法17:「中退共」を使って、社長の手取りを増やす方法
手法18:「住まい」を使って、社長の手取りを増やす方法②
手法19:「分社化」して、社長の手取りを増やす方法
手法20:「外○」して、社長の手取りを増やす方法
手法21:「消費税」を節税して、社長の手取りを増やす方法
手法22:「持ち主」を変えて、社長の手取りを増やす方法

その他

この中の1つでも対処できれば、あなたの手取りは大きく増やすことができるでしょう。

相談方法

対面面談・スカイプ面談・電話の3種類からお選び下さい。

料金は初回3,000円となります。2回目以降は10,000円/回となります。

下記のお申込みフォームより必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。(決済方法は別途✉にて送付させていただいております)

通常相談料は10,000円とさせていただいておりますが、「アンケートの記入」を条件に(顔出し、名前出しは不要です)上記料金とさせていただきます。

特典

社長の支払先に、FP事務所が入ることはあまりないと思いますので、特典をつけさせていただきます。

  • 初回満足できない場合は「全額返金」します。
  • 社会保険料削減スキームの小冊子無料進呈(PDF版)
  • 国民年金保険料削減スキームの小冊子無料進呈(PDF版)
  • 当事務所のサービス5,000円引きチケット
  • 手取り最大化診断+診断結果(無料)
  • 診断結果コンサルティング(10,000円相当)

お申し込み方法

下記より必要事項を記入の上、お申込みをお願いします。

*お名前
*メールアドレス
*会社名
*役職名
*郵便番号
都道府県
*住所(会社の住所)
*市区町村
*番地等
建物名・部屋番号
*電話番号
*ご相談内容やご質問やご要望等ご自由にご記入下さい

決済画面に進む

をクリックしますと、決済画面に移行します。万一消してしまった場合でも、自動で返信メールが届きますので、そちらから決済をお願いします。

なお、お申込後、2営業日以内にお電話またはメールにてご連絡いたします。それを過ぎても連絡がない場合は、「正しく手続きができていない」可能性もありますので、

☎050-3707-3507

または

✉info@fp-1.info

までご連絡下さいますようよろしくお願いいたします。

それでは、お会いするのを楽しみにしています。