保険

保険見直し大百科PART1のダウンロードはこちら

生命保険見直し大百科PART1はこちらからダウンロードできます。
お問い合わせはこちらから

なお、メールでこれらの情報を受け取りたい方は、こちらから。

はじめに

このページでは、生命保険の見直しや加入方法の基本的な話を書いています。商品名や保険会社名は残念ながら、お伝えすることが出来ませんので、どうかその点は個別相談に申し込んでもらうか、セミナーに起こしいただくしかありませんので、ご了承下さい。

で、色々話す前に、私が相談を受けている中で、疑問に思うことがあります。
私の主観でなく体験です。

☑ 9割以上の人が保険で大損をしています
☑ 『保険ショップで加入したから大丈夫』コレはウソです。
☑ リスクを負って投資をする前に、保険を見直したほうがお金が収支はプラスになる確率99%

大きく言うとこれが私が相談を受けながら、毎回感じることです。
どうしてこんなことが言えるのか?

これは、加入する時、ほとんどの営業マンとお客様は、「商品(内容)」と「毎月(年)の保険料」を見ているからです。

あなたはこの質問に答えられますか?ちょっと答えてみて下さい。(調べればわかるなら調べてみましょう)

  • 毎月(年)の保険料の合計額はいくらですか?
  • なくなったらいくら出る保険ですか?
  • 入院したらいくら出る保険ですか?
  • いつまで払いますか?
  • 総額の保険料はいくらですか?

15分以内に全問正解できた方は、かなり保険のスペシャリストです。
ちなみに、最後の「総額の保険料」について、ですが、殆どの人は

「全然考えたこともありませんでした・・・」と言います。

冷静に考えて、おかしくない?

これは、日本人全員が認識した方がいいです。「保険だから」「安心料だから」「仕方ないでしょう」そういうことをおっしゃる方も多いです。

そういう営業マンもたくさんいます。

おかげでうちに相談にいらっしゃる方の保険料は削減され、受取額は倍以上になる方がほとんどです。

是非下記の記事や「セミナー」「個別相談」をご参考に、あなたの家計を劇的に改善できる材料を入手して頂けたらと思い、下記の記事をご紹介しています。

医療保険

●どれだけの保障をいつまで、いくらで準備するのか?
●入院短期化時代のほんとと嘘
●やっぱり入院後の通院は増えている!?
●入院しなかったら損じゃないか!?
●いつの間にか入っていた無駄の多い医療保険
●払込方法で得する方法
●病気になって、保険料が払えない!?
●がん治療の現状とがん保険の入り方
●まずは現状を確認しておきたい方はご連絡ください。
●セミナーで!
●医療保険のチェックポイント
 

<生命保険編>投稿

●本当は保険料は払いたくない!と思っていませんか?
●あなたが生命保険に加入する理由
●必要な保障額を算出する方法
●必要保障額から貯蓄を引く
●銀行にある1000万円を2000万円にする方法
 

<保険を使って貯蓄する3つのメリット・デメリット>

●保険で貯蓄している人の大半が損をしている
●短く払って長く寝かせる
●10年以上先の貯蓄は「保険を使う」
 

<安心・安全な貯蓄戦略3つの方法>

●生命保険を活用する方法
●IDECOを活用する方法
●NISAを活用する方法
●その他を活用する方法

<よくある質問>

保険と貯蓄は分けたほうがいいですか?
●うちは保険に入りすぎですか?
 

<見積もりで保険料を安くする方法>