手取り最大化 法人・事業主 資金調達

法人設立と資金調達のチェックポイント

投稿日:

法人設立時のチェックポイント

法人設立と創業融資の因果関係はとても深いです。

各種項目のみ記載しています。気になる部分があれば、覚えておくと良いです。

ざっくりとしか記載していませんでの、ご質問はご予約のところからご連絡下さい。

(15分・60分から選べます)

内容 確認項目 創業融資・

支援策との関係

対応策
目的 対象外の業種あり。

慎重に確認。

→対象外の業種は、別会社にする等
商号
本店所在地 ・自宅開業の場合

・仕事先が他県の場合

は要チェック

資本金 ・あまりに小さい金額の場合

→口座が作れない可能性(100万円、300万円をラインに)

→債務超過の可能性

事業の展望等チェック必要

・1000万円以上は、消費税・・・

・中小企業・小規模事業主の要件を確認

・資金調達の要件等チェックが必要

・債務超過になると・・・

その他  

役員に関する事項

 

 

 

 

 

・奥さんが社長で事業に参加しない場合は、要検討

・社外取締役を入れる場合等、役員の情報。

特に、創業融資等をご利用予定の場合は、これらの履歴は残りますので、注意が必要です。

法人設立時は、ご自身の状況に合わせて確認やこれらの対応に詳しい専門家と一緒に設立することが重要です。

 

お問合せは下記より

    お名前(必須)

    会社名(必須)

    メールアドレス(必須)

    お電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(ご自由にご記入ください)

    個人情報保護方針に同意する

    確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れてください。


    -手取り最大化, 法人・事業主, 資金調達

    執筆者:

    関連記事

    【動画】相談「社保猶予」「社保削減」「国保削減」「コロナ対応」「社員の業務委託化」など

       

    ココナラ出品サービス・経過・オススメ

    こんにちは、ファイナンシャル・アドバイザーの阿久津和宏です。 ※この記事は4月1日に書いていますが、「ウソ」ではありません^^; 当事務所では、 「ココナラ」にいくつかのサービスを出品しています。ご覧 …

    「住まい」を使って 社長のキャッシュを最大化する(1)!

        「借り上げ社宅制度」のフル活用する! 「借り上げ社宅制度」には社長の「税金」と「社会保険料」を削減する効果があります。「借り上げ社宅制度」とは役員や社員が済む住宅を会社が借 …

    中小企業の社長のための社会保険料をへらす3つの方法

    ファイナンシャルアドバイザーの 阿久津和宏です。   ここでは、中小企業の社長のための 「社会保険料を削減する3つの方法」 についてお話していきたいと思います。   まず3つの方法 …

    創業したい・起業したい方のための融資以外の資金調達

    こんにちは、 ファイナンシャルアドバイザーで行政書士の阿久津和宏です。   タイトル 創業したい・起業したい方のための融資以外の資金調達 について書いていきたいと思います。   創 …