住宅購入を検討している方は必見!

あなたはお金のことでこんな間違えをしていませんか?

究極の節約法を使って家計管理でラクする方法

 

もし、これからする質問の答えが全てyesだったら、この先は読む必要はありません。反対に、もしnoが一つでもあるのなら、この先も是非読んでください。

 

  • あなたは、なぜ家計簿をつけてもお金が貯まらないか、知っていますか?
  • あなたは、節約をしてもお金が貯まらない理由を知っていますか?
  • あなたは、貯金が増えない本当の理由を知っていますか?

 

マネーフォワード(会計アプリの会社)の調査によると男性で半分、女性は10人に7人が家計簿に挫折しています。

きっとあなたも今まで本屋さんで家計簿を手にとったことはあるでしょうし、アプリをダウンロードしたこともあるでしょう。

わたしたちのところにご相談してくださるみなさんもこんな悩みを抱えています。

 

先週、熊谷市の小林さん(仮名)は、、、

小林様(熊谷市在住・専業主婦、小学生のことも2人)が、僕たちのところにご相談してくれたときには、

こんな事を言っていました。

 

「家計簿をつけ始めましたが、我流で、しかも、こりすぎてしまったせいか?なかなかお金が貯まる・・・に繋がりません。数字のズレも気になって、挫折してしまいました。私のやり方が悪いのでしょうか?相談に乗ってもらえませんか?」という内容。

 

菊地さんは、最初、「お金が貯まらないの私の管理が悪いから、、、」と、

とても自分を責めていました。

菊地さんにもお話しましたが、

自分を責める必要はないんです。

 

どうして家計管理が上手くいかないのか?

 

理由は簡単です。例えば家計簿が、、、

効果が出ないからです。

ここに、小林さんが相談に来るまでの経緯をまとめたメモがあります。

(小林さんが僕たちに相談してくれるまでにやったことのリストです。)

 

  1. 頑張って家計簿をつける
  2. 頑張って食費を減らす
  3. 頑張ってサブスクなどを精査する・ご主人のお小遣いを減らす
  4. 頑張って買いたいものを我慢する
  5. 一時的には節約できる
  6. なにかの請求書が手元に届く・出費が発生する
  7. 節約を頑張っているはずなのに、預金残高が増えなくて悩む
  8. モチベーションが低下する
  9. 家計簿をサボってしまう日が少しずつ増えて、
  10. リバウンドして、買い物を我慢できなくなる

 

これはそれほど珍しい例ではないのですが、あなたはいかがですか?

 

もしかすると、あなたも同じようなことがあったかもしれません。でも、最悪の場合、預金残高が減って、キャッシング・カードローン、ついにはお金が貯まるどころか、自転車操業・・・という例も少なくはありません。

 

 

でも、安心してください。

あなたが悪いわけでも、あなたの意思が弱いわけでもないからです。

強い意思を持って毎日続けられる能力を持っている人は、僅かですが、います。でも特別な存在です。

プロの私も、プロの私の奥さんもできません。・・・

 

ではどうすればよいのかといえば、

あることを知っているか、知らないか?だけの話です。(この後、詳しくご説明します)

 

ところで、リストの7番目にある、「7.節約を頑張っているはずなのに、預金残高が増えなくて悩む」を見て「なんだコレ?」って思ったかもしれませんが、

それは、

 

ヤバい!会社員の手取りは15年前と比較すると7.1%減っている

からです。

今から約15年間を振り返ると、あなたの給料の手取りが減ってしまう出来事が2~3年程度に一度起こっています。

 

例えば、

【2003年】社会保険料の総報酬制によりボーナスの手取りが減る

【2004年】配偶者特別控除の一部廃止により専業主婦またはパートの妻のいる夫の手取りが減る

【2006年】定率減税の廃止により所得税・住民税アップ

【2011年】中学生以下の子どもの扶養控除廃止、高校生の子どもの扶養控除の縮小により、子育て世帯の手取りが減る**

【2016年】所得税の給与所得控除:年収  1,200 万円超で上限  230 万円に縮小

【2016年】健康保険料:標準報酬月額上限  47 等級から  50 等級に改正

【2016年】厚生年金保険料:労使合計  17.828%から  18.182%に改正

【2017年】所得税の給与所得控除:年収  1,000 万円超で上限  220 万円に縮小

【2017年】所得税の給与所得控除:年収  1,200 万円超で上限  230 万円に縮小

【2017年】厚生年金保険料:労使合計  18.182%から  18.300%に改正

【2018年】配偶者控除見直し:年収  1,220 万円超で控除消滅

【2018年】住民税の給与所得控除:年収  1,000 万円超で上限  220 万円に縮小

【2019年】消費税の増税(8%→10%)

【2020年】基礎控除38万円→48万円へ引き上げ【減税】

【2020年】給与所得控除を一律10万円引き下げ【増税】

【2020年】給与所得控除の上限額引き下げ【増税】(現状:年収1000万円→改定後:年収850万円

 

知らず知らずのうちに、あなたやあなたのご家族の給与の手取りを減らそうとする国の政策が実行されていました。

あなたも時間があったら調べてみてもらいたいのですが、

概算で、

手取りの減少額、年間約50万円(年収700万円の場合)

 

この場合、

月にして41,666円です。時給1,000円で計算すると500時間タダ働き状態です。

 

これ、ヤバくないですか?

 

「税金と社会保険料」の増加のせいで、手取りが減っている、ということです。。

でも、仕方ないのでは?と思うかもしれませんが、「知識」さえあれば対処法がたくさんあります。ただあなたの周りの専門家の人が教えてくれなかっただけです…

色々やっているのに、なかなかうまくいかない、稼いでいるのにお金が残らないという方は、

毎日の支出のことだけ考えていてもダメそうだ、ということがわかるのではないでしょうか?

 

繰り返しになりますが、

多くの方が、「稼いでいるのに、お金が貯まらない・・・」と悩んでいます・・・

 

最悪のケースでは、焦ってしまって、うまい投資話や儲け話に騙されて、一生懸命働いたお金をさらに減らしてしまうなんてことに・・・

 

そんな人の役に立ちたい!という想いから「究極の節税法」をまとめて、アドバイスしています。

 

「なかなかお金が貯まらない、何故かお金が貯まらない、稼いでいるのに貯まらない・・・」と毎日のように問い合わせがあるのは、あなたが自分にあった管理法や節約法・資産形成法、お金を手元にちゃんと残す方法が見つかっていないから、かもしれません。

でも、手元にお金を残せるようにしていく、という観点からいうと、

 

間違っていると思われる情報もたくさんあります

例えば

  • 住宅購入のときは、頭金が多いほうがお得。
  • 住宅ローンは、ネット銀行がお得。
  • 家賃と同じ金額で家が買える・・・
  • クレジットカードやアプリのポイントを活用すればお得になって節約になる
  • 車は一括で買うほうがお得だから、ローンは組むのは危険ですよ
  • サブスクは結局高く付くから、やめておけ
  • 火災保険は(生命保険も)安ければ安いほどいいから比較しましょう
  • 保険料は年払が得だから、年払にしませんか?
  • 個人年金保険は税金が安くなるから1本付き合ってくれませんか?
  • 投資をすれば資産が築けます。証券口座を作りませんか?
  • 投資は株価が下がると損をするから、慎重になりましょう。
  • 投資先の成績が大事ですよ。
  • 投資を始めるにはタイミングが重要ですよ。
  • 今円高なのでチャンスですよ・・・

ここに挙げたのは、相談に来られたお客様が過去にアドバイスされた、と言っていたもので多かったものをリスアップしたものです。

微妙なラインのものもあります。公の場では、言えないこともあるのですが、

 

例えば、個人年金保険・・・

税金は安くなりますが、月払い保険料が8,000円くらいを超えたら、それ以上は節税効果はほとんど無い事が多いです。でも、節税になるなら銀行より年金保険のほうが得だ、というのは偏った感じになってしまいますし、

もっと有利にお金を残す方法もあります。

 

世界NO1コーチとアメリカではスターのような存在のアンソニーロビンズの「揺るがない力」という本に、こんな事が書いてありました。

「不適切なアドバイザーはあなたの経済状態に害を及ぼすが、適切なアドバイザーの存在は千金に値する」

と。つまり、知識の活かし方や誰から聞くのか?がとても大事です

 

<ここまでのまとめ>

・家計簿は上手くいかない可能性が高い

・税金や社会保険料が増加のせいで、あなたの手取りは減っている

・不適切なアドバイザーに出会うと損をする

 

 

では、このままどうすることもできないのか?といえば、

そんな事はありませんので安心してほしいです。

 

私たちがまとめて、アドバイスしていることを総称して「究極の節約法」と呼んでいます。

やることはとてもシンプルですし、時間で言えば、早くて3時間、かかっても1ヶ月あれば十分です。

インターネットや書籍・fp相談では知ることのできない、「究極の節約法」です。

ちなみに以下のような危険な方法ではありません。

 

たとえば・・・副業をしませんか?という話でも、儲け話でも、投資で稼ぎませんか?という話でも、また、お金持ちになるためのマインドのような抽象的な話でもありません。(収入を上げましょうという話は入っていません。)

 

繰り返しますが、あなたの周りの、銀行員・住宅メーカーの営業マン・FP・保険ショップ・知り合いの保険外交員等からはこの「究極の節約法」のやり方でアドバイスを受けることはできません。

 

その理由は簡単です。

銀行の人・住宅メーカーの営業マン・fp・保険ショップのいわゆる営業マンたちは、商品を売ることが目的で、

あなたの生活を改善することは二の次だからです。先日お会いした保険代理店のAさんはこう言っていました。

「いろいろ相談は受けますけど、とりあえず保険を売ってから、相談には乗ることにしています。そうでないとタダ働きになりますから・・・」コレが正直なところです。

Aさん以外の人達も、

営業マンも人間ですので、売るためのアドバイスとあなたのためのアドバイス、の間でひどい葛藤をしています。結局、多くの場合、前者が勝つのですが・・・それは仕事なので仕方ないと思わなければならないです。

 

 

究極の節税法とはなんなのか?

  • それは、こんな方法です。
  • お金が貯まるようになったり、
  • せこい節約をしなくて済むようになったり、
  • 自由になりそうなお金が増えてきたり、
  • 資産を計画的に形成することができるようになったり、
  • スキルアップのためのお金が、できるようになる

方法です。

目的別に順序立ててアドバイスして、それぞれのプランに応じてサポートをすることが目的です。

 

究極の節約法をできるようになると、こんなことが期待できます。

・時間をかけずに家計を管理できるようになります

・(ダイエットみたいに)リバウンドの心配もなくなります

・お金を使うときの罪悪感がなくなります

・給料の手取りを増やすこともできるようになりますし、

・お子様の教育資金の目処も立ちますし、

・老後の年金の不安もなくなります

・一家の想い出づくりやスキルアップにお金を使えるようになります

 

また、あなたの友人がお金の話をしていても、話に参加することもできますし、賢くやってるね、って褒められることも増えるでしょう。でもやることは簡単です。

 

この中で、とても重要なことがあります。。

それは、「現状を正確に知ること」です。これからマイホームを購入したり、新たな生活をする人は、特に、です。

 

これだけはとても重要なのですが、「現状を正確に知っている人」は、とても少ないです。

 

少し考えてほしいのですが、

例えば、5年後に1000万円のお金を貯まるようにしたい、という目標があったとします。

今の預金残高や金融資産の残高(評価額)がわかれば、目標は立てやすいです。例えば月3万円は貯金しよう、みたいな。

でもそれがわからないと、目標・やることも曖昧になってしまいそうですよね・・・

 

アメリカの(世界的に)有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏は、

「リスクは自分の行動を理解していないことから生まれる」と言っています。

 

ですから、「現状を正確に知ること」は、なにより重要です。

 

 

「今を正確に把握するための」サービスが私たちが提供している

「究極の節約法・3STEP相談」です。

・現状を分析して

・適正かどうかを確認し、

・問題があれば、解決法と選択肢を提示します。

・選択して実践(相談の後も一定期間はサポートします)

シンプルに言うとこのような感じです。

もちろんわからないことは遠慮なく聞いてください。

恥ずかしいことなんて一つもないのですし、正確に知るためのサービスです。

現状を知って、対応して出た結果は、、、

 

 

特に多くの方に当てはまりそうなか方の成功事例をチョイスしてをご紹介します

  • 元保険屋さんの保険を、保障を変えずに、トータル支払額が1573万円削減
  • 受取漏れを解消して、一戸建てをリフォーム(約198万円)
  • 会社員でも年間約58,000円の税金を削減
  • 会社員でも社会保険料を約36,700円削減
  • 銀行員の住宅ローンの返済額を3%削減
  • 毎月ある出費を家族で半額に、年間約7万円削減
  • 受取漏れを解消して、一戸建てをリフォーム(約198万円)
  • 損害保険の重複を解消して、年間約6,190円支出が減少
  • 預金の預け先を変えて、年間出費が約4,100円減少
  • 元保険屋さんが自分で設計した生命保険の受取漏れを解消して約50,000円の給付
  • 月3万円の固定費を削減して、積立方法を変更(固定金利5%-6.0%)
  • 月3万円の固定費を削減して、iDeCoを開始

などなど

例えば、損害保険の重複分は、今解消しなければ今後もずっと払い続けてしまうものです。

そればかりではなくて、もっと、、、

  • 節約したお金で新たに積立を開始することもできますし、
  • 銀行口座の残高も増えるようになります。また、
  • 資産の形成をバランスよくすることもできますし、
  • 今後のいろんな判断基準も身につきます(リストがあって、いつでも確認できるので安心です)

また、今までより支出を減らすことに“やきもき”することもなくなります。

誰でもできる家計簿シートでお金の管理ができるようにもなります(うちの小6の息子もやってます)

 

その結果、シングルマザーのお客様からもお喜びのお声を頂いています。

老後のお金5,000万円くらいは目処が立ちました

昨年ご相談いただいた年収240万円のシングルマザーの石川さんも、

老後の年金5000万円くらい残せる目処が立ちました。子供の教育費が少しかさんでしまっても安心です。

あとは、毎月の残ったお金(収入から貯蓄や必要なお金を取り除いた分のお金)は全部使う生活できるので、安心です。

 

このように、お一人お一人の現状を把握するお手伝いをして

問題点を整理し、

必要な選択肢を提示し、今までよりもより良い生活を送るためのお手伝いをしています。

 

お金の個別相談(初回限定3STEPコンサルティング)の内容

全体像をご紹介します。構成は3回の構成となっています。

1回目:

  • 3STEPコンサルティングの計画の打ち合わせとプランの作成
  • ヒアリング
  • サービスの解説
  • 質問への回答

2回目:

  • ヒアリング内容を洗い出し
    (配布物)

    • 現状分析解説レジュメ (全約20P)
    • ライフプラン表(全約60P)
    • 問題点確認シート(A4用紙1枚)
  • 良いところ・改善したほうが良いところを共有

3回目:

  • 質問への回答や解決策や選択肢の提案
  • 今後やったほうが良いこと
    (配布物)

    • 面談時の収録音声 (Youtube限定公開URLを送付)
    • 問題点確認シート(A4用紙1枚)
    • 解決策確認シート(A4用紙1枚)
    • シーン別相談先リスト(A4用紙×2枚)
    • やってはいけないことリスト(A4用紙1枚)

 

今後お金の相談をする場合、すんなり現状を把握できるように、生涯設計政策書(「現状と計画や実績」をまとめたもの)を最後にお渡し致します。これを使えば、僕たちだけでなく、家を買うとき、投資の相談をするとき、生命保険の相談をするとき、などたくさんの書類を提示することなく、すんなりと相談をすることができます。

もちろん、僕たち以外のところにご相談される場合にも役立ちます。

 

この3回で、現状を確認し、今後のお金の流れや今後のあなたにピッタリの管理方法をお伝えします。必要に応じてその後もサポートが可能です。

 

場所:ZOOMまたは弊社事務所

 

料金

33,000円/90分×3回=99,000円

定価は上記の通り、99,000円ですが、

6月24日までにお申し込み完了した方は、特別割引33,000円でご提供しています。

 

なぜ有料なのか?

「なぜ有料なのか?」についてご説明したいと思います。

理由は2つあります。一つは、一律のアドバイスをシていないからです。人によって、現状も異なりますし、給与形態や家族構成も違います。内容が多岐にわたるため、内容も幅広くなる為、他のFPサービスのように一律のサービスはできないからです。(提示する資料はお一人お一人に合わせて作成した、手作りでオリジナルの資料です)

もう一つは、「商品販売を主な目的にしていないから」です。

ですから、私たちは、できる限り(100%は約束できないのでこう表現します)個別対応を心がけております。

例えば

  • 年齢や性別・家族構成
  • 年収や資産状況
  • 経済環境や物価の上昇率
  • 給料の上昇率
  • 金利の状況によっても変わりますし、
  • 生活水準や生活レベル
  • 性格や考え方

によって、対処方法が変わることがあります。ですから、わたしたちは、

「自分があなたの家族や親戚や親しい友人(大切な人)だったら、どうするか?」

を重要視して取り組んでおります。

 

※もちろん、言いたくないことを無理やり根掘り葉掘り聞くことはないので、ご安心ください。

 

また、相談内容や結果だけでなく、対応方法などもお褒めの言葉を頂いています。

 

お客様の声をご紹介します。

菊池さん(熊谷市在住:主婦)

朗らかな感じでとてもお話しやすく 迅速で親身になって頂けるところがありがたいです。

 

小針さん(深谷市在住:主婦・会社員)

親切、丁寧に相談にのっていただきました。 明確に理解でき感謝しております。 これからも長いお付き合いになるかと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

 

野本さん(熊谷市在住:会社員)

とても気さくで話しやすいです。安心してお任せできる人柄と経験の方です。良心的かつサポートが丁寧で細やか。ファイナンシャル関係の相談全般でき、個人でも法人でも合わせて対応してくれます。なかなかこんな良い人はいないと思います。

 

伊藤さん(東京都多摩市在住:自営業)

阿久津さんは、とにかく情報量がズバ抜けて多く、どんなケースの相談にも対応して頂けます。 また、経験値も豊富である為、自分では思い付かない角度で、ビジネスの提案もしてもらえます。 ですからミーティング後には、必ずモチベーションが上がっている自分に驚きます! お人柄の良さで、堅苦しい雰囲気も無く、こちらもとてもリラックス出来て、毎回問題が解決していく事に感謝とワクワクが止まりません。 本当に良き出会いを、嬉しく思っています。

 

前澤さん(神奈川県横浜市在住・マッサージ店経営)

いつも親身に相談に乗っていただきありがたいです 何かあればすぐに対応していただけますので心強く安心して仕事に打ち込めます 個人でお仕事をされている方であればサポートを受けられる事を強くお勧めします 価格以上の価値を見出せると思います ご縁を頂けたことに感謝しております 今後ともよろしくお願いいたします

柴田さん(大阪府寝屋川市在住・WEBライター)

FP・行政書士の阿久津先生には、祐筆依頼の他、経営相談にものっていただいています。 阿久津先生は、行政書士でありながらFP(ファイナンシャルプランナー)でもいらっしゃるので、財務面にも明るく、新規事業や将来の展望も共に考えていただける頼もしい存在。 現在、新たな法人の立ち上げ準備を進めている最中なのですが、新法人の経営計画のアドバイスもしてもらっています。 この先生は単なる行政書士やFPにとどまることなく、利益の最大化を提案してくださる方。個人事業主や会社経営者の方で経費削減やキャッシュフローを増やしたいとお考えなのであれば、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

谷さん(大阪府高石市在住・会社経営)

遠方なのでリモートで経営相談させて頂いていますが、対面でお会いする事もあり、サポートお願いしてから3年程になります。 経営に関する多くの事を相談でき、多角的に教えて頂く事で経営向上しています。信頼できる事務所で本当に助かっています。特に、経営戦略、減税などは他から教えて頂けなかった事を多く教えてもらっています。

 

 

有料のサービスですが、

あなたに満足していただく自信があるので、30日間完全返金保証します。

僕たちのサービスはとても自身があるのですが、「お金を払って相談したことがない」方も多いです。そのため、不安に思うことも多々あると思いますので、申込みから30日以内に、「ちょっと違うな・・・」など少しでも満足できない要素がありましたら、メールください。理由に関わらず全額返金致します。

 

これであなたのリスクもなくなりました。

 

また、6月24日(木)までにお申し込みの方には、

さらに、特典として、わたしたちが推薦する本を差し上げます(残り13冊)

 

あなたが得るものは、以下のとおりです。

  • 現状分析解説レジュメ (全約20P)
    →あなたのお金の流れの特徴と問題点や優先順位などを把握できます
  • ライフプラン表(全約60P)
    →あなたの「これまでの」お金の流れと「これからの」お金の流れがわかります。
  • 面談時の収録音声 (Youtube限定公開URLを送付)

→聞き逃してしまったら、すぐにLINEなどで聞いてもらってよいのですが、自分で何回でも相談内容を復習することができます

  • 問題点確認シート(A4用紙1枚)
    →問題点を発見するためのシートです。面談時にも使用しますが、セルフチェックにもご活用いただけます。
  • 解決策確認シート(A4用紙1枚)
    →生活を良くするための解決策の選択肢をリスト化しています。生活環境が変わった、収入が増えた、収入が減った、等環境変化があったら、確認すればお金と心の不安は解消できるでしょう。
  • シーン別相談先リスト(A4用紙×2枚)
    →この事は誰に聞けば?という疑問はたまに、忘れた頃に起こるものです。それらを、あなたに合わせて(役所などはあなたの住所に合わせて)記載します。足りないところは追記していくことで、あなただけの相談先リストが作成できます。
  • やってはいけないことリスト(A4用紙1枚)
    →ついついやってしまう失敗はたくさんあります。それらをリスト化しました。自信への戒めや、家族とシェアして健全な環境を作っていくこともできます。
  • 返金保証(相談最終日から30日間、どんな理由でも満足できなければ返金致します)

 

もしあなたが、もっとお金が残るようにしたい、シンプルにお金が貯まるようにしたい、面倒な事をしないで、お金の管理をシたい、そんな方は、今すぐ、下記のボタンをクリックしてお申し込みください。

お申込み後、面談日程やアンケート・そして特典をメールにて送付させていただきます。

 

サービスのまとめ

通常今回
(6/24まで)
相談3回99,000円33,000円
現状分析解説レジュメ非売品0円
ライフプラン表33,000円0円
問題確認シート非売品0円
面談時の収録音声 (Youtube限定公開URLを送付)非売品0円
問題点確認シート(A4用紙1枚)非売品0円
解決策確認シート(A4用紙1枚)非売品0円
シーン別相談先リスト(A4用紙×2枚)非売品0円
やってはいけないことリスト(A4用紙1枚)非売品0円
生涯設計政策書66,000円0円
返金保証30日以内無条件
合計33,000円

(返金保証付き)

 

 

今すぐ申込む

 

よくある質問

Qお金に無頓着で、全く知識がないのですが、個別相談をして大丈夫ですか?

Aもちろん大丈夫です。そうおっしゃる方は大変多くいらっしゃいます。シンプルにわかりやすくお伝えすることをお約束しています。気楽なお気持ちでセミナーや個別カウンセリングにお申し込みいただければ幸いです。

 

Qお金の知識がないのですが、セミナーに参加しても理解できず意味がないものになるのではないかと不安なのですが、大丈夫でしょうか?

Aもちろん大丈夫です。意味がないものにならないよう、シンプルにわかりやすくお伝えすることをお約束していますが、それでも満足いかない場合は『返金保証制度』をご用意しています。

 

Qお金の事をちゃんとしてこなかった私でも大丈夫でしょうか?知識がないこと、何も出来ていないことを責められるのではないかと不安です。

Aもちろんです。そのためのセミナーであり、個別カウンセリングです。責められるようなことはありません。もしもそのようなことで不快な思いをされた場合は、御遠慮なく『返金保証制度』をご活用ください。わからないことや出来ていないこと自体は悪いことではありません。むしろ新しいことを始めようとしているあなたは素晴らしい、そのお気持ちを応援したいと思います。

 

Q遠方で、個別相談に出向くことができません。遠方でも相談に乗ってもらえますか?または、ZOOMやスカイプなどでの相談は可能でしょうか?

A遠方でも問題なくご相談いただけます。現に、全国多方面よりご相談を頂いております。

ZOOMやスカイプは全国対応していますので、ご安心ください。スカイプなど使い方がわからない場合は、「電話」も可能です。また使い方に関してはフォローしながら面談をすすめられますので、どうぞご安心ください。毎週のように、スカイプ・ZOOMといったツールを活用して遠方の方と面談させていただいておりますので、ご安心ください。

 

QFPの個別相談で「商品を売り込まれた。」という話を聞いたことがあります。そういうのが不安です。

A商品を提案して欲しいという要望がない限り、商品の提案は致しませんのでご安心ください。もし仮にそのようなことがありましたら、『返金保証制度』をご利用ください。

Q相談する際、プライベートなことをいろいろ聞かれるのは、精神的に辛いです。そういう面はどうされていますか?

A精神的にストレスを与えないことを一番に考えています。立ち入った質問が必要な場合は、お答えしたくないことについては一切答える必要はありませんので、ご安心ください。

今すぐ申込む

ファイナンシャルアドバイザー紹介

身近で頼れる相談員を目指しています。

群馬県の高崎経済大学を卒業後、株式会社セブンーイレブン・ジャパンに入社。 入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。 売上が上がっても手取が存分に増えない加盟店オーナーの役に立てないか!?という想いをきっかけに、ファイナンシャルプランナーを志し、ご縁あって、国内大手金融機関に転職を経て、独立。

独立系ファイナンシャルプランナーとして、 ”「必要なときに」「必要なお金を」「必要な分だけ」残す”ことをテーマに活動しています。

【保有資格】

行政書士(登録番号:20130896)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

トータルライフコンサルタント

プライベート・バンキング・コーディネーター

DCアドバイザ-(確定拠出年金コンサルタント)

個人情報保護士

健康経営アドバイザー

 

今すぐ申込む